人気ブログランキング |

2012年 11月 26日 ( 2 )

アピキサバンは、高度腎機能低下例でワーファリンに比べて大出血が少ない:ARISTOTLE試験サブ解析

European Heart Journal 11月号より

Efficacy of apixaban when compared with warfarin in relation to renal function in patients with atrial fibrillation: insights from the ARISTOTLE trial
Eur Heart J (2012) 33 (22): 2821-2830.

腎機能別に見たワーファリンに対するアピキサバンの効果:ARISTOTLE試験サブ解析

P:ARISTOTLE試験参加者:GER別のサブ解析
GFRはCockcroft–Gault式およびChronic Kidney Disease Epidemiology Collaboration (CKD-EPI)式を使用

E:アピキサバン

C;ワーファリン

O:脳卒中/全身性塞栓、全死亡、大出血

結果:
1)Cockcroft–Gault式によるGFRは>80ml/分=42%。50〜80=42%、50未満=15%

2)心血管イベント&出血は腎機能低下例(80未満)でより高い

3)アピキサバンは、腎機能にかかわらず脳卒中/全身性塞栓、死亡率減少でワーファリンより効果的。この結果は腎機能の評価法によらず。

4)アピキサバンはすべてのeGFRでベルを超えて、大出血を減らす

5)大出血のハザード比はeGFR50未満の例でより大きい:Cockcroft–Gault式で0.50、CLD-EPI式で0.48
a0119856_23465039.gif


結論;心房細動では、腎機能低下が心血管イベントや出血増加と関係。アピキサバンは、ワーファリンに比べ脳卒中、死亡、大出血を、腎機能にかかわらず減少させる。腎機能低下症例において、アピキサバンの出血減少傾向が最も大きい

### CKD-EPI式は以下の通りです。色々と補正して有ることしかわかりません。
GFR (mL/min/1.73 m2) = 141 × min(Scr/κ, 1)α × max(Scr/κ, 1)−1.209 × 0.993Age × 1.018 (if female) × 1.159 (if black), where κ is 0.7 for females and 0.9 for males, α is −0.329 for females and −0.411 for males, min indicates the minimum of Scr/κ or 1, max indicates the maximum of Scr/κ or 1, and Scr is expressed in mg/dL

この論文の主要所見は2つです
1)アピキサバンは、ワーファリンに比べて、腎機能にかかわらず、脳卒中/全身性塞栓、大出血を減らした。
2)大出血は、腎機能低下例(GFR50未満)の患者においてアピキサバンの有意セガ最大だった

興味深いのはもちろん2)です。リバーロキサバンでも致死性出血は、腎機能低下例で有意にワーファリンより良かったという結果があったかと思います。ダビガトランではそういう傾向はありませんでした。
http://dobashin.exblog.jp/13427434/

ワーファリンは引用の図にもあるように、腎機能低下とともに出血を増加させることが最近問題になっていますね。肝代謝なのに意外ですね。

出血傾向と腎機能は密接な関係にあって、腎機能低下は血小板機能やvW因子の低下、尿毒症毒素の出現などで出血傾向を助長させるとEditorialで指摘されています。
Apixaban in renal insufficiency: successful navigation between the Scylla and Charybdis
Eur Heart J (2012) 33 (22): 2766-2768.


ワーファリンはそれに加えて、腎機能低下によりCYP活性の低下や蛋白結合率の変化を受けやすいため、出血が増えることが指摘されています。

ワーファリンの持つ腎機能低下時の弱点と、新規抗凝固薬の持つ腎排泄率とのせめぎあいで、腎機能低下時にワーファリンに勝つかどうかが決まるのでしょう。

Editorialでアピキサバンの腎機能低下時例の管理は“successful navigation between the Scylla and Charybdis”と例えられています。“between the Scylla and Charybdis“というのは、ギリシャ神話に出てくる、メッシーナ海峡に住む海の魔物で、漁師たちがこの二匹の真ん中でぎりぎりの航路をとって通ることから「進退窮まって」というイディオムになっているようです(Wikipediaより)

これまではワーファリン管理が、まさにbetween the Scylla and Charybdisというにピッタリだったわけですが。。新規抗凝固薬でも、やっぱり簡単ではないということがこの表現からにじみ出ていますね。
by dobashinaika | 2012-11-26 23:47 | 抗凝固療法:アピキサバン | Comments(0)

ダビガトランの使用法についての網羅的総説:Circulation誌より

Circulation 11月13日号、Clinical Updateより

Periprocedural Management and Approach to Bleeding in Patients Taking Dabigatran
Circulation.2012; 126: 2428-2432


ダビガトラン服用中の手術および出血をきたした場合の管理と対処

症例:78歳男性。心房細動、高血圧、2年前脳梗塞、ダビガトラン150mx2服用中。血便と下血を主訴に救急外来受診。12時間以内にダビガトラン服用。Hb5.9、血小板18.5万、CCr26、aPTT83秒、TT150秒以上。この患者をどう管理すればよいか

【RE-LY試験のアウトカム】
・ 18113人対象。ワーファリン対照
・ 150mgx2:脳卒中/全身性塞栓1/3減少。大出血同等
・ 110mgx2:脳卒中/全身性塞栓同等。大出血1/5減少
・ 両用量とも:頭蓋内出血2/3減少
・ 脳卒中減少は全サブグループで同等
・ 75歳以上:頭蓋外出血増加

【患者選択】
・ 1つ以上のリスクを有する心房細動の大多数
・ 絶対的禁忌に乏しい
アメリカではCCr15未満、他国では30未満
・ 腎機能のチェック必要(C-G式で)
・ 米国以外ではP-糖蛋白阻害または誘導薬は注意必要

【用量選択】
・ 米国では150x2が最も効果的で大多数に最適
・ 他国では75または80歳以上やCCr30-50で110x2
・ 米国ではCCr15−30,CCr30-50でP糖蛋白阻害薬服用者で75x2認可

【モニタリング】
・ 一般的に必要なし
・ 緊急時の服用の有無の評価、治療介入のタイミング決定、アドヒアランス評価、脳梗塞、出血の原因検索のためにモニタリング必要

・ aPTTがダビガトランの有無の評価に有用
・ 血中濃度250ng/ml以上でaPTTはプラトーになること、試薬や計測器に影響されることはあるが、正常なaPTTはダガトランが明らかな効果の欠如を示す。服薬後8〜12時間で対象の2.5倍以上の延長は過剰を示唆する。
・ 腎機能低下とともに半減期、ピークaPTT値、正常回復までの時間は延長または上昇
a0119856_0434330.gif


・ TTも延長するが、感度が良すぎて微量のダビガトランでも反応してしまう。しかし正常なTTはダビガトランの完全な不足を意味する。PT/INR比はダビガトランの効果予測には適さないので、モニターとして用いられない。ただし、ダビガトラン高濃度ではaPTT,PT-INR両者が延長する。

・ 希釈TT(Hemoclot)は校正により正確にダビガトラン濃度を反映する。Hemoclotはカナダ、ヨーロッパでは利用可能だが米国では不認可。エカリン凝固時間も血中濃度同定に有効だが、現時点では研究段階。

・ 採血のタイミングが鍵。服薬2時間以内の値が、8~12時間後の値の2倍であるはず。出血のない段階では、トラフ値がベストの評価法である。

【周術期の管理】
・ 歯のクリーニング、抜歯、皮膚生検、白内障手術で中止の必要なし
・ これらは服用10時間以上後に行うべき
・ 出血の中高リスクのある手技では、一定期間中止すべきで、中止期間は腎機能に依存
・ 中リスク手技では半減期の2〜3倍の期間中止、高リスク手技では4〜5倍の期間中止
・ 中リスク手技:ペースメーカー、ICD手術、大腸ポリペクトミー(特に不動性で広いベースを持ったもの)
・ 高リスク手技;泌尿器科手技(前立腺切除)、腹部、骨盤内臓のがん手術、関節置換術、心臓手術、脳神経手術
a0119856_0491555.gif


・ ダビガトラン内服例の緊急手術:最終内服から半減期の1〜1.5倍の期間置いてから、またはaPTTが正常に近づいてからの施行が理想
・ ダビガトラン服用2〜4時間での手術は、出血リスク増大のため、減らす戦略が必要

・ ダビガトラン再開時期は出血リスクによる
・ 術後24時間以内に再開できなければ血栓予防策を講じるべき
・ 急性冠症候群治療の場合はヘパリンないし他の静注薬に変更すべき
・ できれば服用後半減期の1.5倍経過後か、aPTT1.5未満になったら始めるべき

【出血の治療】
・ 今のところ、中和薬はないが、ワーファリンに比べての出血リスクの少なさを考えると、そのことはダビガトランのベネフィットを阻害するほどの理由ではないように思える。

・部位と出血度による
・ 最後の内服時間から血中濃度のピークを予想できる。正常腎機能なら半減期12時間、24時間で四分の一
・ 鼻血、血尿なら十分止血されるまで内服を1—2回休む
・ 過剰内服が考えられる場合、内服2〜4時間以内なら活性炭が良い。確立されたものではないが

・ 中高度出血時:併用抗血小板薬中止、CCr、aPTT,Hemocrot測定

・ 利尿薬投与、適応あれば輸血(濃赤、新鮮凍結血漿、血小板)

・ 重篤で生命危機の場合:非特異的止血薬=プロトロンビン複合体製剤(PCC)、リコンビナント活性型VII因子考慮(ヒトでのエビデンスに乏しい))

・ 非活性型PCC(4つのビタミンK依存性凝固因子含む)をダビガトラン過剰うさぎに与えると、外傷による出血を中和でき、止血時間が回復したが、aPTTや他のマーカーは正常化せず。
・ この結果はひとボランティアへの投与治験でも同様で、PCCはaPTTに影響しない。
・ PCCの効果とaPTTには解離あり

・ ヨーロッパ、カナダと違い、米国ではVII因子以外の3因子製剤が使えるが効果は不明
・ 4因子製剤が使えるまでは、3因子製剤は凍結血漿と併用または低用量(15-30μg/kg)のノボセブン(リコンビナントVII因子製剤)を使用すべき
・ VIII因子阻害薬(FEIBA)、活性型PCC,常用量のノボセブンもよりよい選択かもしれない
・ どの場合も治療開始30分は待つこと
・ 血栓合併の危険があるので重篤出血例に限定すべき
a0119856_04599.jpg


・ダビガトランはアルブミン結合率35%なので透析、血液濾過可能
・ この方法は腎機能低下で重篤出血時に限る
・ 4時間の透析で40〜65%除去できる

この症例の解答
・ この例では腎機能低下がダビガトランの蓄積を半減期延長を招いた
・ ダビガトランは中止し、濃赤8単位、血小板12単位、新鮮凍結血漿10単位、クリオプレシピテート8単位輸血
・ 出血最中なのでPCC40単位/kg投与
・ その結果患者な安定し、ダビガトラン投与量を75mgx2に減らして退院した
・ 腎機能の定期評価を予定され、その後出血なし

### ほぼ現時点でのダビガトラン使用法の総説となっています。相当良くまとまっていていろいろと網羅されています。これを読むとHemocrotが今後注目ですね。エッセンスのみ書こうと思いましたが、休みで時間があったこともあり、途中でやめられなくなったので全文訳してしまいました。もし研修医の先生が読んでいたら、まず原文から読んでください。
by dobashinaika | 2012-11-26 00:49 | 抗凝固療法:ダビガトラン | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン