人気ブログランキング |

タグ:運動 ( 7 ) タグの人気記事

運動に関連した突然死の原因はなにか?:JACC誌

Etiology of Sudden Death in Sports Insights From a United Kingdom Regional Registry
J Am Coll Cardiol. 2016;67(18):2108-2115

疑問:激しい運動に関連した突然死の原因は何か?

方法:
・1994〜2014年に突然死した運動選手連続357例。ロンドンの1施設
・平均29歳,男性92%,白人76%,競技中69%
・死亡後に組織学的検索をできるかぎり施行

結果:
1)突然不整脈死症候群(SADS)が42%で最多

2)心筋症40%:特発性左室肥大/線維症16%,不整脈原性右室心筋症13%,肥大型心筋症6%

3)冠動脈奇形5%

4)冠動脈奇形とSADSは35歳以下に多い。一方心筋症はより高年者に多い

5)激しい運動中の突然死は61%。不整脈原性右室心筋症,心内膜心筋線維症は最も強く突然死を予測させる疾患
a0119856_22293231.jpg


結論:運動における突然死は,年齢に依存する。不整脈原性右室心筋症,心内膜心筋線維症は持っよも強く関係するので早めの診断と運動禁止を強調すべき。しかし約40%は安静時の死亡であり,包括的な予防戦略が求められる

###
 この論文での強度の高い運動の定義は,週3時間以上の系統的なトレーニングとされています。
突然死の原因で一番多いのはSADS,つまり心筋症などのもともとの器質的な心臓病がない不整脈です。ブルガダ,QT延長症候群,特発性心室細動(トルサード・ド・ポアンなど)などが含まれると思われます。

心筋症は事前の心電図である程度わかります。スクリーニングの是非は別として,強度の高い運動をするひとは,心電図のチェックはしておいたほうが良さそうに思える結果です。

トライアスロン中の突然死についてはこちら
http://dobashin.exblog.jp/21467182/

$$$ ご近所の藤の花。今年も美しい
a0119856_2310371.jpg

by dobashinaika | 2016-05-09 22:35 | 心臓突然死 | Comments(0)

週4時間以上の適度な運動は心房細動発症リスクを下げる:EHJ誌

Physical activity, resting heart rate, and atrial fibrillation: the Tromsø Study
Eur Heart J First published online: 10 March 2016

疑問:運動と安静時の心拍数は心房細動発症に影響するか?

方法:
・ノルウェーの前向きコホート研究:The third Tromsø Study survey in 1986–87
・20,484例
・運動は自己申告,心拍数は客観測定
・2010年までフォロー,心電図で記録された心房細動をカウント
・平均追跡期間:20年

結果:
1)心房細動発症:750人;70.5%男

2)運動:中等度の運動(歩行,サイクリンごその他で週4時間以上)は,それ以下の運動に比べオッズ比0.81(0.68〜0.97)

3)高度の運動は,低頻度の運動とリスク変わらず

4)非常に活発なひと(強度の高い運動または週数回の競技)でもリスクは増えず

5)安静時心拍数:10bpm減るごとにリスク8%増(オッズ比0.92,0.86〜0.98)

6)安静時心拍数50bpm未満は心房細動のリスク増:P<0.05

結論:休暇中の運動と心房細動発症はJ型パターン(低,高度は発症多い)。中等度の運動が一番心房細動リスクを減らした。低心拍数は心房細動のリスクだった。この結論は,中等度および高度の運動は心房細動に影響を与え,それぞれ違ったメカニズムが考えられる。

### 運動と心房細動の関係は散々取り上げました。以下のレビューでは,高度の運動も影響ないとしています。
http://dobashin.exblog.jp/20595070/

この論文のちょうどいい運動は,週4時間以上の歩行やサイクリングですね。散歩やジョギング,ロードバイクを日課にしているひとにとっては問題ない運動量ですが,日常から運動習慣のない人は問題ありということかと思われます。競技レベルとなると,少しリスクが増えるのかもしれません。

安静時徐脈はよく言われるリスクですね。私も,中高年で心拍数が少ない場合は(50未満),いちおう動悸症状をチェックするようにしています。

$$$ この季節満開の梅と,片方手袋の落とし物が街に混在します。
a0119856_15431712.jpg

a0119856_15433550.jpg

by dobashinaika | 2016-03-25 15:44 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)

インターバルトレーニングは心房細動の負担を減らす:Circ誌

Aerobic Interval Training Reduces the Burden of Atrial Fibrillation in the Short TermA Randomized Trial
Circulation.2016; 133: 466-473


疑問:インターバルトレーニングと心房細動の関係は?

P:非永続性心房細動55例

I:インターバルトレーニング26例:4回歩行またはランニング後4分インターバル計4回,最大心拍数の85−90%目標,1週間3回で12週間

C:対照群25例

O:植込み型ループレコーダーによる介入前後4週での心房細動持続時間,前後12週での心機能,O2peak,脂質,QOL,症状

T:無作為化

結果:
1)心房細動平均持続時間:対照群増加(10.4→14.6%)vs. 運動群低下(8.1%→4.8%),p=0.001

2)心房細動に伴う症状の回数と重症度は運動群で共に改善(P=0.006,P=0.009)

3)運動群では対照群に比べ,VO2peak,左房,左室駆出率,QOL,脂質が改善

4)運動後,除細動及び入院が減少傾向

結論:12週間のインターバルトレーニングは心房細動の持続時間を軽減する。このことは心房細動の症状,VO2peak ,心機能,脂質レベル,QOLの改善にもつながる

### インターバルトレーニングとは,Wikipedia によれば「高負荷と低負荷を交互に繰り返すトレーニング方法。無酸素運動のトレーニング方法の一つである。効果は非常に高いが、疲労度が高く体にかなりの負担をかけるのでトレーナーなどの指示の元で行う必要がある。」とされています。

今回は週3回のトレッドミルでの歩行あるいはランニングを12週です。10分のウォームアップで最大心拍数の60〜70%を目指し,85〜95%をめざして走り達成したらその後4分間インターバルをとり,3分で60〜70%になるようにして,クールダウンを5分,それを4回という内容です。

週3回で1回1時間程度でしょうか。何だできそうだと思う方もいるかもしれませんが,働いているひとにとっては結構辛いかもしれません。

ただ,これまで心房細動の発作を減らすのはどうしたら良いでしょうか?と聞かれるたびに,ストレスを溜めない,規則正しい生活,血圧をあげない,などと一般的かつある意味不明的なことしかお伝えできなかったのが,この程度一生懸命運動すれば発作が減る可能性がありますよ(8%から4%で半分くらい)と具体的な運動処方を出せるかもしれないという点で,結構画期的な研究かもしれません。

運動に関してはこれまで,心房細動に良いという研究と悪いという研究が混在し,システマティックレビューでは高レベルの運動が心房細動を増やすことはないとの見解が出ています。
http://dobashin.exblog.jp/20595070/

ただ「運動」の定義が一定しておらず,今回のようにはっきりインターバルトレーニングなら良いという無作為化比較試験はありがたいです。Nが少ないのですっかり鵜呑みにはできませんが。

$$$ いつもイベントのとき楽しみな老舗熊谷屋さんのキャラクター和菓子。節分シリーズです。かわいいですね。
a0119856_23352139.jpg

by dobashinaika | 2016-02-02 23:37 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)

中高年女性の適度な運動は心房細動リスク減少に関連あり:Heart誌

Physical activity is associated with a reduced risk of atrial fibrillation in middle-aged and elderly women
Nikola Drca et al
Heart doi:10.1136/heartjnl-2014-307145


目的:男性では強度の高い運動が心房指導発症リスクを上げることを報告したが、女性では明らかではない。女性における運動の種類や年齢と心房細動発症の関係を明らかにする。

方法:
・スウェーデンのマンモグラフィコホートのうち、心房細動のない36513例(平均60歳)
・アンケートで運動にかける時間(登録時30−50歳)を調査
・診断はSwedish National Inpatient Register (IPR)を使用

結果:
1)平均追跡期間12年

2)心房細動診断:2915人

3)余暇での運動時間の増加は心房細動リスク減少に関連:
週4時間以上vs. 週1時間未満:相対リスク0.85 (0.75-0.95)

4)歩行、自転車運動施行者:
1日40分以上vs. 全くしない:RR0.81 (072-0,92)

結論:女性においては運動は心房細動リスク減少に関連。中等度の運動は心房細動リスクを明らかに減少させる。

### システマティックレビューでは、運動と心房細動は関連なしとのことでした。
http://dobashin.exblog.jp/20595070/
また男性では過度な運動は心房細動リスクを増加させるとの報告が同じグループからあります。
http://dobashin.exblog.jp/19823600/

対象によって違いがあるようです。運動強度の違いもあるかもしれません。以前の研究でも1日5時間以上の運動は良くなく、歩行や自転車は男性でもよいのことです。
散歩やかるいジョギングなどの中等度の運動は良いと考えていいかもしれません。

$$$ あちこちで薔薇が咲いていますね。薔薇は多種多様ですが、やはり美しいですね。刺もあるし漢字も難しいけど圧倒されます。
a0119856_1844278.jpg

by dobashinaika | 2015-06-01 18:06 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)

運動と心房細動リスクの増加とは関連がない:IJC誌のシステマティックレビュー

Physical activity and incidence of atrial fibrillation: A systematic review and meta-analysis.Kwok CS et al
Int J Cardiol. 2014 Dec 15;177(2):467-76


目的:運動(身体活動)が心房細動リスクを増加させるか、減少させるかは論議が多い。心房細動と運動の関係を評価するためシステマティックレビュー&メタ解析を施行

方法:
・Medlineと AMBASE・ランダム効果モデル

結果:
1)19研究、511503例

2)プール解析では、運動と心房細動は無関係:RR 1.00 95% CI 0.82–1.22, I2 = 73%, 8 研究, 152,925例

3)運動時間と心房細動も無関係

4)稚拙は方法論による運動をしていた運動選手の研究で、心房細動と運動には僅かな関係有り:pooled RR 1.98 95% CI 1.00–3.94, I2 = 59%, 6研究, 1973例
結果:高レベルの運動と心房細動リスクの増加には関係を見いだせず。運動の増加が心房細動を増やすというエビデンスがないことは、運動を推奨するガイドラインを支持する。

### 以前から運動と心房細動は相反する論文が出ていました。今年5月に読んだ論文では若い頃の過度な運動は悪く、高齢者の適度な運動はむしろ良いとのことでした。
http://dobashin.exblog.jp/19823600/

今回メタ解析で、概ね関係がないことが示されました。以前の研究でも1日5時間以上運動するひとは心房細動が多いという結果でしたが、無理にカゲキな運動をするのが良くないのであって、きちんと計画化された適度な運動はOKと考えたいと思います。

なお"physical activity"は「身体活動」と訳すことも多いですが、わかりやすくするため、ここでは「運動」と訳しました。
by dobashinaika | 2014-12-27 21:54 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)

閉経後女性の心房細動と運動、肥満の関係:JAHA誌

J Am Heart Assoc doi: 10.1161/JAHA.114.00112
Obesity, Physical Activity, and Their Interaction in Incident Atrial Fibrillation in Postmenopausal WomenAzarbal F et al


疑問:身体活動や肥満は女性の心房細動にどう影響を与えるのか?

方法:対象:The Women’s Health Initiative Observatioanl Study登録患者
1)閉経後女性93,676人:平均63.4歳、50-79歳
2)身体活動の評価:アンケートとmetabolic equivalent task (MET)測定
3)アウトカム:心房細動新規発症

結果:
1)新規発症:12%(11.5年フォロー)

2)BMI増加ほど有意に心房細動発症:ハザード比=5kg/m2増加ごと1.2倍

3)低身体活動ほど有意に心房細動発症:ハザード比=身体活動なしは9Met時/週以上の0.9倍

4)身体活動が高レベルの場合、肥満と心房細動の関係は弱くなる
a0119856_18133651.gif


結論:身体活動は、閉経後女性の心房細動リスクを低減し、肥満ほど心房細動が発症するという関係を弱める。

### 従来から過度の心房細動は心房細動の発症に関連ありとの報告が知られていますが、この報告では逆にリスクを弱めるとのことです。

9METだと散歩3−4時間/週であり、過度の運動と言うのはアスリートが行うような運動ですので、適度な運動がよいと言うことだと思われます。

肥満は、炎症、特に心周囲の脂肪組織の炎症や自律神経異常、心房拡大など、いろいろな機序で心房細動を惹起させますが、そうした負の面を運動が改善するものと思われます。
by dobashinaika | 2014-08-30 18:17 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)

年齢により運動量と心房細動発症との関係には違いあり:Heart誌

Heart 5月14日オンライン版

Atrial fibrillation is associated with different levels of physical activity levels at different ages in menNikola Drca et al
Heart doi:10.1136/heartjnl-2013-305304


【疑問】過度の運動と心房細動の関係は?

【方法】
・非心房細動患者1997年時点でのベースラインのアンケート解答者44410例。45〜79歳(平均60歳)
・15,30,50才時点での運動(レジャー)、歩行、自転車時間を報告してもらう
・スウェーデンの入院患者登録より

【結果】
1)12年間で心房細動発症:4568例

2)30才時点で週5時間以上運動する男性は1時間未満のひとより心房細動発リスク比が1.19(1.05〜1.36)

3)この5時間以上運動の人のリスク比は、後で運動をしなくなるひと(最初1時間未満で)に比べると1.49(1.14〜1.95)

4)歩行や自転車は心房細動リスクと反比例:リスク比 0.87(0.77~0.97 for >1 h/day vs almost never)

5)冠動脈疾患や心不全の既往例男性を除外してもこの関係は同じ

【結論】若いころのレジャーの運動は心房細動リスク増加と関係。高齢者の歩行や自転車は心房細動リスク減少と関係

### これまで、過度な運動は心房細動に良くないとするものと関係ないとする論文ありました。
http://dobashin.exblog.jp/18175907/
http://dobashin.exblog.jp/17543854/
http://dobashin.exblog.jp/15379801/
http://dobashin.exblog.jp/14220264/
http://dobashin.exblog.jp/14233681/

この4万人以上を対象とした大規模コホート研究ではに、年齢別解析が可能となり、若いころの過度な運動はダメだが、高齢になってからの軽い運動は良いということでした。

週5時間以上のレジャーとしての運動となると、このくらいやっている人はかなり多いような気がします。
また50代で週1時間以上の軽度の歩行や自転車はいいみたいですね。このくらいなら、やれなくはないですね。

アンケート調査なので、リコールバイアスが一番の問題。

同じ号に運動と冠動脈疾患の予後の間には、J-カーブ現象(やり過ぎ、しなさすぎ両方悪い)が見られることの報告があります。
by dobashinaika | 2014-05-23 00:12 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン