人気ブログランキング | 話題のタグを見る

エドキサバン低用量は高用量に比べ脳卒中/塞栓症+大出血+死亡は少ない;ENGAGE AF事前設定解析


背景:ENGAGE AF-TIMI 48試験において,エドキサバン低用量使用と高用量使用は,心房細動の脳卒中予防の点で,ワルファリンに比べ非劣性。

対象:ENGAGE AF-TIMI 48対象患者

方法:
・低用量(30mg/日,一部15mg)vs. 高用量(60mg/日,一部30mg)。事前に予定された解析
・ネットクリニカルアウトカム(NCO):脳卒中/全身性塞栓症+大出血+死亡

結果:
1)NCO:低用量は高用量より少ない(7.26% vs. 8.01%; hazard ratio: 0.90; 95% confidence interval: 0.84 to 0.98; p = 0.014)

2)副次評価項目(障害の残る脳卒中,生命に関係する出血,全死亡)と三次評価項目(脳卒中/全身性塞栓症,生命に関係する出血,全死亡)は両群間で同等

3)ランダム割付された低用量群は高用量群に比べ,脳卒中/全身性塞栓症は高リスク(2.04% vs. 1.56%; hazard ratio: 1.31; 95% confidence interval: 1.12 to 1.52; p < 0.001)

4)一方,大出血,頭蓋内出血,大消化管出血,生命に関係する出血は低用量群で少ない

5)この結果は多数の薬理動態に関する知見に支持されている
エドキサバン低用量は高用量に比べ脳卒中/塞栓症+大出血+死亡は少ない;ENGAGE AF事前設定解析_a0119856_06302481.jpg

結論:ENGAGE AF-TIMI 48試験においては,主要評価項目は低用量群で高用量群に比べてリスク少だった。一方,二次,三次評価項目は同等だった。この結果はエビデンスに基づいたエドキサバンの用量設定個別化の点で,臨床家の助けとなる。しかしながら,認可されている高用量エドキサバンは標準治療として残る。

### 元論文のENGAGE AF-TIMI 48試験はワルファリン,エドキサバン60mg,30mgの3群RCTですが,60mg群,30mg群とも用量基準合致例の場合,より低用量処方となります,約25%の症例で低用量処方となっていました。今回は実際に服用した用量でのon- treatment 解析です。

ITT解析時とほぼ同じような結果と思いますが,低用量群は高用量群に比べ,虚血性脳卒中は多くなり,出血は少ないです。それも大出血はめちゃくちゃ少ないです。高用量群のの2/3以下(HR0.64)です。その分虚血性脳卒中は HR1.30と増えています。本解析のときも低用量群はワルファリンよりも虚血性脳卒中が多かったので,これは改めて要注意です。

ただし死亡,あるいは主要評価項目となると大出血が非常に少ない分,高用量より優位となります。ランダム割付でこの結果ですので,だったら最初から低用量でもいい?と一瞬考えるかもしれません。

たしかにELDERCARE-AFで示された低用量処方の流れの一貫として。とくに出血リスクの高い症例でのエドキサバン低用量は考えうる選択肢かと思います。

しかしながら虚血性脳卒中は確実に増えますので,高用量基準に達している患者さんに出血を危惧して低用量を処方することはできる限り避けたいというのもこの論文のメッセージかと考えます。

エドキサバン低用量は高用量に比べ脳卒中/塞栓症+大出血+死亡は少ない;ENGAGE AF事前設定解析_a0119856_06332505.jpeg

by dobashinaika | 2021-03-06 06:37 | 抗凝固療法:エドキサバン | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(42)
(40)
(35)
(28)
(28)
(27)
(25)
(24)
(22)
(21)
(21)
(21)
(18)
(16)
(15)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

心房細動新規診断後の禁酒はそ..
at 2021-06-16 07:10
2021EHRAのNOAC使..
at 2021-06-14 07:15
診断から1年以内の心房細動に..
at 2021-05-25 07:33
SGLT2阻害薬の抗不整脈作..
at 2021-05-15 07:32
2021EHRAのNOAC使..
at 2021-05-07 07:17
COVID-19患者の抗血栓..
at 2021-04-28 06:55
原因不明の脳卒中患者の心房細..
at 2021-04-21 07:12
2021年時点における抜歯,..
at 2021-04-08 07:26
音楽は不整脈に由来する?:不..
at 2021-04-06 07:23
日本のGP(開業医)における..
at 2021-04-05 07:35

検索

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14

以前の記事

2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン