人気ブログランキング |

2014年 12月 24日 ( 1 )

循環器の全国学会中の心不全、心停止例死亡率は学会期間中以外よりも低い:JAMAIM誌

Mortality and Treatment Patterns Among Patients Hospitalized With Acute Cardiovascular Conditions During Dates of National Cardiology Meetings
Anupam B. Jena et al
JAMA Intern Med. Published online December 22, 2014. doi:10.1001/jamainternmed.2014.6781


重要性:多くの医師が毎年学術会議に出席する。病院医師の人員や構成に影響があると思われるが、学会期間中の患者アウトカムと治療法については知られていない。

目的;(米国の)全国的な学会期間中に急性心疾患で入院した患者の死亡率と治療法を非学会期と比較する
デザイン、セッティング、対象:
・メディケアデータから、急性心筋梗塞、心不全、心停止で2002〜2011年の2つの全国的循環器学会中に入院した患者の30日間死亡率を、非学会期間(学会前後3週間での学会と同じ日数)のと比較する。
・発症数は急性心筋梗塞8570(学会期間82日で8570例、非学会期間492日で57471例)、心不全(学会期間19282例、非学会期間114591例)、心停止
(学会期間1546例、非学会期間9580例)
・教育病院=非教育病院、低リスク=高リスク別に多変量解析
・治療法の違いを解析

介入:循環器学会機関の入院

主要アウトカム:30日間死亡率、手技率、費用、在院日数

結果:
1)患者背景同じ

2)教育病院:心不全、心停止の補正後死亡率は高リスク例では、学会期間中のほうが非学会期間中より低い
心不全:7.5% [95% CI, 13.7%-21.2%] vs 24.8% [95% CI, 22.9%-26.6%]; P < .001     心停止:59.1% [95% CI, 51.4%-66.8%] vs 69.4% [95% CI, 66.2%-72.6%];P = .01)

3)心筋梗塞は同等:39.2% [95% CI, 31.8%-46.6%] vs 38.5% [95% CI, 35.0%-42.0%]; P = .86

4)PCI施行率は学会期間中のほうが少ない:20.8% vs 28.2%; P = .02

5)教育病院での低リスク例、及び非教育病院での低/高リスク例では死亡率、施行率の差はなし

6)感度分析では心死亡率はがん学会、消化器学会、整形外科学会期間においても差はなく、循環器系学会中の消化管出血、骨盤骨折の死亡率も変化なし

結論:教育病院での高リスク患者の心不全あるいは心停止入院患者の30日間死亡率は、循環器学会期間中のほうが、非学会期間中より低かった。教育病院においては学会期間中の心筋梗塞の高リスク患者は、死亡率には差がないが、PCI施行率は非学会期間により少なくなる

###これは驚きというか、面白い論文です。研修医がいるような教育病院では、心不全と心停止の死亡率が学会期間中のほうが低かったという、ある意味想定外の結果です。また心筋梗塞へのPCIの施行率はまあ当然少なくなりはしますが、それでも死亡率に差がなかったというのも、興味深い点です。心臓病になるなら大きな学会期間中に教育病院に入院するのが良い?とまで極論したくなるかもしれません。

理由は何でしょうか。教育病院なので、学会期間中は指導医は学会に行くでしょうからスタッフ的には手薄になると思いがちですが。たしかに教授や部長クラスは期間中べったり行くのかもしれませんが、その下の実働部隊は日替わりで帰ってきたり、また留守番組にも中堅の先生が配されたするかもしれません。

またスタッフが手薄ということで、心不全や心停止回復例のような非侵襲的治療では残された医師が返って一生懸命献身的にやるからなどが推測されますかね。

まあ、後ろ向き研究であり、メディケアのデータですのでリスクの定義、教育病院への入院患者背景の違いなど様々なバイアスは想定されます。
心不全死亡率など7.5%と24.8%とかなり違うのにもびっくりします。症例数の桁が違うとはいえ。

2つの学会はAHAとACCですが、日本最大級の学会である日本循環器学会はどうなのか、ぜひとも知りたいですね。

$$$クリスマスだったんですね。今気が付きました(笑)。ふさわしい写真がないので雪の柿の木でお茶濁し。
循環器の全国学会中の心不全、心停止例死亡率は学会期間中以外よりも低い:JAMAIM誌_a0119856_2221262.jpg

by dobashinaika | 2014-12-24 22:23 | 虚血性心疾患 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(39)
(35)
(27)
(27)
(27)
(25)
(24)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

2020 年改訂版 不整脈薬..
at 2020-03-14 18:00
DOACの利益に関する低満足..
at 2020-03-05 07:24
日本における心房細動患者の脳..
at 2020-03-03 07:33
日本のNOAC/DOAC登録..
at 2020-03-02 07:21
アジア人のNOAC不適切低用..
at 2020-02-17 07:07
長期ケア施設入所者における抗..
at 2020-02-06 06:58
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-20 08:18
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-11 18:52
アルコール常用者の禁酒は心房..
at 2020-01-10 07:28
心房細動な日々 dobas..
at 2020-01-09 08:49

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン