人気ブログランキング |

共病記(11)〜医者が患者になった時〜:医療に(究極の)役割があるとすれば

3回めのMRIで、どうやら血管の解離の進行は止まったようだと主治医の先生から告げられました。それを聞いて、もちろんとても安心したし、5つの「不」のうちの最後の「不」である、「不安」のかなりの部分が暗雲が晴れるように収束して行くのを感じました。それと同時にそれまでの例のめまいや後頭部のもっさり感もちょっとだけでも軽くなったように感じたのです。

これは、もちろん5つの「不」のうちの「不確実」が、「もう山場は乗り切りました」と先生に言われたことで大幅に軽減されたのが直接の原因だったに違いはありません。「言葉のじぶん」が医師の言葉を通じて医学的に未来の不幸な事態の可能性が小さくなったことを理解したからです。「知」のちからが「言葉のじぶん」に作用したのです。

でも、やっぱリそれでも未来というのは、特にまだこの段階では自分の脳の状態がどう転ぶかは疑い始めればきりがないというのも事実でしょう。疑い始めれば解消することはできない、これが不確実性であり、未来というものの本質です。なのになぜ、主治医の言葉で痛い苦しいの症状まで緩和されるのでしょうか?それは、ありきたりな表現かもしれませんが、私が先生を「信じていた」からにほかなりません。それはそれまでの先生との診察、対話、先生の物腰や知識と経験、そうした総体としての存在自体への信頼であり、先生と私との関係性への信頼ということができます。

「言葉のじぶん」が知識で理解するのに対し、医師への信頼は「身体のじぶん」が、より混沌とし瀑とした「身体」が、言葉でと言うより身体それ自身で納得し信頼するという感じです。同じことは医療従事者あるいは医療という行為全般にも当てはめることができます。

MRIの結果を聞いてからは、それまでは後頭部からお腹までにかけて言葉に出来ないようなもっさり感だったのが、この時あたりから、「いつもはいろいろ場所は動くけれどもいちおう頭に限定した痛みがある」「それとは別に体を動かすとふわふわ浮くような感覚がある」というように、自分の症状を時間や体の部位によって区別できるようになってきたのです。

痛い、苦しい、それを言葉にすることが困難だった「身体のじぶん」を、「言葉のじぶん」が分析し、整理し、区分けできるようになってきた。まさにこの「区分け」するということが病気の回復ということなのかもしれないということを実感しました。

そしてこの「区分け」のときにこそ、医療者を始めとする周りの人々、いわゆる他者の果たす役割の大きいことに気付かされました。たとえば、頭痛のために氷枕を使っていたのですが、それでも痛くて顔をしかめていた時、朝、点滴交換にみえた看護師さんがアイスノンを鉢巻きのようにビニールに巻いて持ってきてくれました。また、看護師さんにしばらく清拭をしていただいたのですが、その時の声がけや、体の動かし方など、経験豊富とは思いますが、それにしても本当に私の痛み苦しみをこれ以上悪くしないような気遣いで、拭いたり、体を横に向けたりしてくれるのです。

5つの「不」うち、自分の痛み苦しみは絶対分かり合うことはできない、つまり「不可能」ということを厳然と自覚しましたし、そしてそれは今でも感じます。自分の苦しみ、病の体験は誰とも共有できない唯一無二のものであるのだということを。

でも、この「不可能」は「不可能」のままで終わるのかというとそうではないのですね。痛い苦しいとかんじている「身体のじぶん」のその痛み苦しみそのものは誰もわかることはできません。痛みは自分にしかわからない、他人が同情することはできない。それはそうなのです。でも、しかし、「身体のじぶん」が痛いのだということを「言葉のじぶん」がどう痛いのか、どう感じているのか、どう不安なのかを意味づけしている。その仕方そのものを他者がわかることで病者は不安から幾許かも解消されると思うのです。痛みや苦しみは、それ自体理解不可能なものであると同時に、それでも他者と共感するルートを持っているいわば両義的なものとしてあるように思われます。

もうすこしくだいて言うと、「苦しみ」それ自体をわかることは他者には不可能だけれど、「苦しい」とその人がかんじているという、その事自体ならわかることができる。そして「苦しい」と感じていることを、医療者を始めとする他者が「わかっているということ」を病者が「わかる」ことで、病者は不安から少しでも解放される。言ってみれば、「身体のじぶん」を「言葉の自分」が区分けしている(使い古された言葉で言えば物語化ですね)、その区分けに承認を与えることが安心につながる一縷の糸のようなものだということができます。

そしてこうした承認を病者は、言葉よりもそれこそ点滴を取り替えるときとか、清拭の時とかといった診療時間の隙間みたいなふとしたときに感じるように思います。「さああなたの苦しみを傾聴しますよ」みたいにされるとかえってダメなのかもしれません。場合によっては、思っていてくれる存在がそばにいてくれる、それだけでもいくばくかの救いなのです。

このように、患者が、苦しい自分が承認されていると感じるようになることは、知識や言葉だけではなく、「身体のじぶん」と、そして「身体のじぶん」と「言葉のじぶん」の関係性にアプローチすることではじめて伝わるものです。患者と医療者の接する場面場面の会話や何気ない所作、医療行為からリハビリ、食事、排泄、清拭までにいたるその医療施設のシステムや資源全体への信頼が、このアプローチを実りあるものにする気がします。

不確実なる未来に少しでも確実な「知」を示し「言葉のじぶん」にアプローチすること、それと同時に苦しみそのものはわからないけれども苦しんでいるということ自体に共感すること(「身体の自分」と「言葉のじぶん」の関係性にアプローチすること)。医療の役割は(究極とは言わないまでも)、突き詰めていけばこの2つの側面にまとめられるかもしれません。

3年前のNHKの朝ドラ「梅ちゃん先生」で医師役の世良公則が言った言葉、「医者っていうのはね、そこにいるだけでいいんだ」。このときはさらっと聞き流したのですが、今になって改めて違った深みを持って迫ってくるのです。ただそう考えていくと、頭とか言葉とかスキルとか、そんなのでなく「存在」の問題となってきて、もっと辛いわけではありますが。。。。

最後に、患者の体験にはこのようにいわゆる言語化したり物語化したリできないものがあるようにも思います。あるいはそうした物語化をはじめからしない、できない、したくない患者さんも存在します。その辺のことを考えるといよいよ医療の核心に迫っていくことになりますが(そうでもないか)、それにはもう少し時間を頂戴したいと思います。

$$$ここは兼六園、ではなくて、もと酒造会社にあった庭園です。池に氷が張っていました。
共病記(11)〜医者が患者になった時〜:医療に(究極の)役割があるとすれば_a0119856_0173565.jpg

by dobashinaika | 2015-02-12 00:27 | 医者が患者になった時 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-20 08:18
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-11 18:52
アルコール常用者の禁酒は心房..
at 2020-01-10 07:28
心房細動な日々 dobas..
at 2020-01-09 08:49
European Heart..
at 2020-01-08 07:30
AI対応心電図は洞調律から心..
at 2019-12-27 19:03
【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン