人気ブログランキング |

バルサルタン問題で刑事告発:今こそ”宣伝に基づく医療”から脱却できるチャンス

厚生労働省が,バルサルタン(ティオバン™)問題でノバルティスファーマとその社員を薬事法違反(誇大広告)容疑で東京地検に刑事告発しました。

そして私が,毎日新聞社の取材に答えた記事が,同新聞のホームページに掲載されています。
http://mainichi.jp/select/news/20140109k0000e040157000c.html?inb=tw

ここで述べているように,製薬会社の責任は当然問われるべきです。医療者皆が憤りを感じています。

ただ,製薬会社のみを責めるに終始しても,事の本質は見えません。
この件について,字数の都合で掲載されなかった私の言いたいことを述べたいと思います。

このような大きな社会問題の場合,個々のプレイヤーだけ見ていてもゲーム(とあえて呼びます)の大筋は見えません。
ゲームを形作る構造に目を向ける必要があります。

本問題のプレイヤーは,製薬会社,オピニオンリーダー,現場医師,そして患者さんの4者です。
今回はもちろん患者さんには何の責任もありません。前3者それぞれに責任があると思います。
そして私が一番の問題だと思うのは,薬剤に関する情報の流れに関する構造そのものです。

最近は若手医師を中心に,EBMの基本にのっとり自ら医療情報を入手し,批判的吟味を行い治療の適応を考える医師も増えていると思います。
しかし日本に良い二次情報のリソースが無いことや,言語の壁もあって,プライマリケアの現場全体としては(特に年配層),自ら医療情報を収集する態度には乏しいように思います。

特に新薬に関する情報の流れというのは,
製薬会社の出すパンフレット,医学雑誌などの広告,各都市のホテルなどで開かれる講演会

大学や病院のいわゆるオピニオンリーダーがそうした場で情報を発信

現場医師が参考にし

患者さんに薬剤を処方

というストリームが,やはり一番大きいのではないかと思います。

いや,私は,きちんと論文を読むなりUpToDateに当たるなりしている,という先生もおられるかもしれません。
しかし,ディオバンが世に出回った時,probe法の危うさや,複合エンドポイントのからくりを大きな流れを持って明らかにできなかったのは,それはちょっと違うよねといって,ディオバンの席巻に待ったをかけられなかったのは,それ以上に大きな流れ,つまり「宣伝に基づく医療」の大きな流れに,我々が依存していたからにほかならないと思うのです。

じゃあ,どうすればいいか。現場医師として2つやることがあると思います。
1つは,やはり自らの情報リテラシーを高めるしかない,です。
幸いこちらの領域には,素晴らしいオピニオンリダーの先生がたくさんいらっしゃいます。学校教育でEBMの施しを受けていない世代は,そうした人の著書やサイト,セミナー等で論文の読み方を吸収し,最低でも医学論文の基本的な読み方を,聴診器の使い方と同様のレベルでする必要があります。

もう1つは,我々の情報入手のあり方そのものを製薬会社とは独立した形で創出することです。
これを機会に製薬会社共催,主催と言った講演会,セミナーからの脱却を図るのです。
もちろん,まだまだ新薬などの情報については情報の非対称性があり製薬会社からの情報提供は必要です。
しかし,それとて,会社主導でなく,例えば医師会,例えば大学病院の専門医などを中心とした小規模な勉強会を各地域ごとで開くというような形を創出することで,「会社の製品」というバイアスのかかった情報からフリーな医学知識を共有する場を作るのです。
会社の学術の人はオブザーバー参加などの形にするという方法もあると思います。
このときメーリングリストとかSNSの果たす役割は大きい物があると思われます(このことはまた別に書きたい)。

かく言う私も,この問題が起きるまでは,製薬会社の講演会に参加し,少数ながら講演料などはいただき,共催の会の世話人になるなどにあまり疑問を持たずにやって来ました。しかしこの問題を契機に,我々現場の医師といえども,いやだからこそ,自分の判断力にバイアスをかけないためにも襟を正すべきだと思うようになり,講演の際の謝礼などはすべてお断りするようにしています。

今回のバルサルタン問題は倫理意識の向上も含めてやはり現場から,医療情報共有のあり方を洗いなおす,ある意味良いチャンスであると思います。暗中模索しながら,医療情報に関して「自立した」医療者を目指したいものだと思います。

以下のブログも参照ください。
ディオバン問題での患者さん説明用パンフレット
http://dobashin.exblog.jp/18253831/

アンジオテンシン受容対拮抗薬についての復習
http://dobashin.exblog.jp/18083317

私のより言いたいことは,毎日新聞の12月26日夕刊に掲載されていますので,ご参照ください。
a0119856_232255100.jpg

by dobashinaika | 2014-01-09 23:25 | 循環器疾患その他 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(34)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00
オープンダイアローグと診療所診療
at 2019-08-13 07:00
周術期ヘパリンブリッジなしで..
at 2019-08-09 06:28
日経メディカルオンライン更新..
at 2019-08-06 07:30

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン