人気ブログランキング |

2015年 01月 03日 ( 1 )

European Heart Journalの「2014年の心房細動まとめ」

今年最初は、まずEuropean Heart Journalの”The year in cardiology 2014: arrhythmias and device therapy”から”Atiral Fibrillation”の章

<疫学とリスク因子>
#スポーツと心房細動の関係
・スウェーデンの90kmクロスカントリー参加者52,755人の検討では、レース参加回数上位者の心房細動リスクは1.20倍、徐脈リスクは2.10倍。走行タイムとリスクも相関あり。
・低〜中等度の運動は心房細動リスクを低める一方、より上級運動者の心臓リモデリングは徐脈を惹起させる可能性あり
・運動の減少が心房細動を増やすかどうかは未証明
Risk of arrhythmias in 52 755 long-distance cross-country skiers: a cohort study

#ACEI,ARBと心房細動
・GISSI-AF、 ANTIPAFでRAS阻害薬のアップストリーム治療は確定されなかったが、デンマークの登録研究で再び見直されてきている
・マッチングしたリスクのない心房細動において、ACE阻害薬とARBはβ遮断薬、利尿薬に比べて心房細動リスクを減らした。カルシウム拮抗薬とは同等だった。
・このことは、RAS系の抑制、カルシウムチャネルへの介入が心房細動リスク減少と関連があることを示唆し、早期のアップストリーム治療を再認識させるかもしれない
Antihypertensive treatment and risk of atrial fibrillation: a nationwide study

#左房の機能
・ENGAGE AF-TIMI48のサブ解析では、正常洞調律下での左房の機能不全も心房細動リスクに関連があることを示唆している。今後の研究がまたれる
Effective aNticoaGulation with factor x AnGiAFTIMIESI. Left atrial structure and function in atrial fibrillation: ENGAGE AF-TIMI 48.

<脳卒中予防>
#ENGAGE AF
・5つのNOAC関連第3相試験であるENGAGE AFの結果は医療者などの頭を悩ませた
・低用量では心血管イベントや死亡率を減らしたが、虚血性あるいは全脳卒中は増やした(統計的有意ではない)
Edoxaban versus Warfarin in Patients with Atrial Fibrillation

#NOAC関連サブ解析
・RE-ALIGN試験はダビガトランがワルファリンに比べ人工弁患者の血栓塞栓リスク及び出血リスクを増やすことを示した。
Dabigatran versus Warfarin in Patients with Mechanical Heart Valves

・低塞栓、低出血というベストなアウトカムを得るにはダビガトランの(おそらく全てのNOACも)適切は血中濃度があることが示唆された
・このコンセプトは血中濃度をめぐる様々な論議(BMJ誌上)を巻き起こしたが、適切な用量は、年齢、体重、腎機能、薬剤相互作用(EHRAプラクティスガイドラインで記述されているような)といった個別の臨床的因子を考慮して決められるべきということが主要メッセージである。また血中濃度に影響を与える因子(主に腎機能)のフォローが大切である患者ごとに管理されるべきである
The Effect of Dabigatran Plasma Concentrations and Patient Characteristics on the Frequency of Ischemic Stroke and Major Bleeding in Atrial Fibrillation Patients : The RE-LY Trial (Randomized Evaluation of Long-Term Anticoagulation Therapy)

#ヘパリンブリッジ
・NOACの中和薬は急務だが、ARISTOTLE試験では出血は少なく死亡率も低かった。ドイツの大規模レジストリーではリバーロキサバン関連大出血は少なく、ワルファリンと同等またはそれ以下であった。
・一方この研究では手術でのヘパリンブリッジの心血管イベントを減らさず、大出血を著明に増やした。
・NOACにおいては継続か短期の中止が安全と思われる
Peri-interventional management of novel oral anticoagulants in daily care: results from the prospective Dresden NOAC registry.

#待機的除細動
・48時間以上続く心房細動の待機的除細動時における、NOACとVKAの初の比較試験=X-VERT試験
・経食道エコー下で抗凝固薬1〜5日以内の除細動は、リバーロキサバンとVKAでかわりなし(統計的パワー不足)
・リバーロキサバンは除細動までの時間短縮可能
Rivaroxaban vs. vitamin K antagonists for cardioversion in atrial fibrillation

#抗凝固薬ー抗血小板薬併用
・ESCのコンセンサスが出た
・トリプリはできるだけ短縮し、2剤にし、1年後安定狭心症で特にリスク発生ないなら抗凝固単独
・VKAとNACは今のところ同じ扱い
Management of antithrombotic therapy in atrial fibrillation patients presenting with acute coronary syndrome and/or undergoing percutaneous coronary or valve interventions:

#左房閉鎖術
・新たなコンセンサスステートメントが出た
EHRA/EAPCI expert consensus statement on catheter-based left atrial appendage occlusion.

#心房細動診断
・”より長期の心電図記録はより心房細動を多く見つける”
CRYSTAL AF 試験:植えこみ型記録器で発見率7倍。コストが問題
IMPACT試験:ICD遠隔モニタリングは有用でない
ASSERT試験サブ解析:心房細動の診断例は脳卒中/全身性塞栓症リスクが2.5倍だが、イベント前30日の心房細動エピソード記録は8%のみ


### 当ブログの年間ベストとはやや違いますね^^。こちらはやっぱりアカデミックな論文が多い感じです。
一方、アップし忘れていたものもありました(X〜VERT試験など)。またダビガトランの血中濃度問題は、私の病気の時期と重なってしまい、なかなか検討できなくて昨年はコメントしておりません。でも概ねこのエディターの趣旨に賛同したいと思います(そのうち書きます)。ヘパリンブリッジは、今後やはり少なくなるでしょうね。

$$$ 八幡神社への通リに飾らせていただいた当院の提灯です
a0119856_2342894.jpg

そしてきょうはなぜかスリッパのおとしもの^^
a0119856_2344865.jpg

by dobashinaika | 2015-01-03 23:07 | 心房細動診療:根本原理 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(34)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00
オープンダイアローグと診療所診療
at 2019-08-13 07:00
周術期ヘパリンブリッジなしで..
at 2019-08-09 06:28
日経メディカルオンライン更新..
at 2019-08-06 07:30

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン