人気ブログランキング | 話題のタグを見る

病いのギャップ(第2回)   〜シミュレーション自己とリアル自己とのギャップに関する考察〜


<回復期 ジャンプアップ>
それから約一週間,幸いにもカテーテル治療を行うことなく,ようやく症状が安定する兆しを見せ,画像診断でも進行のないことが確認されたました。この1週間シミュNとのギャップにおびえる日々だっかといえばそうではなく,めまい(のひどい身体)が自己全体を支配する時間(図1C)が多く,ギャップを考える余裕さえなかったのが本当のところでした。

そして発症7日後当たりから病室でのリハが始まりました。ベッドサイドに理学療法士の先生が来られ,まずベッドサイドで足を下に下ろすことから始まりました。頭を起こしからだを横に向けて足を下に下ろす。そして両手を体の脇におき,両手を伸ばしながら腰を上げてみる。

「小田倉さん,立てたじゃないですか」
先生が驚いたような感じで言われたその言葉,その瞬間をわたしは多分死ぬまで忘れないと思います。実はこの日(8月15日だったことも覚えています),朝起きたときもめまいと疲労感が強く,あと1周間はこんな感じなのかなと落胆していたのでした。
ところがリハの先生はあっさりと「ベッドの脇に座ってみましょう」「そのまま足に力を入れて腰を浮かせてみましょう」と言われました。

この一連の動作の中で,たぶんわたしの「自由意志」みたいなものは微塵もなく,なにか別の存在がわたしを動かした,いわば遠隔操作されたようなこれまで経験したことのない感覚を味わいました。「立った」と言うより,「立たされた」あるいは「気がついたら立っている身体があった」ーそんな感じでした。そしてかだらが軽い! 軽いというより「重さがない」ような,要するに自分でありながら自分の身体でない感覚。リアル身体なのに同時にシミュレーションされた身体のような感覚。これまで味わったことのない身体感覚でした。

そうした不思議な感覚をリアルな身体へと地に足つかせてくれたのが理学療法士の「立てたじゃないですか」という言葉だったのです。オリバー・サックスは有名な脳外科医ですが、転落事故で左足の麻痺及び知覚が全くなくなり,その後感覚が戻ってくるときの感動的なシーンが著書に綴られています6)。興味深いことに、左足が充電され生き返った感覚が訪れた時に聞こえてきたのが、それまであまり熱狂的なファンでもなかったメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲だったのです。理学療法士のその言葉は,このバイオリン協奏曲に通底するものだったに違いありません。思うに、人間が病気から回復するとき、もちろん徐々に快方へと向かうわけですが、もしかすると一歩一歩良くなるというのでなくて、何かをきっかけにして急にジャンプアップするものなのではないか。機能の回復という視点で見れば、「〜ができる」か「できない」かは二者択一になり、そのことが「できた」ときには、突然出来たように思うわけですが,実際「できる」までには体の各機能が連続変数で上昇しているわけで、そのことはじわじわとは感じたりもしますが、でも「立てた」ということそのことは、それまでの立てなかった時とは何百倍かの飛躍感を持って心に残るのです。

それから約2週間,病室から理学療法室,あるいは病棟の廊下でと,リハは順調に進みました。またさいわい多くの支援があり,自院も代理の医師が診療できるようになりました。客観的に見るとリアル身体が徐々にシミュPに近づいてきたといえるのかもしれません。ただし実感としては,この時期になってくるとそれまでこう有りたい,ここに戻りたいと思い描いてきたシミュPはじつは,もうあまり意識しなくなってくるのです。リハビリにより身体機能が回復しかなり自力で歩けるようになりってくると,これから悪化する予測はなくなり,さすがにシミュNは意識から消え去っています。一方頭の位置を変えたときや運転時のめまいは結構残っていて食欲もいまいちでした。
それでも2週間の病院リハを終えて退院する頃には,健康体であったシミュPでさえ消え去り,だいたいこんな感じの身体でもいいんじゃないかというように,リアル身体が意識/精神と折り合いをつけてまた重なり合う感じになってきました。

<探索の物語 「場」のたいせつさ>
多くの病気から生還した社会学者A・W・フランクは,病いの物語の中で「冒険的探索(quest)」のタイプがあるのを指摘しました7)。収束ポイントが見込めるにせよ見込めないにせよ,リアルな身体が変化し,拡張していくようにさまざまなインプットを調整しながら進んでいく。理想の身体をシミュレートすることなく,日々生きることの細やかさに目を向け,最適な自己を探索していく。リハから社会復帰への時期は,まさにこの「探索」という呼び名がしっくりきます。探索し,探し当てられたレベルはさまざまにせよ,その場所でもそこで意識/精神とリアル身体が重なり合い安定する(図3)。ラテン語でre(再び) - habiris(適した)。つまり再び「適した」状態になる。リハとはそういうものなのかと再認識させられたのです。
病いのギャップ(第2回)   〜シミュレーション自己とリアル自己とのギャップに関する考察〜_a0119856_17353614.jpeg

この探索から安定への段階で最もたいせつなもの,それは家庭医療学の泰斗,藤沼康樹氏がいみじくも指摘されたように「場」なのです8)。場? いやいやこの時期もっともたいせつなのは,やはり身体それ自体の医学的な回復ではないか。医学的にはそうかも知れません。なのに「場」。どういうことでしょうか。

さきほどの図2,リアル自己とシミュPとのギャップ1を思い出してみましょう。このギャップは不自由さの表現,すなわち身体的不自由感と社会的不自由感として現れると言いました。たしかに医学的に回復することによって動けるとか歩けるといった身体的不自由感は消えます。しかしそれにもまして大きいのは,理学療法士や看護師,医師の言葉であり,また家庭に帰れる,帰って家でやすらげる,何でも話せて助けてくれる妻や子供がいる,といった家族のつながりであり,仕事がすこしずつできるようになる,たまに休んでも支援してくれる仲間がいる,といった社会的なつながりです。そうした包み囲まれているように感じられる「場」があるということです(家族からのサポートについては言葉を尽くしきれません,これについては別の章で吐露することにします)。身体的にも社会的にも不自由感がなくなってくると,病初期に痛感していた「何でわたしが」という不条理感も薄らぎます。このくらいでもやっていける,少しくらいいめまいがふらつきがあってもなんとか生活していける,そう思えてきたとき,これまでのシミュP(理想的な身体)はもうなくなっています。

いや,シミュPはなくなりはしないのです。意識/精神として目の前から消えてどこかに行っているのです。このくらいでやっていけると思いつつも,身体全体はやはりより良い方向に(シミュPの方向に)向かっている感覚,どこかへ上昇していっているベクトルが感じられるのです。このベクトル感覚の源泉の大きな部分が,家庭や友人,地域,環境といった「場」なのです(注)。

この上昇するベクトル感覚こそが「健康が生成してくる」ということなのだろうと思われます。健康は決して完全な身体からの欠如を補う形で気づかれるのではありません。完全な身体が意識から消えても,そのときどきで立ち現れる上昇している感覚。スピノザの「コナトゥス」に通じるものかもしれません。あるいは,予測誤差が少しずつ埋まっていく感覚に似たものかもしれません。
改めて言います。健康とは,なにか良い方向,上向きの方向へと向かっていく感覚が湧いてくることなのです。

第1章急性疾患についてはここまでです。ほかの病い体験もこのリアル自己とシミュ自己との絡み合いの中から読み解くことができます。しかしながらがんのうつ,そして慢性疾患については,かなり急性疾患とはその様相が異なります。次章から少しずつこの絡み合いを解きほぐしていこうと思います。

文献
6)オリバー・サックス.左足を取り戻すまで.1994年,晶文社
7)アーサー・W・フランク.傷ついた物語の語り手 身体・病い・倫理」2002年,ゆるみ出版
8)藤沼康樹.55歳からの家庭医療 Session2|明日から地域で働く技術とエビデンス|36|家庭医療における「回復」の構造1 HEALINGLANDSCAPE.総合診療 2020;30(9):1148-1152.
病いのギャップ(第2回)   〜シミュレーション自己とリアル自己とのギャップに関する考察〜_a0119856_21290911.jpeg
最近ちょっとシミュレーションできるようになってきてる?

by dobashinaika | 2021-08-15 21:30 | 医者が患者になった時 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(43)
(40)
(35)
(29)
(28)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(21)
(21)
(20)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

脱構築者としてのシン・ウルト..
at 2022-06-22 08:22
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-29 21:59
心房細動の早期リズムコントロ..
at 2022-05-28 08:18
心房細動治療のパラダイムシフ..
at 2022-05-21 09:32
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-09 07:09
心房細動と貧血・鉄欠乏の関連..
at 2022-05-07 07:32
noteはじめました
at 2022-05-05 21:59
心不全を合併した高頻度発作性..
at 2022-04-04 21:46
手術前の抗凝固薬は止めるべき..
at 2022-03-28 07:25
手術の前にルーチンの心電図は..
at 2022-03-26 07:02

検索

記事ランキング

最新のコメント

血栓の生成過程が理解でき..
by 河田 at 10:08
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン