人気ブログランキング |

超高齢者の抗凝固療法こそ今後の心房細動診療の最大の問題

先週2つの抗凝固薬関連の講演会に講師として参加させていただきました。
演題名は「抗凝固薬のエビデンスとリアルワールド」。すべて最近半年以内に当院に通院された方の実例を元に問題提起をいたしました。

一番反響の大きかった症例は以下のような方です(特定できないように一部改変しております)。
85歳女性、Aさん。
高血圧、糖尿病で他院通院。お嫁さんが当院通院。通院の便から当院受診希望
心不全入院の既往あり
体重58kg、Hb12.1g/dl、血清クレアチニン0.74mg/dl、クレアチニンクリアランス 51ml/min
長谷川式簡易知能評価スケール:16点。周辺症状なし
息子さん夫婦と同居。主にお嫁さんがお世話
レザルタス、メインテート、ダイアート、ネシーナ、サインバルタ内服中
胸部単純写真CTR62.7% 、
心電図:心房細動、心拍数80/分
CHADS2スコア:4点、CHA2DS2-VAScスコア:6点


つまり高リスクではあるが、認知症を持つ超高齢の方への抗凝固療法です。
80歳以上の方に対する抗凝固療法は、十分なエビデンスがありません。心房細動関連の書物、雑誌記事、学会講演会、そしてガイドラインに至るまで、高齢者の抗凝固療法はいわゆる「特殊な患者」への治療として扱われ、たいてい後半の方で、小さな別枠で扱われるのが常です。

しかしよく考えてみましょう。当院ではこのAさんのような虚弱高齢者、いわゆるfrail elderlyの割合がかなりです。そして今後数年のうちに、このような方がものすごい勢いで増えて行くことが、推測されています。「超高齢者に対して抗凝固薬をどうするか」このとが今後の抗凝固療法のメインストリームになることは容易に想像がつきます。

脳梗塞患者さんの機能予後については例えばこのようなデータあり、心原性脳塞栓患者の5割以上が要介護4以上または死亡に至ることがわかっています。これをみるとなんとか抗凝固療法を行って脳塞栓で寝たきりになることだけは回避したいと言うインセンティブが働きます。
超高齢者の抗凝固療法こそ今後の心房細動診療の最大の問題_a0119856_23535117.jpg

心電図31:292-296.2011

一方で、高齢者は出血リスクが多く、転倒リスクもあり、認知症等から薬のアドヒアランス低下も懸念されるため、なるべく抗凝固療法は回避したいと言う思いも錯綜します。

高齢者の抗凝固療法に関するエビデンスの代表としてEPICA研究があります。80歳以上(平均84歳)対象ですが、年間大出血率1.87%と思ったよりかなり低い数字が出ています。TTRが64%とワーファリン管理の良い集団である点が大きいですが、ここから学ぶべきは出血リスクは、出血の既往、活動性癌、転倒の既往、併用薬、女性、腎機能低下、85歳以上、高血圧に規定されるということです。

高齢者の抗凝固療法の鍵は、この出血リスクをいかに軽減するかにかかっていると言っても過言ではありません。このことを実践するうえで役に立つのがHAS-BLEDスコアです。このスコアの高血圧、出血、INR不安定、抗血小板薬/NSAID/アルコールなどの各因子は、現場の努力で改善可能です。高齢者抗凝固療法の鉄則は血圧を下げる、INRを適正に保つ、併用薬をむやみに処方しない、場合によりPPI等を考慮する、と言ったマメな努力を怠ってはなりません。
超高齢者の抗凝固療法こそ今後の心房細動診療の最大の問題_a0119856_23581971.jpg


現時点では、私であれば、一応血圧管理と服薬指導を十分行いつつワーファリンを勧めてみますが、上記のことを考慮に入れた上で、最終的にご本人、もしくはキーパーソン(服薬管理者)を交えて、抗凝固療法をしないで要介護4以上になった場合の確率とインパクト(考えられうる現実)、出血した場合のリスクとインパクトをよく理解し合うことが次の段階です。

抗凝固療法に限らず、高齢者医療に確たるエビデンスはなく、特有の「不確実性」がつきまとうことは避けられないことであると思います。その際、「正しい意思決定」をすることよりももっと大切なことは、患者さん、家族、医療者間で、問題点、目標、それぞれの役割を明確にし、それを共有し合う事。いわゆる信頼関係に基づいた共通基盤を構築することであると考えます。そしてそれこそが超高齢者医療の最終目標だと思うのです。

高齢者抗凝固療法のレビューはこちら

超高齢者の抗凝固療法こそ今後の心房細動診療の最大の問題_a0119856_00932.jpg

今年最後の心房細動勉強会(秘密結社ではありません(笑))。
by dobashinaika | 2012-12-17 00:09 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(39)
(35)
(27)
(27)
(27)
(25)
(24)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

2020 年改訂版 不整脈薬..
at 2020-03-14 18:00
DOACの利益に関する低満足..
at 2020-03-05 07:24
日本における心房細動患者の脳..
at 2020-03-03 07:33
日本のNOAC/DOAC登録..
at 2020-03-02 07:21
アジア人のNOAC不適切低用..
at 2020-02-17 07:07
長期ケア施設入所者における抗..
at 2020-02-06 06:58
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-20 08:18
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-11 18:52
アルコール常用者の禁酒は心房..
at 2020-01-10 07:28
心房細動な日々 dobas..
at 2020-01-09 08:49

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン