人気ブログランキング | 話題のタグを見る

第77回日本循環器学会学術集会1日目見聞記(1)プラザキサ使用経験、J-RHYTHMレジストリーなど

第77回日本循環器学会学術集会の報告第1弾です。

午前中は「一般口述3:血栓塞栓症、抗血栓療法、血栓溶解」のセッションを聞きました。
明日から役に立つ情報の観点から、箇条書きでまとめます。
関連する午後のFeatured Research セッション(静岡赤十字病院)とプレナリ―セッション(心臓血管研究所)からの報告も合わせてまとめました。

なお以下の内容は、小田倉が受け取った情報を記すもので、文責はすべて小田倉にあります。内容の誤りはご指摘いただければ幸いです。

***PTINR2.0以上は70歳以下にも適しているか(OJ013:静岡市立静岡病院から)・480人の心房細動例の解析では、70歳以下の人で塞栓症3人(うち2人はINR1.6未満)、出血1人INR1.6~2.0) であり、イベント自体少ない。
・INR管理状況は70歳以上と以下で同じなので、年齢によらず2.0位を目指してもイベント発症率は同じ

***ダビガトラン服用下のaPTT上昇と患者背景の関係(OJ014:心臓血管研究所から)・404例中午前中aPTT測定の195例において、aPTT60秒(施設正常域の中央値の2倍)でみた場合、60秒以上になった例は20~30%。
・年齢56歳以上、体重68kg未満、Cr1.0/0.7(男/女)の3因子が多いほど、aPTT高値
・反対に因子数ゼロならaPTT低値

***Jリズムレジストリーで抗血小板薬併用群での心血管イベントリスク(OJ015;藤田保健衛生大学から)
・Jリズムレジストリーではワーファリン単独73%、抗血小板薬単独8%、併用16%
・ワーファリン単独群を1とすると、脳血栓/全身性塞栓は抗血小板群2.38、併用群0.94
・出血は抗血小板群0.78、併用群1.65
・併用群では出血の既往例、CHADS2スコア高値例で出血多い
・併用群は梗塞は同じで、出血だけ増えた

***日本の発作性心房細動患者で脳梗塞のリスク層別化は妥当か(OJ016岩手医科大から)・未治療332例対象でCHADS2スコア0点35%、1点23%
・心不全が年間発症率4.4%、脳卒中/TIAの既往が10%と高リスク

***出血リスクの新しいスコア;AKBスコア(OJ017:藤田保健衛生大学から)・抗血小板薬併用(A)、腎機能CCr30未満(K)、出血の既往(B)の3因子でのリスク層別化はC統計量0.71でATRIAスコアやHAS-BLEDスコアより良好

***CHADS2スコア低値例での左心耳血栓を生じるリスク因子(OJ018筑波大学から)・406例の心房細動中アブレーション前の経食道エコーで左心耳血栓は38例
・CHADS2スコア0,1点は246例60%で、そのうち12例で左心耳血栓あり
・左室EF55%未満、左房径45mm以上が左心耳血栓形成と関連あり

***ブルーレターはダビガトランの処方にどう影響を及ぼしたか(午後のプレナリ―セッション5:心臓血管研究所から)・上記同様404例のダビガトランの使用経験から
・ブルーレターの出血例は”too aggressive”、ブルーレターにより”guarded!が”more guarded!になった
・ブルーレター前(I期)、ブルーレター後から発売1年まで(II期)、発売1年からそ現在(III期)とすると、II期で高齢者、心不全例への投与が減ったがIII期で増加した
・塞栓症は1例(I期)、出血は1例(III期、直腸潰瘍、80歳)、頭蓋内出血なし

***aPTT低値はダビガトラン内服例での虚血性脳卒中と関係あり(FRS-028静岡赤十字病院)・129例で投与2週間後、内服150±7分で測定
・虚血性脳卒中の4例ともaPTT35秒以下
・出血の6例はaPTTに関連なし

###いろいろと知りたいことが分かったセッションでした。全体として感じたのがは、リスクをいかにとらえるかです。とくにCHADS2スコアについては、さんざん言われているように、簡便さ優先の指標がゆえに、粗雑さも併せ持っている。同じスコアでもたとえば心不全と高血圧ではその重みが違う、ということを改めて感じます。

心臓血管研究所の膨大なaPTTデータは参考になります。とくにCCr30~50の例でも最近は処方されているのが、目を引きました。aPTT低値については、測定ポイントが少なく,
交絡因子もあるため何とも言えない感じもありますが、このようなデータの積み重ねは大切と思いました。

しかし、この午前中のセッションの裏でリバーロキサバンの市販後調査の中間解析が発表されていて、ホットな議論が交わされたようですが、今回は学習優先で一般演題を聞きましたので、聞けませんでした。昨年より心房細動のセッションが多くなっているため仕方ありません。Ustとかであとで見ることができたらいいのにと思いますが、学会参加者減少につながることは絶対やられないでしょうし。

第77回日本循環器学会学術集会1日目見聞記(1)プラザキサ使用経験、J-RHYTHMレジストリーなど_a0119856_2121165.jpg

展示会場へと向かう集団。スーツネクタイ率99%。プライマリーケア系学会とは対極をなす光景ですね。黒系スーツが圧倒的に多くカラスの大群を連想してしまいました(失礼)。
by dobashinaika | 2013-03-15 21:34 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(43)
(40)
(35)
(29)
(28)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(21)
(21)
(20)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

脱構築者としてのシン・ウルト..
at 2022-06-22 08:22
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-29 21:59
心房細動の早期リズムコントロ..
at 2022-05-28 08:18
心房細動治療のパラダイムシフ..
at 2022-05-21 09:32
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-09 07:09
心房細動と貧血・鉄欠乏の関連..
at 2022-05-07 07:32
noteはじめました
at 2022-05-05 21:59
心不全を合併した高頻度発作性..
at 2022-04-04 21:46
手術前の抗凝固薬は止めるべき..
at 2022-03-28 07:25
手術の前にルーチンの心電図は..
at 2022-03-26 07:02

検索

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン