人気ブログランキング |

タグ:合併症 ( 3 ) タグの人気記事

心房細動がある人はない人に比べ死亡率が1.5倍,脳梗塞は2.3倍,心不全は5倍:BMJ誌


Atrial fibrillation and risks of cardiovascular disease, renal disease, and death: systematic review and meta-analysis
BMJ 2016; 354 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.i4482 (Published 06 September 2016)

疑問:心房細動と心血管疾患,腎臓病,死亡との関連はどうなのか?

デザイン:システマティックレビュー&メタ解析

データリソース:Medline and Embase.

論文のクライテリア:心房細動と心血管疾患,腎臓病,死亡関連のコホート研究

結果:
1)104研究,9686513

2)心房細動と関連あるアウトカム
死亡:RR1.46, 95% confidence interval 1.39 to 1.54
心血管死:2.03, 1.79 to 2.30
主要心血管イベント:1.96, 1.53 to 2.51
脳卒中:2.42, 2.17 to 2.71
虚血性脳卒中:2.33, 1.84 to 2.94
虚血性心疾患:1.61, 1.38 to 1.87
突然死:1.88, 1.36 to 2.60
心不全:4.99, 3.04 to 8.22
慢性腎臓病:1.64, 1.41 to 1.91
末梢血管疾患:1.31, 1.19 to 1.45
a0119856_18451345.gif

3)心房細動と関連のないアウトカム
出血性脳梗塞:2.00, 0.67 to 5.96

4)絶対リスク増加の最も高いのは心不全

5)いくつかのサブグループ解析,感度分析でも同様の結果

結論:心房細動は死亡,心血管疾患,腎臓病のリスク増加に関係あり。心房細動は患者では脳卒中以外のアウトカム減少にも気を配る必要がある。

### すでに同様の知見は本ブログでも何回も取り上げました。心房細動の死因1位は心不全というおおきな論文も最近Lancetに載っています。本論文は心房細動はある人はない人に比べ,全死亡は1.46倍,虚血性脳卒中は2.33倍,そして心不全は4.99倍という結果でした。

最近の研究では,既存の心房細動よりも,心不全に新たに心房細動が発症すると予後が悪くなることがわかっているようです。
いずれにしろ,心房細動患者における治療史として脳卒中治療の世紀から心不全治療の世紀への変遷と言えるかもしれません。取り立ててそんなに騒がなくても,昔も今もどんな心疾患であれ心不全治療は常に念頭に置かれるべきものではありますが,
by dobashinaika | 2016-09-12 18:49 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)

ケアネット「複数の合併症を持つ高齢者にガイドライン通り処方しても効果のある薬剤とは」更新いたしました

だいぶご紹介が遅れましたがケアネット連載 〜Dr. 小田倉の心房細動な日々~ダイジェスト版~更新いたしました。

今回は「第49回 複数の合併症を持つ高齢者にガイドライン通り処方しても効果のある薬剤とは」です。

ほとんどのガイドラインは単一疾患またはその類似疾患についてのエビデンスにのみに基づいて作成されていますが,複数の合併症,いわゆるmultimorbidityを抱えるひとがガイドライン通りに処方された場合のアウトカムに関する検討はなされていないのが実情と思われます。

その辺をあつかった研究で興味深いです。

http://www.carenet.com/series/afjournal/cg001089_0049.html?keiro=index
(要無料登録)
a0119856_20591399.png

by dobashinaika | 2016-01-28 21:00 | 循環器疾患その他 | Comments(0)

複数の合併症を持つ高齢者にガイドライン通り処方しても効果のある薬剤とは:BMJ誌

Association between guideline recommended drugs and death in older adults with multiple chronic conditions: population based cohort study
BMJ 2015; 351 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.h4984 (Published 02 October 2015)
Mary E Tinetti


目的:複数の慢性疾患を抱える高齢者において,ガイドラインで推奨されている薬剤と死亡率との関連を評価

デザイン;一般住民対象コホート研究

セッティング:米国の65歳以上対象のコホート

参加者:2種類以上の慢性疾患(心房細動,冠動脈疾患,慢性腎臓病,うつ,糖尿病,心不全,脂質異常症,高血圧,血栓塞栓症)を持つ8578人を2011年から追跡

介入:ベータ遮断薬,カルシウム拮抗薬,クロピドグレル,メトホルミン,RAS系阻害薬,SSRI,SNRI,スタチン,サイアザイド,ワルファリン

主要アウトカム:ガイドライン推奨薬の服用者の死亡ハザード比(対非服用者),主要4種の合併症あり

結果:
1)50%以上の参加者が合併疾患に関係なく各ガイドラインの推薬を服用していた

2)全死亡率15%(3年以内)

3)死亡率減少薬:β遮断薬;(ハザード比0.59=心房細動合併,0.68=心不全合併),カルシウム拮抗薬,RAS阻害薬,スタチン

4)上記薬のハザード比は主要4種疾患の合併例でも同等

5)死亡率変化なし:クロピドグレル,メトホルミン,SSRI,SNRI

6)ワルファリンは心房細動例(ハザード比0,65),血栓塞栓症例(0.44)の死亡率を減少

7)合併症の組み合わせによってはワルファリンの死亡リスク減少は低下

結論:心血管系薬の平均的な効果はそれらが関わったRCTの結果と合致していたが,合併疾患によってはいくつかの薬で異なる結果となった。合併疾患のある場合の薬剤効果を決定する因子は,複数合併例への実際の処方のガイドとなるかもしれない。

### 対象の平均年齢は77.4歳。80歳以上が36%。心房細動19%,冠動脈疾患39%,うつ26%,糖尿病40%,心不全20%,脂質異常症77%,高血圧92%,慢性腎臓病12%,血栓塞栓症5.5%でした。

この論文の結果で「死亡率減少」という意味は,β遮断薬を例に取ると,高血圧,脂質異常症,心房細動,冠動脈疾患,うつ,心不全などを単独で持っている例での予後改善効果はこれまでRCTでも認められていて,この研究でもそれが証明されていますが,上記疾患を4つ合併した場合(組み合わせ4種)でもやはり死亡率改善効果があるということです(組み合わせによっては統計学的に95%CIが1をまたぐものもあるが)。

クロピドグレル,SSRI/SNRI,サイアザイドは4種合併症例となると効果がなくなり,メトホルミンも惜しいですが,全て1をまたいでいます。

もちろん選択バイアスがあり一概に結論付けることはできません。しかし各種薬剤のそれぞれのRCTは上記疾患を4種以上も合併す平均77歳のひとなどあまり対象にはなっていないのです。かたや現実世界は80歳以上合併疾患7つ,8つなどザラなわけで,そういう症例への外的妥当性はかなり心もとないというか,エビデンスがないのが実情と思われます。

ですので,こうした研究は非常にありがたいです。高齢者に対するポリファーマシー時,中断か継続かを考える上でも参考になるかもしれません。

$$$ ここ,午前中はやっていないのでしょうか
a0119856_2215529.jpg

by dobashinaika | 2015-10-05 22:03 | 循環器疾患その他 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン