人気ブログランキング |

2015年 01月 15日 ( 1 )

日本人おける抗凝固薬の効果と安全性の特徴:CJ誌

EDITORIAL
Oral Anticoagulation in Japanese Patients With Atrial Fibrillation
– Insight to the Use of Non-Vitamin K Antagonist Oral Anticoagulants –
Miriam Gómez-Molina et al
Circ J 1月14日


日本人対象のNOACとワーファリン比較のメタ解析に対するエディトリアルがでています。
アジア人および日本人における抗凝固療法の総評になっていますのでご参照ください。
要点のみまとめて訳します。

・日本人は、西洋人よりも心血管イベント率が低く、出血合併症が多い
・アジア人は、ワルファリン内服下での脳卒中/全身性塞栓症リスクは、非アジア人より高い
・一方で出血リスクの点から、非アジア地域よりも抗凝固薬が投与されていない
・アジア人は西洋人よりもINRの適切な範囲が狭い
・日本では特に70歳未満のTTRが良くない。出血を避けてINRを低めに保つため
・重要な事は、INR低め管理により血栓塞栓症リスクが高まること

・RE−LYでは脳卒中率は非アジアより高い:3.06%vs. 1.48% 。TTRも55%と低い
・ROCKET-AFでも同じ:3.4%vs.2.4%:CHADS2スコアは低めにもかかわらず(3.2vs.3.5)
・ARISTOTOLEでは脳卒中/全身性塞栓症リスクはやはり高い:3.39%vs.1.38%
・RELYとARISTOTOLEでは、NOACはワルファリンより有効性、安全性共に優る
・アジア人が出血が多かったのはワーファリンでのみ
・両試験は日本人が非アジア人よりも脳卒中/全身性塞栓症リスクが高いことを示した
・ARISTOTOLEでは、日本人の大出血リスクはその他よりも高かった
・RELYでは70歳以上のINR2.0-2.6の場合、大出血が少なかった
・Senooらは、日本人でのNOACの成績として、(ワルファリンよりも)脳卒中/全身性塞栓症55%低下、大出血、頭蓋内出血、消化管出血は低下の方向であることを示した

・残念ながらエドキサバンデータは含まれていない
・ENGAGE AF TIMI48試験のサブ解析では、ITT解析におけるアジア人は有効性のエンドポイントはワルファリン群で年間2.37%、エドキサバン群で1.83%(高用量)、2.43%(低用量)
・大出血は、ワーファリン群4.12%、エドキサバン高用量3.51%、低用量1.87%
・エドキサバンの日本人第II相試験(536人)では、エドキサバンとワーファリンとで大差なし

結論:アジア人においては、NOACは有効性、安全性両者において好ましいことが示されている。しかし全部のアジア人が同じではない。日本人においては、NOACは(全てではないが)ワルファリンより脳卒中/全身性塞栓症予防の点で有効であり、大出血は増やさなかった。試験間は多様性があり更に検討必要。

図1に日本人の心房細動の特徴が書かれていて参考になります。
<リスク因子プロファイル>
・BMI少ない
・CHF少ない
・HT少ない
・DM多い
・脳卒中の既往多い

<心房細動患者>
・低い有病率
・脳卒中/全身性塞栓症リスク多い
・ワーファリンの出血多い:低いTTR、年齢ごとに違うINR目標

<日本人対象のNOACの試験結果>
・アピキサバン、リバーロキサバン、ダビガトランはワルファリンよりも脳卒中/全身性塞栓症予防の点で優る
・出血は増やさず
・エドキサバンはワルファリンと変わりなし

### アジア人はワーファリンの脳梗塞予防効果が非アジア人より良くない。しかしNOACではその差はなくなるという趣旨かと思います。とくにダビガトランとアピキサバンにその傾向が見らていることも指摘していますね。
アジア人と言っても東アジアと西アジアではかなり違うと思われますので、できれば日本人だけ、または東アジアだけの集団で比べたいところです。

$$$ 今朝の大崎八幡神社。祭りのあと@どんと祭
a0119856_23401953.jpg

by dobashinaika | 2015-01-15 23:41 | 抗凝固療法:適応、スコア評価 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン