人気ブログランキング |

急性冠症候群における新規抗凝固薬に関する総説:JACCより

今週号のJournal of American College of CardiologyのState of the Artで新規抗凝固薬が特集されています。

New Oral Anticoagulants in Atrial Fibrillation and Acute Coronary Syndromes: ESC Working Group on Thrombosis—Task Force on Anticoagulants in Heart Disease Position Paper
J Am Coll Cardiol, 2012; 59:1413-1425


4つの薬の薬理作用、心房細動における総説、急性冠症候群(ACS)における総説です。

ACSでの新規抗凝固薬についてはいま一つ不明だったので、全文をまとめてみました。今後心房細動にACSが合併する症例は増加の一途と思われ、抗血小板薬との併用問題は重要と思われます。

長いですので、最後の批判的吟味だけ読んでもよろしいと思います。

【ワーファリンとACS】
・ワーファリン単独またはアスピリンとの併用は再発予防のエビデンスあり
・ワーファリンと抗血小板薬2剤併用のエビデンスは限定的だが、登録研究では高出血リスクが示されている
・P2Y12 アンタゴニスト、 prasugrel and ticagrelorとワーファリンとの併用はまだ研究なし
・ワーファリンのACSへの効果は証明されているが、煩雑なため使用されることは稀
・新規抗凝固薬は簡便なので 利点が強調されてくるかもしれない

【新規抗凝固薬のACS対象臨床試験】
・4つの新規抗凝固薬におけるACS患者対象の第2相試験あり。発症1−2週後から6ヶ月追跡。それぞれ1日1〜2回、複数用量設定。アスピリン+クロピドグレルと併用
  RE-DEEM試験:ダビガトラン
  ATLAS ACS-TIMI46:リバーロキサバン
  APPRAISE:アピキサバン
  RUBY-1:ダレキサバン

<RE-DEEM試験>
・用量依存性に出血多し
・消化管出血と鼻出血が大半
・効果(心血管市、心筋梗塞、脳梗塞)は有意差なし
・110mg,150mgBID群は、50mg,75mgBID、偽薬群よりイベント少なし

<ATLAS ACS-TIMI46試験>
・アスピリン併用群、アスピリン+クロピドグレル併用群とも用量依存性に出血多し
・1日2回のほうが1回より出血多し
・偽薬群に比べての効果(全死亡、心筋梗塞、脳卒中、ACS再発)はオッズ比0.53(アスピリン群)、0.99(併用群)

<APPRAISE試験>
・用量依存性に出血多し
・10mgBID,20mgQDは出血多くて途中で中止
・皮下出血、鼻出血、歯肉出血、血尿、消化管出血
・主要イベントは2.5mgBID、10mgQDで低率(有意でない)
・アスピリン単独併用または非再開通例で効果大

<RUBTY−1試験>
・偽薬群に比べると2〜4倍出血あり
・明らかな効果はなし

上記第2相試験のうち2つが第3相に移行したがAPPRAISE-2は出血が多くて中止。ATLAS ACS 2–TIMI 51は当初の目的を果たした。

<APPRAISE 2試験>
P:ACS7392例(STEMI40%)
E:アピキサバン5mgBID(2.5mgBID in CCr<40)+バイアスピリン+クロピドグレル
C:プラセボ+バイアスピリン+クロピドグレル
結果:
1)効果(心血管死、心筋梗塞の梗塞)のエンドポイント:オッズ比0.95;0.80-1.11
2)安全(出血)のエンドポイント:オッズ比2.59;1.50-4.46
3)頭蓋内出血:オッズ比4.06;1.15-14.38
結論:効果/安全を考えて試験は中止。アピキサバンの効果はCIが広いため今だ不明

<ATLAS ACS 2–TIMI 51>
P:ACS15526例
E:リバロキサバン2.5mgBID,5mgBID
C:プラセボ
結果:
1)効果(心血管死、心筋梗塞、脳梗塞)のEP:オッズ比0.84;0.74-0.96、P=0.008
2)2.5mgBIDは全死亡、心血管死とも減。5mgBIDは心筋梗塞を減
3)大出血:オッズ比3.96;2.46-6.38、P<0.001
4)頭蓋内出血:オッズ比3.28;1.28-8.42、P=0.0009
5)2.5mgBIDは5mgBIDよりも致死性出血が少ない

【ACSにおけるXa阻害薬の批判的吟味】
・2つの第3相試験でアピは効果なし、リバは効果あり、出血は同じように増加
・理由1としてAPPRAISE 2のほうが高齢、糖尿病、腎機能障害、脳梗塞既往多い
・理由2としてアピは5mgBIDで心房細動と同じ用量。リバは2.5mgBID,5mgBIDは心房細動時の1/4~1/2
・ところが出血はリバのほうがアピより多かった
・Xa阻害薬は低用量のほうが抗血栓作用が高いという仮説を指示する結果ではあるが、まだ検討が必要
・理由3としてAPPRAISE 2試験でアピの効果が低い原因としては、試験が早期に終了しすぎたことや信頼区間が大きく正確な評価ができていないこともあり

・両試験とも抗血小板薬併用により大出血、頭蓋内出血は3-4倍増加
・リバでの脳梗塞抑制効果は、時間ともに増加する。このことは出血回避のため短期間リバの使用は推奨されないことを意味する
・高リスク例ほど出血も増加しており、出血の増加は抗血小板薬+Xa阻害薬併用療法にとって大きな問題

・ESCガイドラインではP2Y12 アンタゴニスト、 prasugrel and ticagrelorがアスピリンと併用することが効果的
・ACC/AHAガイドラインではprasugrel and ticagreloはクロピドグレルと同等の推奨度
・将来prasugrel and ticagrelo+Xa阻害薬が有望だがまだ不明
・現時点では臨床における変化をきたすまでには至らないが、今後の研究が待たれる

###効果も一律ではなく、出血は増やすようであり、まだ方向性は見えないようですね
by dobashinaika | 2012-04-11 18:30 | 抗凝固療法:抗血小板薬併用 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(35)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

【Apple Heart S..
at 2019-11-26 07:35
心房細動合併透析患者において..
at 2019-11-21 06:49
日本の心房細動患者の死因の半..
at 2019-11-11 07:22
CHA2DS2-VAScスコ..
at 2019-10-30 17:36
中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン