人気ブログランキング | 話題のタグを見る

フレイル高齢心房細動患者では,ビタミンK拮抗薬をDOACに切り替えると出血事象が69%増加。FRAIL-AF試験


8月25日,アムステルダムで行われた欧州心臓病学会(ESC)学術集会で,ユトレヒト大学(オランダ)から大変注目すべき報告がありました。なおDOACについては,原文を尊重しNOACと表記します。

背景 :
フレイル合併心房細動患者においてビタミンK拮抗薬(VKA)内服をNOACに切り替えるべきかどうかは明確な答えがない。

方法:
・フレイル(年齢75歳以上+GFI(Groningen Frailty Indicator)スコア3以上)を有する外来管理の高齢AF患者
・INRガイド下VKA治療からNOAC治療に切り替える群 (NOAC切り替え群)と,VKA治療を継続する群 (VKA継続群:アセノクマロール、フェンプロクモン)に無作為に割り付け
・VKA中止後「INR<2.0」ならDOAC開始。出血多発のためのちに「INR<1.3」に変更
・GFRが30mL/min/1.73m2未満の患者や弁膜症患者は除外。追跡期間は12ヵ月。
・主要アウトカム:大出血または臨床的に対応を要する非大出血合併症
・副次的アウトカムには血栓塞栓イベント,総死亡などが含まれた。
・死亡を競合リスクとして考慮、。intention-to-treat解析

結果:
1) 1,330例(平均年齢83歳、GFI中央値4)。NOAC切り替え群662例、VKA継続群661例。

2)163例の主要転帰イベント(切り替え群101例、継続群62例)の後、試験は事前設定された無益性のため中止

3)主要アウトカム:NOAC切り替え群(15.3%)でVKA継続群(9.4%)に比べ有意に高い(P=0.00112), HR=1.69(95%CI 1.23-2.32)。

4)血栓塞栓イベント:有意差なし。HR=1.26(95%CI 0.60~2.61)
フレイル高齢心房細動患者では,ビタミンK拮抗薬をDOACに切り替えると出血事象が69%増加。FRAIL-AF試験_a0119856_22364719.png

結論 :フレイルのある高齢心房細動患者において、INRガイド下VKA治療をNOACに切り替えることは、VKA治療を継続することと比較して出血性合併症の増加と関連したが、血栓塞栓性合併症の減少は関連しなかった。

COI:オランダ政府ならびにDOAC製造企業4社から資金提供

### 本研究の要旨は,「フレイル高齢心房細動患者を対象としたRCTにおいて、INRガイド下VKA管理をNOACベースの治療戦略に切り替えると、大出血および/またはCRNM出血合併症が69%増加した」という驚くべきものです

まずいくつかの知りたいポイントの確認です。
1)フレイルの程度:今回採用の指標であるGroningen Frailty Indicatorは,日常活動(買い物、外出、更衣、トイレ移動)、健康問題(身体的健康、視力、聴力、体重減少、4剤以上の服薬、記憶)、心理機能(空虚感、孤独、見捨てられ感、落胆、不安)といった3ドメイン、15項目を検討し、4項目以上問題を抱える場合、フレイルと判定するものです。
実際には,「常時4種以上の薬剤を服用が80%以上」「視覚や聴覚異常が半数」「記憶力低下の訴えが40%弱」「家の周りの歩行不可が17%」といったかなり虚弱な患者層が浮かび上がります

2)NOACの種類:ダビガトラン57例(8.6%)、リバーロキサバン332例(50.2%)、アピキサバン115例(17.4%)、エドキサバン109例(16.5%)。情報欠落3例(0.5%)。切り替え群にも関わらず切り替えられなかった例22例(3.3%)

3)出血部位消化管出血: 切り替え群17例(2.6%)vs. 継続群4例(0.6%)、泌尿生殖器出血20例(3.0%) vs. 11例(1.7%)。出血性脳卒中:切り替え群7例(1.1%)vs. 継続群6例(0.9%)。皮下出血:切り替え群23例(2.6%)vs. 継続群4例(0.6%)

4)継続群のINR管理状況: 個々の患者のTTR(目標INR到達時間)は記録されていないが,INR測定のために自宅を訪問する高齢者(したがって最も虚弱な患者)のオランダ臨床におけるTTR値の範囲は65.3%~74.0%であり(年次品質報告書の一部として測定),またオランダはTTR管理のインフラ整備が進んだことで知られている。本文中にあるように,ARISTOTLE試験集団で検討した結果、オランダから登録された患者のTTRは試験平均値中央値付近の66.4%とかなり良好。それを考えると4RCTとほぼ同等と見て良い。

5)NOAC間のアウトカムの差異:リバーロキサバンとアピキサバンでは同様(HR 1.95、95%CI 1.36〜2.79、HR 2.17、95%CI 1.28〜3.68)、エドキサバンでは顕著に低い(HR 1.10、95%CI 0.57〜2.13)。ただしこれらの解析はポストホックで無作為化されていないため、慎重に解釈されるべきである(本文中の記載から)。

さて,NOACのRCTのサブ解析を見ても,フレイル症例でも一貫してNOACの安全性,有効性が示されており,本年のESCのコンセンサスステートメントではなんと「NOACの恩恵はフレイル例でより大きい」 とまで記されています。
それなのにこの結果,どう解釈したらいいのでしょう。

1)対象の違い:まず患者対象がかなり違います。本研究は平均年齢83歳に対し,4RCTはいずれも70代前半。しかもフレイルの程度が上記のように,半端ではない(4RCTで弾かれた例がかなり含まれていると思われる)。

2)VKA継続例はずっと(期間は不明だが心房細動罹患期間は平均12−13年)VKAを服用していた例なのに対し,4RCTはVKAナイーブ例も多く含む。ということはVKAで長期間うまく行っている症例が多く含まれていた可能性は大きい。

3)NOACの種類に偏りあり。比較的皮下出血の多いとされるリバーロキサバン服薬例が50%を占める

とはいえ次の点にも注意です。
1)TTRは良好だった(らしい)。(特に日本に見られるように)VKAの管理がどうしても甘くなりがちなケースは少ない。つまり若干低めのなんちゃってワーファリン例は少ない模様

2)KM曲線が乖離し始めるのは開始後100日よりやや前。ということは切り替えることそのものにより出血リスクが増加した可能性は低い

3)RCTのサブ解析はあくまでサブ解析。これだけのフレイル例を無作為割付した試験は他に類を見ない。

以上を踏まえての私見と,行動変容につき述べてみましょう。
まず,以前からワルファリン服薬例をNOACに変更した場合,皮下出血や消化管出血は多くなる印象は確実にありました。そういった印象を持っている臨床家はかなり多いものと思われます。またNOACの前向きあるいは登録研究のいくつかで,やはり皮下出血,消化管出血がワルファリン服薬例に比べて多いという報告はありました。今回はそのことを,とくにフレイル(しかもRCTに組み入れられないようなかなりの)に対象を絞り,きっかりRCTを行ったことがこうしたある意味驚くべき結果を引き出し,「やられた」感を醸し出したものと思われます。

一方,とはいえ,TTRがきっちり管理されている比較的優良な継続群あっての結果ということもできます。論文では認知症の程度や,独居かどうか,服薬アドヒアランスについては触れられていませんでした。実臨床で,これまで遭遇したワルファリン服用中の高齢者出血症例。それはとりも直さずINRが安定しない患者さんです。そしてそのもとをたどるとアドヒアランス不良かまたは食生活の不安定な方といった像浮かび上がります。INRを上げる因子は飲み過ぎ,あるいはビタミンK不足,さらに遺伝的な理由でビタミンKサイクルが不安定なケースと思われます。
そうしたケースが,比較的少ない集団だった可能性が考えられます。

一方,今回脳出血や死亡は有意差がなく,消化管出血と皮下出血が両群の差を牽引した形になっており,脳出血ほど重大ではないといった印象を与えるかもしれません。しかしながら今回対象の高齢者フレイル症例では,消化管出血あるいは皮下出血はそれだけで全身状態の悪化につながることをよく経験します。決して侮るべき事象ではありません。

「従来からINR管理良好なVKAを飲んでいるフレイル高齢者は,あえてNOACに変更しなくても良い(無理してしないが良い)」というのが今回のmy take home messageです。それにしても久々にインパクトのある研究でしたね。

$$$
フレイル高齢心房細動患者では,ビタミンK拮抗薬をDOACに切り替えると出血事象が69%増加。FRAIL-AF試験_a0119856_22570997.jpeg



by dobashinaika | 2023-08-30 22:39 | 抗凝固療法:ワーファリン | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(44)
(40)
(35)
(32)
(29)
(28)
(25)
(25)
(24)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法 [PR]


プライマリ・ケア医のための心房細動入門 [PR]

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌] [PR]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味 [PR]


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から [PR]


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく) [PR]


健康格差社会への処方箋 [PR]


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書) [PR]

最新の記事

高齢の心房細動患者における2..
at 2024-06-25 07:25
2024年JCS/JHRS不..
at 2024-03-21 22:45
日本独自の新しい心房細動脳梗..
at 2024-03-17 22:31
心房細動診療に残された大きな..
at 2024-01-03 23:00
東日本大震災と熊本地震におけ..
at 2024-01-02 16:11
脳梗塞発症後の心房細動患者に..
at 2024-01-01 18:41
ACC/AHAなどから202..
at 2023-12-10 23:12
ライフスタイルを重視した新し..
at 2023-11-06 21:31
入院中に心房細動が初めて記録..
at 2023-11-05 11:14
フレイル高齢心房細動患者では..
at 2023-08-30 22:39

検索

記事ランキング

最新のコメント

血栓の生成過程が理解でき..
by 河田 at 10:08
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29

以前の記事

2024年 06月
2024年 03月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 08月
2023年 06月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン