人気ブログランキング |

日本循環器学会1日目、新規抗凝固薬の2つのセッション報告#nichijun

第76回日本循環器学会出席のため福岡に来ています。
あいにくくもりか雨のぐつついた天気ですが、そのせいかどこへも行かず、一日まじめに参加しました。

今日聞いたセッションは次の4つ
・コメディカル一般演題(ポスター)「薬剤・ダビガトラン」
・ランチョンセミナー「Stroke prevention in atrial fobrillation]
・トピックス4「凝固系線溶治療のupdate」
・ファイアサイドセミナー「新規抗凝固薬の期待と課題『ダビガトランの使い方。私はこう考える』」

全部抗凝固薬のセッションを選んでしまいました(笑)

さすがにホットな話題のため、どこも満員の盛況で、この分野への関心の高さを改めて知らされます。

今日は全2つの見聞した内容を紹介します。

<コメディカルセッション>
コメディカルセッションでありながら、医師の聴衆も多数みられ、黒山の人だかりでした。
各病院の薬剤部門で、腎機能や年齢、併用薬剤に逸脱が見られないか、医師の処方箋をチェックし、疑義紹介をして安全に努めているようです。
ある施設ではすでに200例以上に処方され、中には110mg1日1回。75mg1日2回などの処方もなされていました。
このように、大量処方している医療施設での使用経験は、皆が知りたいところです。今回医師セッションではそういう演題があまりないように思われ、残念です。

<ランチョンセミナー>
McMaster大学(カナダ)のJeffrey Weitz先生の講演です。
Switching(ワーファリンからダビガトランあるいはリバーロキサバン。またはその逆)
Monitoring(モニタリング)
Peri-Procesual management(手術前後の管理)
Reversal(出血時の中和)
の4点に集約される新規抗凝固薬の「知りたいポイント」をきっちり説明していただきました。

以下、知見の列挙
・カナダではINR2.0未満を確認してからワーファリンから変更、ただし高リスク例では2.5未満で変更

・ダビガトランはaPTT、リバーロキサバンはPT-INRをモニターする

・プロトロンビン複合体製剤はダビガトランよりリバーロキサバンの中和に適するとの論文があるが、動物実験ではダビガトランにも効果あり

・現在新規中和薬の第I相試験進行中

・カナダでは抗凝固薬処方の15%が新規抗凝固薬

・カナダでのダビガトランとリバーロキサバンの使い分け
1)脳梗塞/TIAの既往例はリバーロキサバン:ROCKET-AF試験症例の50%は既往例なので
2)1日1回か2回は患者と相談
3)カナダでもダビガトラン処方例の50~60%は110mgx2⇒腎機能を気にするため。腎機能低下例でリバーロキサバンを処方しやすい可能性あり
4)消化器症状があればリバーロキサバン

・弁膜症性心房細動の治験は現在第I相

・CHADS2スコア1点例はROCKET-AF試験には登録なしだが、高リスクで有効であれば低リスクで
も有効と考えるのは合理的

・ワーファリンで脳出血が新規抗凝固薬より多いのは、ワーファリンは作用後トロンビン生成までにタイムラグがあり、ダビガトランと比べトロンビン生成、クロット生成を脳内で生じさせないため

カナダでも110mgx2の処方がどうしても多くなるというのが、どこの国でも同様の傾向があることが分かり興味深い点でした。

残り2つのセッションも非常に興味深く、特に最後のセッションは書きたいこと満載ですが、深夜になってしまったので、明日にします。

なお上記記載内容は、小田倉が自分の視点を通して見聞した記事内容であり、の文責はすべて、小田倉にありますことをお断り申し上げます。

巨大スペースでの医療機器展示
a0119856_05219.jpg


あまりに会場が広いのでベロタクシーで移動
a0119856_06948.jpg

by dobashinaika | 2012-03-17 00:07 | 抗凝固療法:全般 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(34)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(18)
(17)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00
オープンダイアローグと診療所診療
at 2019-08-13 07:00
周術期ヘパリンブリッジなしで..
at 2019-08-09 06:28
日経メディカルオンライン更新..
at 2019-08-06 07:30

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン