人気ブログランキング |

心房細動と血圧管理についてまとめてみました。

本日は仙台市内の開業医が、common diseaseについて学ぶ会「プライマリケア ストラテジ−ミーティング」に演者として出席させていただきました。
演題名は「心房細動における血圧管理の重要性 〜リスクマネジメントとしての心房細動治療〜」です。

講演の骨子を以下にまとめました。

1.心房細動発症と血圧管理
・高血圧は心房細動のリスクとして最もポピュラー。そのハザード比は1.5倍

・心房細動の開始は肺静脈ファイアリング、維持には構造的、電気的リモデリングが関係しそのベースに血圧上昇による左室拡張末期圧、左房圧の上昇とそれに伴う左房壁のストレッチがある

・上記いずれの段階にもアンジオテンシンIIが促進因子として絡む

・各種post hoc解析においてARBの心房細動抑制効果が示されてきた

・しかしJ-RHYTHM II, ANTIPAF, GISSI-AF, ACTIVE-Iの4大前向き試験でARBの心房細動新規発症、および慢性化阻止効果は示されなかった

・現時点では心房細動抑制に特異的な降圧薬はなく、血圧を下げるほど抑制できると考えるべきである

2.心原性塞栓と血圧管理
・高血圧だけのCHADS2スコア1点の人に抗凝固療法をすべきか(CHADS2-1点問題)、血圧管理良好な人に抗凝固療法をすべきか(血圧良好問題)は抗凝固療法勉強会の2大FAQである

・血栓形成の原理であるVirchow's triadから考えると、左房内血流、凝固能、左房心内膜障害度をスコアリングすることが、原理的には厳密な血栓形成予測となりうるはず。しかし現実にはこれらのうちどのパラメーターを選んで、そのようなカットオフ値でスコアリングするかの措定はきわめて難しい。しかもそれらをプライマリケア医に普及させるのは無理。

・CHADS2スコアで評価したら、結果的に血栓塞栓症予測能がよかったというにすぎない。しかし簡便性にすぐれており、現時点ではチャンピオン指標であることでコンセンサスはえられている

・CHADS2スコアの元論文を見ると、血圧の既往あり(治療中でも)だけで血栓症リスクの上昇が認められるので、とにかく高血圧なら1点とされている

・現時点ではできるだけCHADS2 1点の人でも抗凝固療法をしたい。それには良好な血圧管理とワーファリンコントロールが必要

・具体的は収縮期血圧140未満、できれば130/81以下に下げたい(SPORTIFIIIあるいはBAT研究などから)
・適切な適応であればダビガトランはCHADS2スコア1点の人に十分使える

3.まとめ
・心房細動、血圧と切り離してみるのでなく、心房細動のリスク因子の一つとしての高血圧(他にもリスクあるよという意味で)、逆に心筋梗塞、脳梗塞、その他動脈硬化疾患等多くの疾患のリスク因子としての高血圧という視点で捉えるべき
・抗凝固療法はリスクとベネフィットのバランスで考える。その際、修飾因子として、患者、医師相互のリスクの捉え方、および心理社会的因子も加味して考える必要がある。

一つのことをまとめるといろいろなことがわかってきます。今回上記以外にも心房細動診療を考える上で、様々なことに気がつきました。今後さらにまとめて行きたいと思います。
by dobashinaika | 2011-12-07 00:15 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(39)
(35)
(27)
(27)
(27)
(25)
(24)
(21)
(21)
(20)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

2020 年改訂版 不整脈薬..
at 2020-03-14 18:00
DOACの利益に関する低満足..
at 2020-03-05 07:24
日本における心房細動患者の脳..
at 2020-03-03 07:33
日本のNOAC/DOAC登録..
at 2020-03-02 07:21
アジア人のNOAC不適切低用..
at 2020-02-17 07:07
長期ケア施設入所者における抗..
at 2020-02-06 06:58
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-20 08:18
2019年心房細動関連論文ベ..
at 2020-01-11 18:52
アルコール常用者の禁酒は心房..
at 2020-01-10 07:28
心房細動な日々 dobas..
at 2020-01-09 08:49

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン