人気ブログランキング |

2011年 06月 06日 ( 1 )

大腸がん検診のエビデンスに基づくリスク情報伝達がインフォームドチョイスに及ぼす効果:BMJより

BMJ 6月2日号より

Effect of evidence based risk information on “informed choice” in colorectal cancer screening: randomised controlled trial

大腸がん検診においてインフォームドチョイスをする上でエビデンスに基づくリスク情報の伝達と、従来からの標準的な情報伝達とを比較検討

P:50〜75歳の大腸がんの既往のない1577名。ドイツの公的保険内での取り組み

E:大腸がんに関するエビデンスに基づくリスクを記載したパンフレットと、オプションとしてリスクと診断に関する2つの双方向性インターネットモデュールを使った情報伝達

*伝達法はUK Medical Research Councilのフレームワークを用いた。例えばスクリーニングを受けることによる相対危険率の変化よりは、自然頻度の変化を提示した。このフォーマットはパイロットスタディを経て2008年に改訂された

C:ドイツの公的なパンフレット:2003年発行。便潜血検査と大腸スコピーーについての概説のみで数的なリスクベネフィットの情報はなし

O:一次エンドポイント:「知識」「態度」の概念を含んだ「インフォームドチョイス」*。現実的で計画的な受診の組み合わせ
二次エンドポイント:「知識」。現実的で計画的な受診の組み合わせ
知識と態度はスクリーニング6週後に評価された。現実的で計画的な受診の組み合わせ、は6ヶ月後に評価された

*Marteauらの方法による。「知識」については大腸がん検診に関する8つの質問を行い4つ以上正答の時「good knowledge」とした。「態度」については健診に対して前向きかどうかの4つの質問を行い2.5未満を「positive attitude」とした。good knowledgeかつpositive attitudeで健診を受けた時、およびgood knowledge、negative attitudeで健診を受けなかったとき「インフォームドチョイス」と定義した。「現実的で計画的な受診の組み合わせ」はドイツの長いスパンにわたるスクリーニングの時間枠(10年ごとの大腸スコピーと1,2年ごとの便検査)」に沿った検診を受診したかどうかで判断した

結果:
1)アンケート回収率:92.4%
2)「インフォームドチョイス」は介入群で44.0%(345/785)、対照群で12.8%(1014/792)だった。(difference 31.2%, 99% CI 25.7% to 36.7%; P<0.001)
3)good knowledgeは介入群59.6%、対照群16.2%(difference 43.5%, 37.8% to 49.1%; P<0.001)
4)positive attitudeは両群とも多かったが、介入群でより少なかった(93.4% (733) v 96.5% (764); difference −3.1%, −5.9% to −0.3%; P<0.01)
5)「現実的で計画的な受診の組み合わせ」については差なし(72.4% (568) v 72.9% (577); P=0.87)

結論:大腸がん検診においてエビデンスに基づくリスク情報の伝達は、「インフォームドチョイス」を増加させ「知識」を改善させたが、「態度」についてはあまり改善しなかった。現実的で計画的な受診については介入効果はなかった。

###Table 3を見ると、大腸がん検診の疫学的な質問が並んでいますので、EBM的情報を提供されている介入群で知識スコアが高いのは当然です。態度については、相対危険でなく絶対危険(自然頻度)で数字を示されていると、以前のブログで紹介した研究の通りnegativeな意思決定になりやすいことは既に指摘されています。エビデンスの伝達が検診のインセンティブに寄与しなかったのは、今回のpolulationが元々受診率が高いことも上げられますが、やはり、一般市民が思った以上にがん検診の効果が少ない(と感じられる)ことが原因ではないかと推察されます。
Table3の質問を見れば、一般市民にとっては検診のEBMは「少ない効果」「重篤な副作用(大腸スコピー)」を想起させるに十分と思われます。検診は「pupulation strategy」なのでNNTが低くても意義があることまで一般市民に理解させることは難しいのではないでしょうか?診療所や病院に通院する動脈硬化ハイリスクな人にスタチンの効果をエビデンスーベーストで伝えるのとはまた違った伝え方が必要かもしれません。
なお同じ大腸がん検診のインフォームドチョイスを扱った論文はこちら
by dobashinaika | 2011-06-06 21:59 | リスク/意思決定 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン