人気ブログランキング |

なぜ薬はモニタリングしなければならないのか?

さすがに4日もブログを更新しないでいると、心配される方もおられますでしょうか(おられたら嬉しい限りです!)。自分でも更新しないとなんとなく落ち着きません。論文を読むほどの時間が取れなかったので、たまたま思い浮かんだことなど、連ねます。

抗凝固薬でそもそもなぜモニタリングするかということです。治療薬物モニタリング(TMD)をウィキペディアで調べて自分なりにデフォルメすると以下の様な理由があるようです。

1.薬の治療域が狭く、治療域と中毒域が近い
2.薬が効いているかどうかわからない
3.過剰投与による副作用が重篤
4.出血時、手術施行時等で何らかの介入または中止が必要な場合
5.患者の服薬アドヒアランス確認と向上


ワルファリンは理由1の最たるもので、これを払拭するために登場したのがダビガトランです。ダビガトランは当初モニターしなくて良い、採血しなくて良いとの触れ込みで登場しました。たしかに大規模試験のような理想的な状態であれば理由1は克服できるかもしれません。

でもやっぱりモニターは必要でした。ブルーレターで騒がれたからかもしれません。モニターでこれほど騒いでいるのは日本だけということも聞いたことがあります。

しかしながら、降圧薬、糖尿病薬、脂質低下薬、尿酸低下薬、骨粗鬆症薬等々いわゆる予防薬のたぐいは「イベントが起こらないこと」がアウトカムなので、その効果をわれわれは実感することができません。せめて「ある数値以上、あるいは以下になった時、プラセボに比べてイベントが少ない」ということがわかっていないと落ち着いて治療も出来ません。上記理由2は世の予防薬に通底する本質です。

更に抗凝固薬には「大出血」という恐ろしい副作用があります。いくら治療域が広く出血リスクは低いと言われても、インパクトが高ければ、われわれは予測しないでいられません。なんせモニターの語源は「モンスター」と同じなのですから(理由3)。

理由4に述べたように、もし万が一リスクが発生した場合のリスクヘッジにも有用です。どの時点で中和薬を投与するか、服薬を中止するか、その目安が緊急時には是非必要です。ダビガトランというのはこの点悩ましい薬です。たとえば降圧薬なら、血圧が非常に高値または低値になったら増減、追加、変更が自在に可能です。しかしダビガトランは用量が2つしかありません。あとはワーファリンです。モニターできるということは、それだけリスクヘッジも十全にできるという条件を我々に突きつけます。ワルファリンも使えるようになることが、ダビガトランをうまく使いこなす秘訣と言えます。

さて、ここまで見て、私としては、一番重視したいのは理由5です。血圧を測る、HbA1cを測る、体重を測る。モニタリングとはこのように治療効果を「見える化」することにほかなりません。モニタリングは患者さんに治療に対するモチベーションや安心感を持ってもらうツールです。このことこそ日々の診療における「マーカー」の大きな存在理由だと思います。マーカーは患者さんと医師の共通言語と考えられます。

であるので、新規抗凝固薬にはぜひとも、良いマーカーがほしいのですね。哲学的な意味でも、リスク管理の意味でも、コミュニケーションの視点からも。

このあたりのことも含め、先週のCirculation誌の
Clinical Updateに詳しい記事があります。そのうちまとめて紹介します。
Periprocedural Management and Approach to Bleeding in Patients Taking Dabigatran
Circulation. 2012; 126: 2428-2432

by dobashinaika | 2012-11-19 00:35 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン