人気ブログランキング | 話題のタグを見る

脱構築者としてのシン・ウルトラマン ーシン・ウルトラマン覚書ー 書きました。

noteに「シン・ウルトラマン 」の観賞記を書きました。

「そんなにウルトラマン が好きになったのか」という感じです。
盛大にネタバレがありますので、注意してご覧頂ければ幸いです。


# by dobashinaika | 2022-06-22 08:22 | 音楽、美術など | Comments(0)

病気になるとはどのようなことか〜<医>の概念工学〜(3):意思決定をとらえ直す

noteの連載

をお送りします。


青山拓央,國分功一郎,宮野真生子三氏の「概念」を紹介しながら,意思決定について再考しています。

ちょっと長いですが,今回は自称「渾身の作」ですので(笑),拾い読みでもしていただければ幸いです。



# by dobashinaika | 2022-05-29 21:59 | 医者が患者になった時 | Comments(0)

心房細動の早期リズムコントロールは高齢者にも有効か:JACCCE誌より


目的:早期リズムコントロールの効果が年齢によって異なるかどうか

方法
・韓国の国民健康保険サービスのデータベース
・後ろ向き研究
・心房細動の診断後 1 年以内にリズムコントロール(抗不整脈薬またはアブレーション)またはレートコントロール治療を開始した心房細動患者 31,220 例を対象
・複合アウトカム:心血管死、虚血性脳卒中、心不全による入院、心筋梗塞
・年齢層別化サブグループ解析

結果:
1)75歳未満:早期リズムコントロール群はレートコントロール群に比べ主要複合アウトカムのリスクの低下(HR:0.80;95%CI:0.72-0.88)

2)75歳以上:効果は減弱。有意差なし。(HR:0.94、95%CI:0.87-1.03、Pinteraction=0.045)

3)虚血性脳卒中(HR:0.78、95%CI:0.67-0.90)および急性心筋梗塞(HR:0.63、95%CI:0.41-0.97)のリスクは高齢者で低い傾向

4)安全性のアウトカム:年齢の違いによる有意差なし

結論:早期リズムコントロールによる心血管系アウトカムの改善効果は、年齢が上がるにつれて減弱し、75歳未満の若い患者でより大きな利益が得られた。安全性については、年齢による差はみられなかった。
心房細動の早期リズムコントロールは高齢者にも有効か:JACCCE誌より_a0119856_08142758.png

### 近年のEAST-AFNET 4 trialでは年齢ごとのサブグループ解析でもリズムコントロールの優位性は同等でした。本試験は後ろ向きであり。JACCのメルマガをみるとアブレーションの例数が少なく,アミオダロン使用例が多いようです。一方でStroke,MIのリスクは少ないようですがこの解釈は難しいところです。

高齢者での抗不整脈薬による管理は難しいですので,アブレーションをどのような高齢者に適用するかが今後のポイントかと思われます。75歳くらいであれば予後改善効果まで見込めるのか,ちょっとこの試験からは否定的ですね。症状と生活アクティビティーをひとりひとりで仔細に検討するということかと思われます。

$$$ すでに2回見ました。
心房細動の早期リズムコントロールは高齢者にも有効か:JACCCE誌より_a0119856_08153813.jpg

# by dobashinaika | 2022-05-28 08:18 | 心房細動:ダウンストリーム治療 | Comments(0)

心房細動治療のパラダイムシフト:レートコントロールからリズムコントロールへ:JACC総説から

心房細動治療にパラダイムシフトが起きつつあります。
抗凝固療法は、今や確立され標準化された治療といって良いでしょう。
では何でしょうか?
ズバリ、レートコントロール重視からリズムコントロール重視へのシフトです。

「心房細動患者におけるリズムコントロールの役割の増大」に関するCamm先生のレビューです。
ACCのメルマガをまとめてみました (by Thomas C. Crawford, MD, FACC)


1. 
・心房細動の管理は、2020年欧州心臓病学会心房細動ガイドラインの「ABC」スキームに要約される以下の3つの主要領域からなる
・抗凝固/脳卒中回避のための「A」
・レートおよびリズム管理を用いたより良い症状管理のための「B」
・併発する心血管疾患に対する治療「C」

2. 
PIAF、AFFIRM、RACE、AF-CHF、STAF、J-RHYTHMはリズムコントロールとレートコントロールの戦略間で重要なエンドポイントにほとんど有意差がないことを示した主要な試験である。
・AFFIRMとRACEでは、リズムコントロールの方がレートコントロールに比べて死亡率が高くなる傾向がみられた。
・これらの試験の結果、現在、治療は最初のレートコントロールがデフォルトとなり、リズムコントロールはレートコントロールが十分であるにもかかわらず持続する症状を改善するために提供されている

3.
抗不整脈薬(AAD)は、リズムコントロール療法を行わない場合に比べ、洞調律を維持する可能性が約2倍となる
心房細動アブレーション(肺静脈隔離術)は、リズムコントロールの第一選択治療として使用する場合も含め、洞調律の維持においてAADsよりも有効であり、安全性も良好であることが示されている(RAAFT、RAAFT-2、STOP AF、EARLY-RF、CRYO-First試験)
・しかし、アブレーションは心房細動の一回限りの治癒的治療と見なすべきではない

4.
アップストリーム治療(MRA、ACE阻害薬、ARB、SGLT2阻害薬など)の使用も洞調律の維持と関連していることが示されている

5.
・減量、運動量の増加、睡眠時無呼吸症候群の管理などの生活習慣の調整も、心房細動の負担軽減につながる可能性あり

6.
ドロネダロンは、他より優れた安全性プロファイルがあり、一部の患者集団におけるリズム管理の第一選択の治療法として支持されている
ATHENA試験では、ドロネダロン投与により、主要評価項目である予期せぬ心血管系イベントによる入院または全死亡のリスクが、プラセボ投与に比べ減少することが示された

7.
CASTLE-AF試験では、心房細動と心不全を併発した患者において、カテーテルアブレーションが薬物治療と比較して、心房細動負荷の軽減と左室駆出率の改善に関連していた

8.
EAST-AFNET 4試験は12ヵ月以内に心房細動と診断された脳卒中リスクのある患者が対象
・早期包括的心房細動治療を支持し,一般的治療概念としての早期リズムコントロールの見方を変えている.
・早期リズムコントロール群 vs. 通常ケア群
・一次主要評価項目(心血管死,脳卒中(虚血性または出血性),心不全または急性冠症候群の悪化による入院の複合):早期リズムコントロール群は,通常ケア群と比較して 21% 減少
・脳卒中は約 3 分の 1 減少し,総死亡率は 16% 低下
・安全性の主要評価項目は,両群間で差なし.
・これらのデータは、患者が有症状か無症状かにかかわらず、早期のリズムコントロールが通常のケアに対して一貫した有益な効果をもつことを示している
・EAST-AFNET4ではAADの選択肢としてアミオダロンとドロネダロンが使用され、AAD治療に失敗した患者にはAFアブレーションが可能であり、器質的心疾患のある患者にも安全に使用できること示唆された

9.
ATTEST試験の結果、標準治療の一環としての早期アブレーションは、再発性の発作性心房細動から持続性心房細動への進行を遅らせることにおいてAAD治療単独より優れており、その効果は1年間のフォローアップで明らかになり、3年以上維持されることが示された。

10.
・小コンダクタンスカルシウム活性化カリウムチャネル(SK)阻害剤、TWIK関連酸感受性カリウムチャネル(TASK-1)阻害剤、遅いナトリウムチャネル阻害剤やマルチチャネル阻害剤、パルスフィールドアブレーションやエレクトロポレーションなどの代替切除法など、より有効で安全なAADの探索が活発に行われている。

<Figure 1>

心房細動治療のパラダイムシフト:レートコントロールからリズムコントロールへ:JACC総説から_a0119856_09055422.jpg


<Figure2>
心房細動治療のパラダイムシフト:レートコントロールからリズムコントロールへ:JACC総説から_a0119856_09063345.jpg

<Figure3>
心房細動治療のパラダイムシフト:レートコントロールからリズムコントロールへ:JACC総説から_a0119856_09065976.jpg

### 最初のcentral illustrationをみると、従来のリズムマネジメントは非持続性心房細動の場合、まずレートコントロール、それでも症状があればリズムコントロールで、そのあとでアブかAADかの選択(以前はAADファースト)でしたが、将来の戦略としては、症状に関係なく、まず「リズム+レート」となっています。

それにはEAST-AFNET4、ATTESTといった、アブレーションを始めとするリズムコントロールの優位性を示す試験によるところが大きいです。これらはいずれも早期からの介入の有用性を示しています。

ですので、リズムコントロールの重要性は、早期発見の重要性とリンクしているということができます。そうなると、「いつリズム治療に踏み切るか」が今後非常に重要になってくると思われます。まずは上記Figure 2の患者層を念頭におくと良いと思られます。

患者さんに早期のアブレーションをアクセプトしてもらう環境をいかに作るか。今後現場にますます求められるように思います。大変です笑。



# by dobashinaika | 2022-05-21 09:32 | 心房細動:ダウンストリーム治療 | Comments(0)

病気になるとはどのようなことか〜<医>の概念工学〜(2):確率とリスクをどうとらえるか

noteの連載
をお送りします。

お読みいただければ幸いです。
病気になるとはどのようなことか〜<医>の概念工学〜(2):確率とリスクをどうとらえるか_a0119856_07092809.jpeg


# by dobashinaika | 2022-05-09 07:09 | 医者が患者になった時 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(43)
(40)
(35)
(29)
(28)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(21)
(21)
(20)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

脱構築者としてのシン・ウルト..
at 2022-06-22 08:22
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-29 21:59
心房細動の早期リズムコントロ..
at 2022-05-28 08:18
心房細動治療のパラダイムシフ..
at 2022-05-21 09:32
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-09 07:09
心房細動と貧血・鉄欠乏の関連..
at 2022-05-07 07:32
noteはじめました
at 2022-05-05 21:59
心不全を合併した高頻度発作性..
at 2022-04-04 21:46
手術前の抗凝固薬は止めるべき..
at 2022-03-28 07:25
手術の前にルーチンの心電図は..
at 2022-03-26 07:02

検索

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン