人気ブログランキング | 話題のタグを見る

”森口騒動”で考えたこと-「科学における不正行為」と「メディアの誤報」そして科学リテラシー

今日は、心房細動を離れて先週来続いているいわゆる「森口騒動」についてちょっと考えたことをつらつらします。

今日昼休みたまたまテレビを見たら、件の「森口氏」の自宅の賃貸がどうのこうのとかといったまさしく瑣末なことをとりあげ、これまでにもあった捏造行為や経歴詐称の非を厳しくあげつらう内容でした。

もちろん件の氏に「不正行為」があったことは間違いなさそうだし、それに関する検証と責任の追求は、今後のiPS細胞の臨床応用にも大きな影響を与えるだけに、しっかり行われるべきであると思います。

しかし、こうした「科学における不正行為」は以下のWikipediaを参照するまでもなく、古今東西各分野で枚挙に暇がありません。誤解を恐れずに言えば科学に不正行為はつきものと言っても過言ではないかもしれません。
http://ja.wikipedia.org/wiki/科学における不正行為

まず押さえるべきは、科学者がこのようにくりかえし不正行為をしてしまう大きな構造、例えば容易にデータを改ざんできてしまうような組織内部の構造、スポンサーとの利益相反、論文の査読体制など、こそなのです。そしてそうした構造を生み出すに至る虚栄心、功名心、要するに人間心理のエゴにまでメスを入れるべきなのです。

メディア(特にワイドショー的な番組)にそこまで求めることは酷としても、そうした「構造」を検証することなしに個人の非ばかりを強調する報道姿勢には暗澹たる気持ちにさせられるのです。

次に、言うまでもなく今回のより大きな問題は、もう散々言われているように「メディアにおける誤報」です。これに関してもやはり古今東西、様々なメディアで各種の誤報がなされています。しかし今回のメディアの報道ではこのことを大々的に取り上げる空気は薄く、表面的な論議に終始している感があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/誤報

ここでも我々は、今回読売新聞の記者某の非や責任をあげつらうだけではなく、古来より過熱報道、誤報道が繰り返されるその構造をこそつまびらかにし、誤報道がなされてしまうようなチェック体制の甘さ、商業主義、他社との競争といった大きな枠組みの中で今回の問題を考えるべきだと思われます。

今回の問題においては、まずこうした「科学における不正行為」と「メデイアにおける誤報」とを峻別して論ずるべきです。そしてそれぞれに、それらを成り立たせている構造、その根底にある人間心理にまで立ち入って検証していく、という視点が必要です。そうした視点なく、ただ個人的不正、一新聞社の勇み足として済ませてしまっては何の生産的論議もなく、また歴史が繰り返されるだけです。

そうした論議を踏まえて見えてくるものがあります。それが「科学情報を読み解く力」つまり科学リテラシーです(リテラシーってあまりにも使われすぎていて、現時点であまり好きな言葉ではないですが)。

今回の場合、どうして読売新聞の記者が真偽を見抜けなかったのか。そしてさらに、我々読者、一般人が、ノーベル賞受賞直後の状況の中でかの情報を鵜呑みにしてしまったのではないか。かく言う私もあの日の一面を見た時、「うそだろう」と思う反面、ハーバードとMGHが緊急避難で認可したんだったらありえるかな、と思ってしまったのです。

そもそもメディア上の科学情報は、その妥当性信頼性において玉石混交であり、玉もあれば石もあります。しかしそれらの情報には、ある程度のエビデンスレベル、まあいわゆる格付けが存在していて、特に情報の信頼性に於いて、その点を常に考えながらメディアに接していくことが大切です。
(この読み取り方についてはこちらなど参照)

今回の騒動は、はからずもそうしたリテラシーについて、つまり科学情報をどのように読みとくかということについて、メディアにも、そして一般の人達にも広く考えるためのある意味と良い契機とも言えたのです。

例えば私は、今回の新聞の切り抜きを患者さんなどにお見せし、科学情報に格付けがあること、どのポイントを読めばそれがわかるのかなどを一緒に考える機会を作りたいと本気で思ったりしています。

このように科学リテラシー論議の一石となる機会なのにもかかわらず、それを瑣末な個人批判に収束させるような愚は厳に慎むべきです。

・ 森口騒動は「科学における不正行為」と「メディアにおける誤報」とを分けて論ずるべき
・ その時そうした行為、そうした誤報を個人批判に収束させるのでなく、それらを成立させるにたる「構造」を考察すべき(両者に相似な構造があるように思いますが)
・ この問題の根底に横たわる科学情報に対するリテラシー向上に向けた論議をすべき


今回の騒動で私がちょっとだけ広く主張したいこと、学んだことはこんなところです。メディアに対して最大限に怒りながらです(笑)。
by dobashinaika | 2012-10-16 00:42 | 医療の問題 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(43)
(40)
(35)
(29)
(28)
(28)
(25)
(24)
(24)
(22)
(21)
(21)
(20)
(19)
(17)
(15)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

脱構築者としてのシン・ウルト..
at 2022-06-22 08:22
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-29 21:59
心房細動の早期リズムコントロ..
at 2022-05-28 08:18
心房細動治療のパラダイムシフ..
at 2022-05-21 09:32
病気になるとはどのようなこと..
at 2022-05-09 07:09
心房細動と貧血・鉄欠乏の関連..
at 2022-05-07 07:32
noteはじめました
at 2022-05-05 21:59
心不全を合併した高頻度発作性..
at 2022-04-04 21:46
手術前の抗凝固薬は止めるべき..
at 2022-03-28 07:25
手術の前にルーチンの心電図は..
at 2022-03-26 07:02

検索

記事ランキング

最新のコメント

コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン