人気ブログランキング | 話題のタグを見る

「その医者ごと」から「そのひとごと」の管理・治療へ:EHRAの心房細動治療 に関するコンセンサス

Europace 11月号より

Personalized management of atrial fibrillation: Proceedings from the fourth Atrial Fibrillation competence NETwork/European Heart Rhythm Association consensus conference
Europace (2013) 15 (11): 1540-1556.



ヨーロッパ不整脈学会(EHRA)から心房細動に関するコンセンサスカンファランスの議事録がでています。

これがすごくまとまっていて、近年の心房細動診療をどう捉えたらよいかという基本コンセプトが一網打尽でわかるような素晴らしい内容になっています。

基本思想は”Personalized management"。つまり「そのひとごとの管理」「個別的管理」ということです。
パーソナライズというのは、ネット世界では、アマゾンのように、その人の属性や履歴に応じてサービスを提供することを指すようです(以下参照)が、
http://e-words.jp/w/E38391E383BCE382BDE3838AE383A9E382A4E382BA.html

こと医療の世界では、そんなこと当たり前といえば当たり前なわけで、「そのひとごと」にしか医療というのはできないに決まっているわけです。

そこをあえて”Personalized”と掲げるのは、例えば20年前に比べて心房細動患者さんの評価法が格段に進歩して、より詳細で個別的な情報収集と対応ができるようになったためと思われます。何と言っても、少し前まではどんな人にワーファリンを処方したらよいか、どこまでリズム治療を引っ張ればよいか、手探り状態だったと行っても良い状況でしたから。で、結局は「その医者ごと」に治療が決まっていたように思います。

まずイントロで、こうした「個別化」に役立つ5つのドメインとし
1)臨床症状とリスク因子
2)道具としての心電図 
3)脳イメージング 
4)心臓イメージング 
5)バイオマーカ 

が挙げられています。
「その医者ごと」から「そのひとごと」の管理・治療へ:EHRAの心房細動治療 に関するコンセンサス_a0119856_23155047.gif

で、「臨床症状とリスク因子」における現代的アプローチ法として以下の様な心房細動患者のステップワイズ意思決定の概念が提唱されています。すなわち
1)緊急性を要する状態か?:緊急除細動Yes/No
2)初期評価:治療を規定するような背景因子
3)脳卒中リスク、抗凝固療法:抗凝固療法の決定、禁忌の評価、薬剤選択(患者の好み、治療計画、腎機能など)
4)レートコントロール:レートコントロール必要性の評価、適切な薬剤選択
5)リズムコントロール:リズムコントロールの決定、戦略(症状)、初期治療の選択(心臓専門医)
「その医者ごと」から「そのひとごと」の管理・治療へ:EHRAの心房細動治療 に関するコンセンサス_a0119856_23183067.gif

心房細動診療のコンセプトとしてスッキリしてわかりやすいストリームですね。

各論はまた別にアップするとして、最後のサマリーに各種モダリティーを用いての「そのひとごとの」心房細動管理モデルがシェーマ化されています。ゲノムから症状、合併心疾患、全身性因子、に至るまでを多角的に評価し管理せよということですねー。
「その医者ごと」から「そのひとごと」の管理・治療へ:EHRAの心房細動治療 に関するコンセンサス_a0119856_23163821.gif

この考え方は納得なのですが、私としましては、この矢印の中に"Patient preference"とか”Patient narative”なども入れて欲しいし、引いては”Patient's family""Patient's work environment"なども考慮したいところですが。。。

まあ今回のコンセンサス(というかこうした専門家集団のコンセンサスというの)は、あくまで病態生理&エビデンスからみた「そのひとごと」というコンセプトだと思われますので、そこは場違いかもしれませんが。

最後に、心房細動の臨床分類が以下のように提示されています。

特徴的心房細動
・単一遺伝子心房細動:チャネル異常を含む遺伝的心筋症に合併したもの
・巣状誘発性心房細動:反復性のショートランや頻発制で短時間の発作性心房細動。症状強く若年者に多い
・術後心房細動:

複雑型心房細動
・弁膜症性心房細動
・高齢者の心房細動:80歳以上
・多源性心房細動:早期から発症する遺伝子変異によるもの
・分類不能心房細動

主に病態生理に基づいたものですが、新しい分類法ですね。

これから各論も読み込みたいと思います。
by dobashinaika | 2013-11-15 23:19 | 心房細動診療:根本原理 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(44)
(40)
(35)
(31)
(28)
(28)
(25)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法 [PR]


プライマリ・ケア医のための心房細動入門 [PR]

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌] [PR]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味 [PR]


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から [PR]


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく) [PR]


健康格差社会への処方箋 [PR]


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書) [PR]

最新の記事

心房細動診療に残された大きな..
at 2024-01-03 23:00
東日本大震災と熊本地震におけ..
at 2024-01-02 16:11
脳梗塞発症後の心房細動患者に..
at 2024-01-01 18:41
ACC/AHAなどから202..
at 2023-12-10 23:12
ライフスタイルを重視した新し..
at 2023-11-06 21:31
入院中に心房細動が初めて記録..
at 2023-11-05 11:14
フレイル高齢心房細動患者では..
at 2023-08-30 22:39
左心耳閉鎖術に関するコンセン..
at 2023-06-10 07:29
患者ー医療者間の「心房細動体..
at 2023-04-26 07:27
心房細動における認知症の評価..
at 2023-04-20 07:29

検索

記事ランキング

最新のコメント

血栓の生成過程が理解でき..
by 河田 at 10:08
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29

以前の記事

2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 08月
2023年 06月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン