2017年 心房細動関連ガイドライン/総説まとめ

昨日に引き続き,2017年年間ベストです。

今回は,論文ではなく,ガイドラインまたは総説です。

今回は順位付けなく順不同です。

ついでに,心房細動以外の循環器領域で,大変参考になる,あるいは目についた論文/ガイドラインを3つほど挙げました。ご参考になれば幸いです。


#ガイドライン/総説


・心房細動管理の統合的アプローチ法=ABCパスウェイ


The ABC pathway: an integrated approach to improve AF managementNature Reviews Cardiology(2017)doi:10.1038/nrcardio.2017.153

よくいわれるように「Avoid stroke:脳卒中予防」「Better symptom management:症状の管理」「Cardiovascular and comorbidity:リスク因子の管理」の3本立てです。

a0119856_21471275.jpg

・心房細動スクリーニングに関する6つのキーポイント


Screening for Atrial Fibrillation:A Report of the AF-SCREEN International Collaboration Circulation. 2017;135:1851-1867

だれに,どこで,どのように,の観点から上手にまとめられています。

a0119856_21481697.jpg


・抗凝固薬の適応と使い分けのシンプルなアルゴリズム:


Stroke prevention in Atrial Fibrillation Gregory Y. H. LipEur Heart J (2017) 38 (1): 4-5. DOI:https://doi.org/10.1093/eurheartj/ehw584

当ブログでも何回か取り上げた,CHA2DS2-VAScスコアとSAMe-TT2R2スコアを組み合わせたシンプルなモデルです。

a0119856_21485039.jpg

・抗凝固薬の出血管理に関するACCのコンセンサス文書


2017 ACC Expert Consensus Decision Pathway on Management of Bleeding in Patients on Oral AnticoagulantsA Report of the American College of Cardiology Task Force on Expert Consensus Decision PathwaysJACC DOI: 10.1016/j.jacc.2017.09.1085

1)出血の評価と重症度判定,2)出血の管理・コントロール,3)抗凝固薬の再開とその時期の決定 の3ステップでまとまっています。

a0119856_21495683.jpg


・ACCによる周術期の抗凝固療法に関する意思決定パスウェイ:ヘパリンブリッジの適応は超限定的


2017 ACC Expert Consensus Decision Pathway for Periprocedural Management of Anticoagulation in Patients With Nonvalvular Atrial Fibrillation A Report of the American College of Cardiology Clinical Expert Consensus Document Task Force Journal of the American College of Cardiology DOI: 10.1016/j.jacc.2016.11.024

ヘパリンブリッジングは,今後限られた症例でおこなわれることになるのでしょうか?

a0119856_21521164.gif
a0119856_21523088.gif


・抗凝固薬+抗血小板薬併用療法の新しいガESCイドライン


2017 ESC focused update on dual antiplatelet therapy in coronary artery disease developed in collaboration with EACTS: The Task Force for dual antiplatelet therapy in coronary artery disease of the European Society of Cardiology (ESC) and of the European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS) European Heart Journal, ehx419, https://doi.org/10.1093/eurheartj/ehx419


基本としては

1)トリプル1ヶ月→デュアル12ヶ月まで→OACのみ,が中心にあり

2)梗塞高リスクならトリプル6ヶ月→デュアル12ヶ月まで→OACのみ

3)出血高リスクならトリプルなしにデュアル12ヶ月→OACのみ

となっています。

a0119856_21503968.png


# 循環器(不整脈以外)で参考になったもの,話題になったもの


・2017年版失神患者の評価と管理に関するガイドライン(米国):JACC誌

2017 ACC/AHA/HRS Guideline for the Evaluation and Management of Patients With Syncope: A Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Clinical Practice Guidelines, and the Heart Rhythm Society. J Am Coll Cardiol 2017;Mar 9:[Epub ahead of print]


・COMPASS試験

Rivaroxaban With or Without Aspirin in Stable Cardiovascular DiseaseN Engl J Med. 2017 Aug 27. doi: 10.1056/NEJMoa1709118


・2017米国高血圧ガイドライン

2017 ACC/AHA/AAPA/ABC/ACPM/AGS/APhA/ASH/ASPC/NMA/PCNA Guideline for the Prevention, Detection, Evaluation, and Management of High Blood Pressure in AdultsA Report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Clinical Practice Guidelines





by dobashinaika | 2018-01-09 21:53 | 心房細動診療:根本原理 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(30)
(29)
(25)
(25)
(23)
(23)
(21)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(14)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(12)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

胸腔鏡下左心耳切除術は左心耳..
at 2018-06-13 06:13
周術期の塞栓症予防と出血リス..
at 2018-06-12 07:15
日経メディカルオンライン連載..
at 2018-05-30 19:23
リバーロキサバンは塞栓源不明..
at 2018-05-29 06:54
6月30日(土) 第13回ど..
at 2018-05-13 18:05
AF burdenという概念..
at 2018-05-12 05:49
欧州不整脈学会(EHRA)の..
at 2018-03-30 23:18
抗凝固療法に対する患者と医療..
at 2018-03-29 00:03
心房細動と認知症の関係に関す..
at 2018-03-25 22:36
アップルウォッチやスマホによ..
at 2018-03-22 22:04

検索

記事ランキング

最新のコメント

> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン