人気ブログランキング | 話題のタグを見る

心房細動の新たなリスク因子:Circulation誌の総説より

Circulation 5月22日号(今週号)の電子版、Circulation Topic Reviewより

Novel Risk Factors for Atrial Fibrillation : Useful for Risk Prediction and Clinical Decision Making?
Circulation. 2012;125:e941-e946


最近、研究されてきている心房細動の新しいリスク因子に関する総説

全文を入手できたので、要約して紹介します。

【家族性集積、人種差、遺伝】
<家族性集積>
・最近、一般住民における心房細動が遺伝性のものであるとの報告が増えている
・フラミンガム研究では家族歴がその子孫の心房細動のリスクを2倍にするとの報告あり
・デンマークの双子の登録研究では、双子の片方または両方が心房細動の場合、一致率は一卵性が二卵性の二倍

<人種差>
・黒人は白人より低リスク
・ARIC研究では、ヨーロッパ系統自体が心房細動のリスク(ハザード比1.17)

<一般的遺伝的変異>
・ゲノムワイド関連研究以前には、イオンチャネル、ギャップジャンクション、ANP、炎症メディエイター、RAS系の心房細動関連遺伝子が明らかにされた
・ゲノムワイド関連研究では、3つの遺伝子座が同定された:PITX2, ZFHX3, KCNN3
・小コンダクタンスカルシウム活性化カリウムチャネルが心房の再分極に重要であるとの研究がある

【幼少期の前歴】
・生下時体重の増加は関連あり

【準臨床的危険因子】
<心外膜脂肪>

・数篇の報告あり

<非高血圧レベルでの血圧>
・140/90以上の高血圧は明らかなリスク因子
・それより低いでベルはデータが希薄だが、関係ありとする報告あり

<左室拡張不全>
・拡張不全は心房心室の圧負荷の原因となり、心房リモデリングを引き起こす
・心エコーの各種拡張不全指標は心房細動リスク増加のマーカー

<準臨床的冠動脈疾患>
・MDCTで冠動脈狭窄を認める例では心房細動が多いとの報告あり

【臨床的危険因子】
<身体活動>

・適度な運動は血圧、BMI、冠動脈疾患を減らし、ひいては心房細動を減らす
・しかし過度の運動はリスクを増やす。

<CKD>
・ARIC研究ではアルブミン尿と心房細動の関係が明らかにされた。
・REGARDS研究ではCKDの重症度の関わらず、リスク因子であることが示された

<バイオマーカー>
・BNP,NT-proBNPは心房細動発症の強い予測因子との報告あり
・BNPとCRPのステップワイズ評価が有効との報告
・血清脂質との関係は限定的だが、最近ARIC研究でLDLコレステロールと総コレステロール高値は心房細動の低リスクと関連ありと報告
・n-3不飽和脂肪酸がリスクを減らすとの実験データがあるが、臨床データは論議の余地あり

結論:
・おおよそ半分以上のリスク因子は予防可能
・既存のリスク因子だけで説明できない発症あり
・最近幾つかの新しいリスク因子の研究あり;遺伝子、幼少時の状況、準臨床的危険因子、バイオマーカー、民族、人種差
・これらのリスク因子の研究はさらに拡大されるべきである

### 年齢、高血圧、心不全、弁膜症、心筋梗塞、糖尿病、甲状腺疾患などがこれまで強いエビデンスを持つリスク因子とされてきましたが、それに続くリスク因子を網羅した総説ですね。勉強になりました。

最も興味深いのは、やはり遺伝子です。全く他にリスクのない、あるいは高血圧だけのリスクの方でも心房細動になる人、ならない人がいる。その差はどこから来るのか。まあ上記のような様々なリスク因子の複雑な組み合わせの結果とも言えますが、それに遺伝的要素がどの程度入り込むのか、今後の研究でどこまで遺伝的要素の程度がわかるのか。

早い時期からそれがわかリ、介入治療まで実現されるのか。これは他のあらゆる疾患にも言えることですが、今後ゲノム治療は心房細動においてもどこまで発展を見せるのか、興味深いですが、それを見届けられるまで、生きているかどうかですね。

Europaceの総説も参考までに
http://dobashin.exblog.jp/14233681/
by dobashinaika | 2012-05-22 23:41 | 心房細動:リアルワールドデータ | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
Covid-19
未分類

タグ

(44)
(40)
(35)
(31)
(28)
(28)
(25)
(24)
(24)
(23)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(18)
(14)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作
プライマリ・ケア医のための心房細動入門 全面改訂版

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法 [PR]


プライマリ・ケア医のための心房細動入門 [PR]

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌] [PR]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味 [PR]


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から [PR]


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく) [PR]


健康格差社会への処方箋 [PR]


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書) [PR]

最新の記事

心房細動診療に残された大きな..
at 2024-01-03 23:00
東日本大震災と熊本地震におけ..
at 2024-01-02 16:11
脳梗塞発症後の心房細動患者に..
at 2024-01-01 18:41
ACC/AHAなどから202..
at 2023-12-10 23:12
ライフスタイルを重視した新し..
at 2023-11-06 21:31
入院中に心房細動が初めて記録..
at 2023-11-05 11:14
フレイル高齢心房細動患者では..
at 2023-08-30 22:39
左心耳閉鎖術に関するコンセン..
at 2023-06-10 07:29
患者ー医療者間の「心房細動体..
at 2023-04-26 07:27
心房細動における認知症の評価..
at 2023-04-20 07:29

検索

記事ランキング

最新のコメント

血栓の生成過程が理解でき..
by 河田 at 10:08
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 06:41
突然のコメント失礼致しま..
by シマダ at 21:13
小田倉先生、はじめまして..
by 出口 智基 at 17:11
ワーファリンについてのブ..
by さすけ at 23:46
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29

以前の記事

2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 08月
2023年 06月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン