人気ブログランキング |

アピキサバンは、高度腎機能低下例でワーファリンに比べて大出血が少ない:ARISTOTLE試験サブ解析

European Heart Journal 11月号より

Efficacy of apixaban when compared with warfarin in relation to renal function in patients with atrial fibrillation: insights from the ARISTOTLE trial
Eur Heart J (2012) 33 (22): 2821-2830.

腎機能別に見たワーファリンに対するアピキサバンの効果:ARISTOTLE試験サブ解析

P:ARISTOTLE試験参加者:GER別のサブ解析
GFRはCockcroft–Gault式およびChronic Kidney Disease Epidemiology Collaboration (CKD-EPI)式を使用

E:アピキサバン

C;ワーファリン

O:脳卒中/全身性塞栓、全死亡、大出血

結果:
1)Cockcroft–Gault式によるGFRは>80ml/分=42%。50〜80=42%、50未満=15%

2)心血管イベント&出血は腎機能低下例(80未満)でより高い

3)アピキサバンは、腎機能にかかわらず脳卒中/全身性塞栓、死亡率減少でワーファリンより効果的。この結果は腎機能の評価法によらず。

4)アピキサバンはすべてのeGFRでベルを超えて、大出血を減らす

5)大出血のハザード比はeGFR50未満の例でより大きい:Cockcroft–Gault式で0.50、CLD-EPI式で0.48
a0119856_23465039.gif


結論;心房細動では、腎機能低下が心血管イベントや出血増加と関係。アピキサバンは、ワーファリンに比べ脳卒中、死亡、大出血を、腎機能にかかわらず減少させる。腎機能低下症例において、アピキサバンの出血減少傾向が最も大きい

### CKD-EPI式は以下の通りです。色々と補正して有ることしかわかりません。
GFR (mL/min/1.73 m2) = 141 × min(Scr/κ, 1)α × max(Scr/κ, 1)−1.209 × 0.993Age × 1.018 (if female) × 1.159 (if black), where κ is 0.7 for females and 0.9 for males, α is −0.329 for females and −0.411 for males, min indicates the minimum of Scr/κ or 1, max indicates the maximum of Scr/κ or 1, and Scr is expressed in mg/dL

この論文の主要所見は2つです
1)アピキサバンは、ワーファリンに比べて、腎機能にかかわらず、脳卒中/全身性塞栓、大出血を減らした。
2)大出血は、腎機能低下例(GFR50未満)の患者においてアピキサバンの有意セガ最大だった

興味深いのはもちろん2)です。リバーロキサバンでも致死性出血は、腎機能低下例で有意にワーファリンより良かったという結果があったかと思います。ダビガトランではそういう傾向はありませんでした。
http://dobashin.exblog.jp/13427434/

ワーファリンは引用の図にもあるように、腎機能低下とともに出血を増加させることが最近問題になっていますね。肝代謝なのに意外ですね。

出血傾向と腎機能は密接な関係にあって、腎機能低下は血小板機能やvW因子の低下、尿毒症毒素の出現などで出血傾向を助長させるとEditorialで指摘されています。
Apixaban in renal insufficiency: successful navigation between the Scylla and Charybdis
Eur Heart J (2012) 33 (22): 2766-2768.


ワーファリンはそれに加えて、腎機能低下によりCYP活性の低下や蛋白結合率の変化を受けやすいため、出血が増えることが指摘されています。

ワーファリンの持つ腎機能低下時の弱点と、新規抗凝固薬の持つ腎排泄率とのせめぎあいで、腎機能低下時にワーファリンに勝つかどうかが決まるのでしょう。

Editorialでアピキサバンの腎機能低下時例の管理は“successful navigation between the Scylla and Charybdis”と例えられています。“between the Scylla and Charybdis“というのは、ギリシャ神話に出てくる、メッシーナ海峡に住む海の魔物で、漁師たちがこの二匹の真ん中でぎりぎりの航路をとって通ることから「進退窮まって」というイディオムになっているようです(Wikipediaより)

これまではワーファリン管理が、まさにbetween the Scylla and Charybdisというにピッタリだったわけですが。。新規抗凝固薬でも、やっぱり簡単ではないということがこの表現からにじみ出ていますね。
by dobashinaika | 2012-11-26 23:47 | 抗凝固療法:アピキサバン | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(34)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00
オープンダイアローグと診療所診療
at 2019-08-13 07:00
周術期ヘパリンブリッジなしで..
at 2019-08-09 06:28
日経メディカルオンライン更新..
at 2019-08-06 07:30

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン