2011年 11月 12日 ( 1 )

パッチを用いた左心耳閉鎖デバイス:JACCより

J Am Coll Cardiol 11月15日号より

Transcatheter Patch Occlusion of the Left Atrial Appendage Using Surgical Adhesives in High-Risk Patients With Atrial Fibrillation
J Am Coll Cardiol, 2011; 58:2236-2240


左心耳閉鎖デバイスTranscatheter patch (TP)の使用成績に関する論文です。

このデバイスはギリシャ(!)のCustom Medical Devices社の開発で、フレームのないポリウレタン性の下図のような形状をしたパッチが直径15~35mmのバルーンに装着されています。
2mmのナイロンループ(2本のナイロン糸)が、パッチを外すときのためにパッチの下部に縫い付けられています。
a0119856_2313347.jpg


このパッチの遠位半分にあるpHで活性化されるポリエチレングリコールをベーストした接着剤が塗布されています。バルーンを左心耳の適切な場所に位置させ、バルーンを膨らました際にアルカリ溶液が接着剤に曝露され接着剤が活性化されます。

バルーンはオーバーワイヤ式でロングシースで左心耳まで勧められ、左心耳がのびるくらいまで(造影剤3〜10cc, パッチ径14~25mmに相当)バルーンをインフレートし、カテーテルのセンタールーメンから上述のアルカリ溶液を注入します。

接着剤が活性化されて45分後にバルーンカテを抜去します。先端でパッチを保持する形のイントロデューシングシースを通してカテーテルを引き抜き、エコー下に糸を軽く引くことでパッチの安定性と位置が強固なものになります。2本のナイロン糸を引き抜くことでぱっちりリースは完了です。
以下のメーカーのサイトに動画で挿入ライブを見ることができます。
http://www.custommedicaldevices.net/media/laa-live-case-update/

これまで20人の塞栓症ハイリスク例に施行し、17例で成功しています。残り3例は造影後パッチの接着がなされていないと確認され除去されています。1例では左心耳の入り口を越えてパッチが留置され不完全は開き具合なりました。成功した症例ではフォローアップのエコーで閉鎖率の向上が見られました。1例でロングシースによる塞栓症の合併がありました。脳卒中の合併症はありませんでした。

失敗した3例はパッチ留置前に左心耳造影を施行しており造影剤が接着剤に影響したのではないかと考察されているようです。

以前左心耳に傘のように開くデバイス=watchmanを紹介しましたが、これはパッチを利用したものです。パッチのサイズや接着剤の材質、シース形状その他検討すべき点は多々あるのでしょうが、今後ますますこの分野の開発は進むものと思われます。アブレーションー左心耳閉鎖をワンセッションで、の時代が到来するのかもしれません。
by dobashinaika | 2011-11-12 23:18 | 心房細動:左心耳デバイス | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(32)
(30)
(25)
(25)
(23)
(23)
(22)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

10月27日,第14回どばし..
at 2018-10-11 17:00
津川友介先生の講演「ビッグデ..
at 2018-10-11 00:07
中動態的オープンダイアローグ..
at 2018-10-08 10:13
The American C..
at 2018-10-05 21:28
抗凝固薬抗血小板薬併用療法に..
at 2018-10-03 20:53
ワルファリン開始当初のINR..
at 2018-09-27 23:59
心房細動は発作性から持続性に..
at 2018-09-20 22:27
CHA2DS-VAScスコア..
at 2018-09-20 08:24
日経メディカルオンライン連載..
at 2018-09-20 06:52
DOAC(抗凝固薬)をやめな..
at 2018-09-11 01:02

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン