人気ブログランキング |

タグ:左心耳血栓 ( 3 ) タグの人気記事

日本人のNVAFの2.7%に抗凝固薬服用下でも左心耳血栓が見つかる:CJ誌


疑問:日本人のNVAFにおいて抗凝固薬投与下での左心耳血栓の頻度は?NOACとワルファリンの差は?

方法;
・日本のある施設における経食道心エコーを施行したNVAF症例連続559例
・抗凝固療法後最低3週間


結果:
1)445例,平均62歳,非発作性49%

2)左心耳:15例2.7%

3)DOAC2.6% ワルファリン2.8%(P=0.86)
a0119856_18481649.jpg



4)CHA2DS-VAScスコア0点,脳卒中/TIAの既往のない発作性AFでは左心耳血栓ゼロ

5)左心耳血栓の危険因子(単変量解析):非発作性,器質的心疾患,抗血小板薬,左房拡大,BNP高値,左心耳血流低下,CHA2DS-VAScスコア高値

6)左心耳血栓の危険因子(多変量解析):BNP173以上のみ

結論:左心耳血栓は,抗凝固療法下にも関わらず日本人NVAFの2.7%に見られる。その頻度はDOACとワルファリンで同じである

###  選択基準としては,日本の単一施設,直流除細動前,心臓手術やカテアブ前の例とのことです。

左心耳血栓発症例の内訳は,DOACではダビガトラン300mg2例,ダビガトラン220mg1例,リバーロキサバン15mg2例,リバーロキサバン10mg2例,アピキサバン5mg1例で,このうち不適切用量は1例のみです。ワルファリンのINR管理状況は1.6以上だった期間が35%が1例,48%が1例,56%が1例でほかは85%以上でした。

また血栓を見つけたあとは更に強力な抗凝固療法を行ほとんどの例では血栓の消失を確認しましたが,1例で脳卒中を発症したとのことでう。

左心耳血栓はでいるタイミングが様々であり,また必ずしもその後引き続いて脳血栓症が起こるわけではありませんので,この頻度がそのまま左心耳血栓の真の頻度なのかは検討の余地はありますが,BNPが高値であれば除細動やアブ前には必ず経食道心エコーを施行すべきかもしれません。

by dobashinaika | 2017-02-10 18:50 | 抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術 | Comments(0)

左心耳血栓の頻度はNOACとワルファリンで同等:JACCCE誌より

Prevalence of Left Atrial Thrombus Detection by Transesophageal EchocardiographyA Comparison of Continuous Non–Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulant Versus Warfarin Therapy in Patients Undergoing Catheter Ablation for Atrial Fibrillation
JACCCEP. 2016;():. doi:10.1016/j.jacep.2016.01.004

疑問:左心耳血栓の頻度は,ワルファリンより NOAC服用時のほうが少ないのか?

方法:
・後ろ向き:心房細動388人。平均65歳。CHA2DS2-VAScスコア2点以下62%
・アブレーション後3日以内に経食道エコー施行
・NOAC服用群とワルファリン群で左心耳血栓の有無を比較

結果:

1)服用期間:ワルファリン群の方長い

2)CHA2DS2-VAScスコア:ワルファリンのほうが高い

3)左心耳血栓:NOAC4.4% vs.ワルファリン2.9%(p = 0.45)

4)NOAC別左心耳血栓:ダビガトラン5.4%,リバーロキサバン4.8%,アピキサバン0%

5)心不全,持続性心房細動は左心耳血栓と関連あり

6)左心耳血栓を持つ人の抗凝固療法レジメンは変更があった

7)多数例で,経食道エコーにより血栓の消失が確認された。
a0119856_1020125.jpg

結論:左心耳血栓の頻度はNOACとワルファリンで同等。抗凝固薬にかかわらず,経食道エコーによる血栓の確認(除外)は必要

### 対象はアブレーション施行者,比較的低リスクの症例対象です。それでも3〜4%で左心耳血栓は見られるのですね。

左心耳血栓はいつから形成されているのかは定かではありませんが,少なくとも左心耳血栓という「現象」とNOACかワルファリンかの「選択」が関連するとはこの研究からはい言えない。NOACのほうが左心耳血栓の少ないとは,この研究からは言えないということです。

$$$ 今朝の広瀬川
a0119856_10191631.jpg

by dobashinaika | 2016-04-24 10:21 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)

心房粗動でも心房内血栓は少なくない:Europace誌

Prevalence of auricular thrombosis before atrial flutter cardioversion: a 17-year transoesophageal echocardiographic study
Alberto Cresti et al
Europace DOI: http://dx.doi.org/10.1093/europace/euv128 First published online: 27 May 2015


目的:心房粗動の左心耳及び右心耳血栓の頻度は1〜21%とばらつきがありこれまで試験は少数なので、大規模コホートで明らかにする

方法:
・除細動前の心房粗動患者877例+心房細動患者204例
・経食道エコーで確認

結果:
1)心房内血栓の頻度:9.62%、心房粗動=6.4%、心房細動9.62%;p=0.074

2)左心耳血栓:粗動5.9%、細動=9.9%

3)右心耳血栓:粗動0.5%、細動=0.8%

4)もやもやエコー:粗動28%、細動=35%

結論:除細動前の評価で、心房粗動における心耳血栓は少なくない。心房細動同様心房粗動でも特に発症48時間以上の場合経食道エコーによるスクリーニングが必要。

### 統計上粗動も、細動と同様の頻度で心耳血栓が見られるようです。6.4%とは、決して低くない数字ですね。おそらく粗動は粗動にとどまらず細動も合併(あるいは相互変換)しているからと思われます。ですので、抗凝固療法も同じ扱いでいくのが妥当かと思われます。

Prevalence of auricular thrombosis before atrial flutter cardioversion: a 17-year transoesophageal echocardiographic studyAlberto Cresti et al
Europace DOI: http://dx.doi.org/10.1093/europace/euv128 First published online: 27 May 2015

目的:心房粗動の左心耳及び右心耳血栓の頻度は1〜21%とばらつきがありこれまで試験は少数なので、大規模コホートで明らかにする

方法:
・除細動前の心房粗動患者877例+心房細動患者204例
・経食道エコーで確認

結果:
1)心房内血栓の頻度:9.62%、心房粗動=6.4%、心房細動9.62%;p=0.074
2)左心耳血栓:粗銅5.9%、細動=9.9%
3)右心耳血栓:粗動0.5%、細動=0.8%
4)もやもやエコー:粗動28%、細動=35%

結論:除細動前の評価で、心房粗動における心耳血栓は少なくない。心房細動同様心房粗動でも特に発症48時間以上の場合経食道エコーによるスクリーニングが必要。

### 統計上粗動も、細動と同様の頻度で心耳血栓が見られるようです。6.4%とは、決して低くない数字ですね。おそらく粗動は粗動にとどまらず細動も合併(あるいは相互変換)しているからと思われます。ですので、抗凝固療法も同じ扱いでいくのが妥当かと思われます。

$$$ 今日は朝5時に起きてしまったので、大崎八幡神社まで30分の散歩でした。非常に爽やかな清澄感でした。この季節、早朝のこの空気感を味わわないのはもったいない。今日から朝方に切り替えようかと思います。
a0119856_22295695.jpg

by dobashinaika | 2015-06-02 22:32 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン