人気ブログランキング |

タグ:リスクコミュニケーション ( 2 ) タグの人気記事

ケアネット連載「週刊誌の「飲んではいけない薬」は本当なのか?」更新いたしました


ケアネット連載 〜Dr. 小田倉の心房細動な日々~ダイジェスト版~更新いたしました。

今回は第64回, 週刊誌の「飲んではいけない薬」は本当なのか?です。
a0119856_2291364.png

7月19日にアップしたブログをパワポでおとしたのもです。

当院では週刊誌をお持ちになって不安を訴える患者さんには,これと同じか,最後のまとめだけをプリントアウトしてさしあげています。また医院の壁にも貼って読んでもらうようにしています。

そもそもなぜこんなに週刊誌が攻勢をかけ,患者さんも興味を示されるのか。
医療者もしくは患者ー医療者間の問題として2つあると思われます。

1)治療のゴールを共有していない。
スタチンを何故飲むのかと聞くと「コレステロールを下げるから」と答える方が多いのは事実です。「心筋梗塞を防ぐ」ことを患者ー医療者の共通目標として,最初に確認していないから,副作用に不安が募る,とも考えられます。

2)医師の研鑽不足
かぜ症状への抗菌薬,ノーリスク閉経後女性へのスタチン,ACE阻害薬よりもARBの多用など。標準治療からはずれたまたは第1選択でない,しかしより高価な薬剤使用が未だに隆盛を極めているかもしれません。

その他,患者側の原因として,身近な副作用のほうが見えない効果よりも大きく見える認知バイアス。ゼロリスク志向。出版社の問題として,利益重視の姿勢,リスクコミュニケーションスキルの欠如,などを上げることができます。

多面的な角度からこの問題を診ることが可能と思いますが,医療者としては,今回の週刊誌問題,「またか」ではなく,まさに当事者として重く捉えたいと思います。
a0119856_22113299.jpg

by dobashinaika | 2016-09-09 22:17 | 患者さん向けパンフレット | Comments(0)

抗凝固薬による出血死を経験した医師が、再び薬を処方できるか?

本日、プライマリ・ケア医を対象としたセミナーに講師として参加させていただき、
「プライマリ・ケア医のための心房細動入門〜知っておきたい現実/おさえておきたいエビデンス〜」という演題名で講演させていただきました。

私の講演の骨子は、EHRAのコンセンサスカンファで提示されている心房細動患者のステップワイズ意思決定の手順にそって

1)動悸を訴える、初発の心房細動患者さんが飛び込みで受診した場合の対処法
2)「心房細動診療=リスクマネジメント」のフレームワーク
3)抗凝固療法のリスク評価
4)抗凝固療法におけるリスクコミュニケーション
5)抗凝固療法の意思決定:意思決定のフレームワークと5つの抗凝固薬の使い分け
6)抗凝固療法のリスクヘッジ=特に高齢者の抗凝固療法
7)キラーメッセージ=共通基盤の発見
8)心房細動診療21の心得
というものです。

こうした講演に参加することの最も有意義なところは、質疑応答で多くの示唆に富む知見がえられるからです。
プライマリ・ケア医の先生がたとディスカッションすると、現場で患者さんと日々真摯に向き合っているものでなければ気が付かないような質問に出会います。

今日はこの質問が一番身に応えました。
「ワーファリンを出していて、出血死した患者さんを経験していて以来、抗凝固療法を出しにくい。どう考えたら良いのか?」
厳しい質問です。

ワーファリンの年間大出血NNHは23です。23人出すと1年の間に1人が大出血を起こすことになります。ある調査では死亡のNNHも100〜120前後との報告があります。このようにワーファリンは、プライマリ・ケア医が扱う薬品の中でも段違いにハイリスクの薬です。

しかもそのインパクトも大きい。なんといってもイベントが大出血、頭蓋内出血です。リスクのインパクトもイベントもかなり大きいです。

患者さんひとりひとりに、「年間数%大出血があり、中には死に至ることもあります」ときちんと伝えることが、果たして我々にできているでしょうか?おそらくそんなことを言ってしまった場合、かなりの方が内服を躊躇するのではないでしょうか?

手術であれカテーテルであれ「死ぬこともある治療法です」と話して、すんなり納得するひとはいないでしょう。

このリスクへのおそれに対する対処法としては、それを上回るベネフィット、すなわち飲まない場合のリスク(=脳塞栓症)のインパクトの大出血に勝るとも劣らない大きさを示し、その確率が出血リスクより大きいとこをしっかりわかってもらうことが戦略として考えられます。いわゆるゴールの共有ですね。

ここがわかってもらえるかどうかが、抗凝固薬のリスクコミュニケーションの最大のポイントだと思われます。

この問題、突き詰めて考えると非常に難しいです。「死亡」という有害事象が起こりえる治療法において、そのことをしっかり伝えるべきなのか。ワーファリンの場合その確率もある低くはないですので、伝えるべきと思われますが、そのように説明しても患者さんが躊躇しないだけの情報を提供できるか。また医師に躊躇しないだけの覚悟と自信があるのか?

実際はそこまで、話していない、そんなに深刻には患者さんに話さないよ、という現場が多いかと思います。
ひとつ言えるのは、ワーファリンをしっかり管理していると、NNH23というような頻度では出血しない、ましてやワーファリンによって脳出血で死亡する頻度は報告されているほど高くない、ということを特に日本の循環器医は実感しているということです。
INR1.6〜2.6で管理していると、そうそう大出血は経験しません。

もう1点は大出血から死亡に至るケースは、やはりHAS-BLEDスコアが高い、特に高齢でINR管理の悪い方に多いですので(私の経験上)、そういう方のINR管理は、本当に細心の注意を払う、または、出さないという方向を考えるということです。

つまり抗凝固療法において、致命的な大出血は原理的には不可避であるが、それでもそれを最小限にする努力をする。そういう姿勢を示しながら、患者さん、または家族とのあいだで「重篤な副作用はあるかもしれないけれど」それでも「利益>リスク」なのだということに関しての共通基盤を作り上げる。あるいは「処方しない」場合、そうした結果どうなる可能性があるのかについても理解を共有するということしかないように思います。

そういう難題にある程度光を与えるものとして、出血がワーファリンよりは少ないという点において(適切な症例に限りますが)新規抗凝固薬が寄与する余地はある程度あると思われます。

とりとめなく書きましたが、この問題、これまでも何回となく取り上げて、ちょっとうんざりと思われる方もおられると思います。
要するに、一口に「インフォームドコンセント」といっても、リスクに付随するインパクトと確率の大きさが甚大な場合には合意を得る道のりは、よく考えるとそう簡単ではないということだと思います。

この問題、3.11以来原発リスクの捉え方を巡って散々行われてきた議論です。インパクトが非常に甚大なリスクをどう伝えるのか?たとえ確率が非常に低くても、とてつもなく甚大なインパクトのあるリスクが想定可能な場合、どこまでリスクを許容できるかということですね。どんなに小さいリスクであっても許容できないというひともいます。

現場で日々格闘している先生方とディスカッションできるのが、こうした勉強会の最大の長所です。今のところ製薬会社さんの勉強会がそうした場の主流になっていますが、こうした場を徐々に医師主導で作り上げていく方向へもっていけたらとも思っています。これはまた別の機会に。
by dobashinaika | 2014-01-24 00:39 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン