人気ブログランキング |

クライオバルーンアブレーションの発作性心房細動第一選択治療としての有効性安全性を示す2つの論文:NEJMより


疑問:発作性心房細動患者のファーストライン治療として,抗不整脈薬とクライオアブレーションの効果の違いは?

方法:
P:発作性,未治療の心房細動303例
E:クライオアブレーション
C:抗不整脈薬
O:主要エンドポイント:心房頻拍再発の初回記録。副次エンドポイント:症候性不整脈フリー期間,AF負担,QOL
T;ランダム化比較,追跡12ヶ月
・術後評価は植込み型モニタリング

結果:
1)再発:アブレーション群42.9%vs. 抗不整脈薬群67.8%:hazard ratio, 0.48; 95%CI, 0.35 to 0.66; P<0.001

2)症候性不整脈再発:アブレーション群11%vs. 抗不整脈薬群26.2%:HR 0.39; 95% CI, 0.22 to 0.68

3)心房細動持続時間の中間位:アブレーション群0%vs. 抗不整脈薬群0.13%

4)重大な有害事象:アブレーション群3.2%vs. 抗不整脈薬群4.0%
クライオバルーンアブレーションの発作性心房細動第一選択治療としての有効性安全性を示す2つの論文:NEJMより_a0119856_07305850.jpeg
結論:症候性発作性心房細動の初期治療において,持続的リズムモニタリングを用いた場合,クライオアブレーションは抗不整脈薬に比べ,再発は有意に低値であった。



疑問:ファーストライン治療としてクライオアブレーションの有効性,安全性は?

方法:
P:発作性,未治療の心房細動203例
E:クライオアブレーション(PV隔離):104例
C:抗不整脈薬:99例
O;主要有効エンドポイント:初回不成功なし or 心房性不整脈再発なし(90日ブランキング期間後),主要安全性エンドポイント(アブレーション群のみ):手技,クライオシステムによる重大な有害事象
T:ランダム化比較
・術後評価は1.3.6.12ヶ月後の12誘導心電図,週毎および3−12ヶ月後の症状発現時の伝送心電図,6,12ヶ月時の24時間ホルター

結果:
1)アブレーション群:初回成功率97%

2)12ヶ月後の治療成功率:アブレーション群74.6% vs. 抗不整脈薬群45.0%(P<0.001 by log-rank test)

3)12ヶ月後の安全性エンドポイント:アブレーション群2例,1.9%
クライオバルーンアブレーションの発作性心房細動第一選択治療としての有効性安全性を示す2つの論文:NEJMより_a0119856_07321471.jpeg
結論:クライオアブレーションは発作性心房細動患者の第一選択治療として,心房性不整脈再発の点で抗不整脈薬を上回った。手技に関連した有害事象はまれだった。

### 昨年11月のNEJMに同時発表された,クライオアブレーションに関する2本の論文,EARLY-AF trial とSTOP AF First trialです。

どちらもクライオアブレーションと抗不整脈薬のRCTで,主に再発をエンドポイントとし,対象も平均60歳程度とほぼ同様のフレームです。違いは再発の評価方法で前者は植え込み型モニタリング,後者がホルター,伝送などの心電図です。

1年後までの非再発率は前者がアブレーション群で57.1%、抗不整脈薬群で32.2%,後者がアブレーション群74.6%、抗不整脈薬群45.0%でした。植え込み型モニタリングのほうが非再発率が低かったのは,そうしないと再発を過小評価するためと思われます。

60歳前後で心房細動を見たら,症状があればアブレーション(クライオも含む)が第一選択が潮流になると思われます(もはやとっくにそうなっている)。問題は症状がないときはどうするか,70歳以上のときはどうするか。今後も注目したいところです。

$$$ 2.13の地震では多くの方からエールを頂きました。幸い当院は,診察室の時計が床に落ちたく
クライオバルーンアブレーションの発作性心房細動第一選択治療としての有効性安全性を示す2つの論文:NEJMより_a0119856_07332745.jpeg
らいの被害ですみました。一日も早い復興を祈念いたします。


by dobashinaika | 2021-02-15 07:36 | 心房細動:アブレーション | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(41)
(40)
(35)
(28)
(27)
(27)
(25)
(24)
(21)
(21)
(21)
(21)
(18)
(16)
(15)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

心房細動アブレーションは薬物..
at 2021-03-01 06:52
クライオバルーンアブレーショ..
at 2021-02-15 07:36
高リスク心房細動患者における..
at 2021-02-02 07:23
DOACの不適切低用量処方は..
at 2021-01-21 07:03
診療看護師主導の高齢者心房細..
at 2021-01-19 06:55
訓練を受けたチームによる看護..
at 2021-01-17 22:08
1日1ドリンクの飲酒で心房細..
at 2021-01-16 07:15
デジタルヘルスとイノベーショ..
at 2021-01-14 08:31
術後心房細動は,死亡率,心血..
at 2021-01-10 06:36
心房細動リズムコントロールの..
at 2021-01-07 07:32

検索

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14

以前の記事

2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン