人気ブログランキング |

南山堂の雑誌「治療」3月号特集「救急じゃない心電図」が発売されました。

私が編集幹事を担当させていただきました,南山堂の雑誌「治療」3月号特集「救急じゃない心電図」が発売されました。

自分で言うのもなんですが拾い読みするだけでもすごい勉強になりました。
いまさら心電図?という疑問に少しでも答えられれば幸いです。
序文はあいからわずAIネタです。
今月はもう1つ担当した雑誌が出ますのでよろしくお願いいたします。
a0119856_22272493.png
序文「今月の視点」及び巻末の「心に残った言葉」を引用させていただきます。

来るべきAI時代,にもかかわらず心電図を読む「意味」とは?
 1903年,オランダの生理学者Willem Einthovenは,心臓の電気活動を記録することに成功し1924年ノーベル賞を受賞しました。当時の心電図はすでに現在と変わらない正確さでしたが,その時点では単なる「曲線」にしか過ぎませんでした。それに「意味」を与えたのが,田原淳博士による刺激伝導系の解明でした。解剖学的研究により,単なる波の一つ一つが意味を持つようになったのです。
 心電図はその後の研究により,「心臓疾患」というさまざまな意味も持つことがわかりました。未だに循環器疾患の基本的ツールとして揺るぎないのは,その簡便さとそれに比して多くの意味を私たちに教えてくれるからです。ごく最近まで私たちはこの単なる「曲線」から様々な意味を読み取るべく勉強したのでした。
 今,そうした勉強をしなくてもその意味を人間よりも正確に教えてくれる先生が出現しようとしています。そう,AI(人工知能)です。すでに開発が進んでいる通り,近い将来心電図の読影は恐ろしい正確さでAIが行ってくれるでしょう。その時私たちの出番はなくなるのでしょうか。
 いや,そんなことはないでしょう。AIが教えてくれるのはあくまで心電図という電気信号が発する意味です。特に救急の場ではなく十分時間が与えられている場合,その意味が,患者さんの「全身状態」という文脈の中でどのような別の意味に変換されるのか。さらには心電図の意味が,その患者さんの生活世界という文脈の中にどのような新しい意味を持つのか。AIが与えた意味を,さらに大きな文脈の中の意味に変換することが重要になると思われます,それはAIにはできない,そしてそれこそがこれからの医師に求められることかもしれません。文脈の中の心電図の意味,本企画がそんな事を考えるきっかけになれば幸いです。
出典(雑誌「治療」2019年3月号「今月の視点」より)

「なぜ意思決定支援なのか?欲望決定支援でなぜいけないのか?」
 2018年9月23日、超満員の東京大学駒場キャンパス大教室で行われたシンポジウム「オープンダイアローグと中動態の世界」において哲学者の國分功一郎さんの講演で語られたのがこの言葉で、FBやツイッターでも大いに話題となりました。
 インフォームドコンセントの名の下に、結局は患者さんに意思決定の責任を押し付けてはいないか。良心的な医師なら誰しもこう思うことがあるのではないでしょうか。國分さんはそうした意思決定は「冷たいもの」であり、より熱い「欲望」に患者さんが自ら気付くことを支援せよと訴えます。
 実際、患者さんの欲望は複雑です。「脳梗塞にはなりたくない、でも美味しいものは食べたい」。こうした単純でない欲望を良い方向に形成していくための支援はすごく難しいように思います。でもだからといって本当の欲望かもわからない「意思」を仕立て上げ責任を押し付けるような支援はしたくない。この言葉は臨床家に、膝打ちをさせながらも重い宿題を背負わせる。そんな提言かもしれません。
出典(雑誌「治療」2019年3月号「編集幹事の先生に聞く心に残った言葉」より)



by dobashinaika | 2019-03-02 22:28 | 不整脈全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン