人気ブログランキング |

2013年 06月 21日 ( 1 )

抗凝固療法のリスクコミュニケーション:健康日本21推進フォーラムの調査を読んで

かなり旧聞に属しますが、5月にプレス・リリースされた健康日本21推進フォーラムという団体からの「心房細動の患者さんのコンプライアンス」の実態調査を備忘録としてアップいたします。

http://prw.kyodonews.jp/prwfile/release/M000261/201305222001/_prw_OR1fl_27sXS647.pdf

主な知見をコピペいたします。

レセプトデータに見る抗凝固薬の服薬中止者数
■抗凝固薬の服用中止者数は年間約33,000人と推定。

Q:抗凝固薬の服用中止者の中止時期とその理由
■ 服用開始1年以上たってからの中止者が4割強(41.9%)。
■ 中止理由として薬剤要因が5割以上(54.9%)を占め、通院要因(25.1%)を倍以上上回る。

Q:服用中止者における脳梗塞発症の危険性に関する意識
■ 服用中止者の8割強(83.9%)が服用中止に伴う脳梗塞発症の危険性を軽視する反面、9割弱 (87.1%) が脳梗塞の発症を心配。

Q:服用中止者と継続者の心房細動に関する理解
■中止者(32.3%) 、継続者(48.0%)ともに抗凝固療法による脳梗塞予防に関する理解に乏しく、 特に中止者で理解度が低い。

Q:服用中止者と継続者の脳梗塞に関する理解
■ 中止者の4人に3人(77.4%)が抗凝固薬を服用しないと脳梗塞の発症リスクが高まることを 知らない。

Q:服用中止者と継続者の家族の介護負担に対する意識
■脳梗塞発症時の家族の介護負担を意識している人は、中止者の3人に1人(33.4%)にとどまり、継続者(58.0%)の意識と大きな開きが存在。

Q:服用中止者と継続者が抗凝固薬に望むこと
■ 抗凝固薬に望むことは、中止者(50.5%)、継続者(68.0%)ともに、「1日1回の服用で済む」 がトップ。

Q:服用中止者と継続者の新しい抗凝固薬の認知
▪中止者(91.4%) 、継続者(90.0%)ともに新しい抗凝固薬への関心は9割にのぼる反面、 中止者(45.2%) 、継続者(41.0%)とも4割以上が抗凝固薬の選択肢が増えていることを 知らない。
▪中止者の9割以上(95.7%)が“服用や通院の負担、家族の負担が少なくなる抗凝固薬” の選択肢を知れば、医師へ相談する意向。 


### 論文ではありませんので、あくまで参考資料としてみておきたいですが、それでも調査方法について一応抑えておきたい点あるいは不明な点を書いておきます。

・「1年間の抗凝固薬服用中者数」がレセプトデータから推計されていますが、母集団の抽出方法や患者背景が不明。

・レセプトベースで服薬が中止となったレセを組み入れたようですが、服薬中止した患者さんは、もう医療機関に来なくなる方がお多いように思います。そういう方のデータはレセベースでは拾い上げられないのでは?

・インターネット調査で服用中止した人93人、服用継続した人100人のデータを解析しているが、その抽出方法が不明。コントロール群は背景をマッチさせているかも不明。

・服用中止理由に「副作用・出血の危険性」「規則的に服用することが難しい」などがあるが、この理由を医師も納得して中止に至ったのかどうか知りたい。超高齢者などではそういった理由で医師の方から中止を申し出ることもありうるかもしれないが、例えば70歳前後でお元気な方から、出血が怖いから中止したいと申し出られても、医師の承諾は簡単にえられないと思われる。中止者の年齢層、CHADS2スコア、中止に至る経緯をもっと知りたい。

など色々あります。また「抗凝固薬に望むこと」のトップが「1日1回の服用で済む」というのもちょっと意外です。「出血が少ない」あるいは特に東北、関東では「納豆が食べたい」のほうが上位のような印象です。
さらに服薬中止者が年間4.3%とのことですが、それ以前に服薬を拒否して投薬できていない患者さんがどのくらいいるかがより知りたいところです。当院では、後述する心房細動外来を施行する前は拒否率11.2%でした(施行してからは3%未満)。

ただ、「中止者の77.4%が抗凝固薬を服用しないと脳梗塞の発症リスクが高まることを知らない」「脳梗塞発症時の家族の介護負担を意識している人は中止者の3人に1人」「中止者は中止時の脳梗塞は起こるかもしれないが、そんなに高い確率ではないと思っていた」等のデータは興味深いです。

当院では心房細動外来で、1人20分〜40分と長い時間かけて患者さんに服薬の重要性とリスクお話ししますが、それでも抗凝固薬の服薬目的を知らない方が時におられます。
当院でのコミュニケーションキーポイントは4つ
1)服薬のゴールを示す
2)抗凝固薬のリスクベネフィットバランスを示す
3)出血リスクを減らす手段を示す
4)上記3つの基礎に患者さんの抗凝固薬への解釈モデル(解釈、期待、感情、影響)を聞いておく

です。

そしてそれをいつやるかが大事です。処方前の早い段階でよく情報共有出来ればその後の服薬中止はかなり予防できるように思います。

「抗凝固薬のリスクコミュニケーションいつやるか?」「最初でしょ」
by dobashinaika | 2013-06-21 15:53 | 抗凝固療法:リアルワールドデータ | Comments(1)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン