人気ブログランキング |

「ワルファリン単剤なら休薬なく生検してもよい」の意味:日経メディカルオンライン連載より

日経メディカルオンラインで連載させていただいております、”プライマリケア医のための心房細動入門」。本日、第9回を更新いたしました。

今回のテーマは”抗血栓薬休薬の最新ガイドラインを読み解く 「ワルファリン単剤なら休薬なく生検してもよい」の意味”です。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/series/odakura/201301/528619.html

昨年7月に発表された「抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン」の読み方について愚考しております。

ワルファリンを処方しながらも内視鏡をお願いする側(プライマリケア医あるいは循環器内科医)とお願いされ,実際にカメラを施行する側(消化器内科医)との間には、「リスク認知」の大きなずれがあります。

その源泉は、われわれは目の前に生じるリスク、あるいは自分が手を施したことにより起こるリスクを過大評価するという人間特有の癖です。

目の前に生じるリスクあるいは自分が手を施したことによるリスクとは、PC医、循内医にとっては、薬をやめることによる大塞栓であり、消化器内科医にとってはワルファリンを飲んだままで生検した後の出血です。
こうしたことは、言い換えれば当事者性の違いといってもよいかもしれません。ワルファリン錠数をちまちま変更しながら、血管が詰まることからの回避をひたすら腐心する循環器内科医。かれらにとっては内視鏡ごとき(消化器の先生済みません!)でだい塞栓を起こされてはたまったもんではありません。
一方内視鏡を実際やる身にとって、ワルファリンにアスピリン(時にクロピドグレルまで)まで足されて、がっぽり大きな潰瘍から露出血管が見え、血液が噴出している。そんな状況で止血に悪戦苦闘する労苦が循環器内科医にわかるのかと言いたくなる。
このようなお互いの持つ当事者性は、おそらく永久に心底わかり合えないのではないかとも思えてきます。

こうしたリスク認知のずれ,ひいては当事者性の絶望的とも思える解離が、これまで両者の間のツンデレ関係(by香坂俊先生)を生ぜしめていました。(本音はツンだが、表面上デレ)

このずれをすりあわせるには、やめるリスク、やめないリスクをクリニカルエビデンズのレベルで十分吟味することが不可欠です。
ですが、現時点でこの件に関するエビデンスは必ずしも十分なものではありません。またたとえ十分であったとしても、エビデンスだけ理性でわかっていても心底わかり合えません。

そうした場合重要となるのは、お互いのexpertize(専門性)を十分知ることではないかと思われます。特にPC医、循内医は、消化器内科医の生検をする上での注意点、スキルやマンパワーがどのくらい影響するのか、紹介する上でどういった点を注意すれば良いのか、等の点に留意する必要があります。
一方消化器内科医は、抗血栓薬がどれほど重要で、塞栓症がどの程度重篤であるのか、抗凝固薬の管理や選択の大変さなどもわかっていることが求められます。
そうしたことで、お互いのリスク認知が何に重きが置かれているのか、つまりお互いのリスク認知の癖をおもんぱかることができるかも知れません。

そして、なにより、そうしたリスク認知の擦り合わせが、不必要な塞栓症、出血、複数回の検査を減らすこと=患者の利益を基準に考えられねばなりません。

クリニカルエビデンス、専門性さらにはお互いのリスク認知の中身、そして患者の利益(これいわゆるEBMの3要素)これらを考え合わせてコラボして行くための格好のツールが今回のガイドラインではないかと思います。

と、きれいにまとめてしまいそうですが、根本的には当事者性の理解は、不可能かもしれません。しかし、患者の利益を少しでも高めると言う共通基盤の元では、不可避なことでもあるのです。

関連ブログはこちら
http://dobashin.exblog.jp/15952230/
http://dobashin.exblog.jp/15915806
http://dobashin.exblog.jp/15476080/
by dobashinaika | 2013-01-29 22:24 | 抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン