人気ブログランキング |

Brugada症候群と心房細動の関係について勉強しました

Brugada症候群と心房細動の関係に関する総説(Editorial)がありました。勉強の意味で要約しましたので参考にしてください。

Brugada syndrome and atrial fibrillation: pathophysiology and genetics

・1992年Brugada兄弟は、心電図上V1-V3で右脚ブロックとST上昇をきたす8人の患者の心室細動や突然死のリスクに関して報告した
・そのうちの一人の患者は8歳の女の子で心房細動の既往があった
・彼女の最初の失神は8歳のときだが、心房細動は生後すぐに認められた

Brugada症候群の遺伝学
・はじめに発見されたこの症候群に関係ある遺伝子はSCN5A:Na内向き電流チャネルであるNaV1.5のαサブユニットをエンコードする
・この遺伝子変異は同症候群の20%で同定される
・近年、よりまれではあるが、関連ある遺伝子が発見されている;GPD1L,SCN18,SCN3B,KCNE3,CACNA1C,CACNB2b
・SCN5Aは家族性心房細動にも関係している

心房細動とBrugada症候群
・Brugada症候群の心房細動,粗動合併率は約20%で、40歳以上の一般人口における2.3%に比べて多い
・Kusanoらは同症候群の心房細動の70%は夜に発症することを報告し、夜間迷走神経緊張と交感神経退縮は大きな役割を担っているとされた
・この交感—副交感バランスで引き起こされる徐脈が心室性不整脈の誘発に寄与するとも考えられており、同症候群の突然死が夜多いこともその裏付けである
・心房性不整脈はより重い不整脈の指標となる.実際心室性不整脈が誘発され、ICDの適応とされるようなタイプ1のBrugada症候群は心房細動を多く合併している
・Papponeらは新規発症心房細動ではIc群抗不整脈薬で明らかになるBrugada症候群は3.2%もおり、孤立性心房細動では5.8%に上ると報告した
・SCN5A変異が認められなくてもICD植え込みを行った患者のうち一人はフォローアップ期間中心室細動になった。これは薬剤により顕在化するBrudgada波形は、心室性不整脈に先立って心房性不整脈が発症することを示唆する

Brugada症候群の心房細動におけるSCN5A変異の影響
・今回のAminらの仮説は興味深いが症例数が少ない

不整脈発生のメカニズム
・Makiyamaらは常染色体優性遺伝の心房細動の家族を調べ、SCN5Aの新しい獲得形質を同定した
・この家族は、10代で心房期外収縮に伴う動悸感を訴える.これが後日発作性あるいは持続性となった
・カテーテルアブレーションは1人の発端者に施行されたが、右房の多発性心房期外収縮を誘発させ、2回めセッションを要し最終的には症状が残った
・SCA5A変異により獲得された機能は、心房期外収縮や心房期外収縮を引き起こす再分極や早期後脱分極から生じるtriggered activitydと推察された

・TohらはSCN5A変異患者は心房内伝導時間が延長していると報告した。
・Aminらの論文とは左房径は異なっていないことが違う

・心房細動の発症は時に自律神経の揺らぎの大きい夜に見られ、Brugada症候群の心房細動も同様
・迷走神経緊張は心房内伝導時間を延長させ、不応期を短縮させる
・SconikらはSAN5Aの機能喪失変異が心内神経叢活動のインバランスや迷走神経緊張を引き起こすと報告した

Brugada症候群の心房細動の管理
・Naチャネルブロッカー使用は、Brugada症候群を悪化させるため慎重に考えるべき
・同様にβブロッカーは再分極の貫壁性の不均一を促進させST上昇を顕在化させるし、Ca拮抗薬も同様なので避けるべき
・アミオダロンの安全性も確立されていない
・キニジンはBrugadaパタ−ンと心室細動を減じる。これは迷走神経緊張作用とItoのブロック作用と考えられる
・キニジンはBrugada症候群の心房細動に有効と考えられる
・心房細動コントロールはICD安定化の重要な要素であるので(心房性不整脈は誤作動の14%)、心房細動の薬剤コントロールが困難なときは心房細動アブレーションを考慮する
・YamadaらはBrugada波形の心房細動6人に肺静脈隔離を行い、全例抗不整脈薬からフリーとなったことを報告している

結論
Brugada症候群の理解は急速に進んだが、まだ答えのない問題もある。Brugadaにおける心房細動のメカニズムには多くの因子が関与する。このメカニズムの解明は一般的な心房細動への理解のインパクトをなるであろう
by dobashinaika | 2011-06-27 23:26 | 心房細動:疫学・リスク因子 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:疫学・リスク因子
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールドデータ
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(35)
(34)
(27)
(27)
(26)
(25)
(24)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(16)
(14)
(13)
(13)
(13)
(13)
(13)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

中高年開業医におけるヤブ化防..
at 2019-10-18 07:27
日経メディカルオンライン:第..
at 2019-10-15 06:26
新規発症心房細動では服薬アド..
at 2019-10-06 10:47
心房細動診断においてスマホに..
at 2019-09-19 06:30
第17回どばし健康カフェ「心..
at 2019-09-05 08:51
強い症状のない血行動態の安定..
at 2019-09-04 06:36
冠動脈疾患合併心房細動におけ..
at 2019-09-03 07:29
製薬企業をスポンサーとするD..
at 2019-08-30 08:29
心房細動に対する経皮的頸動脈..
at 2019-08-22 06:42
フレイルと心房細動,抗凝固療..
at 2019-08-21 07:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
いつもブログ拝見しており..
by さすらい at 16:25
取り上げていただきありが..
by 大塚俊哉 at 09:53
> 11さん ありがと..
by dobashinaika at 03:12
「とつぜんし」が・・・・..
by 11 at 07:29
> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン