<   2009年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

病診連携 ―C型肝炎学術講演会に参加して―

先週の土曜日(3月28日)は、仙台厚生病院の学術講演会に出席しました。今回は肝臓病の権威である武蔵野赤十字病院の泉並木先生によるC型肝炎の治療に関する講演会です。肝臓がんは今や男性では肺がん、胃がんに次いでがん死因の第3位であり。先進国ではトップです。そのなかでもC型肝炎ウイルスによる肝炎が原因であることが多く、C型肝炎を早い段階から見つけて治療することが先決です。C型肝炎にはインターフェロンという有効な治療法があり、最近は短期間で副作用のないものが使われるようになっています。仙台厚生病院の消化器内科では積極的にこの治療に取り組んでおられ、一段落した患者さんのインターフェロン治療をわれわれ開業医の手でもおこなえるようにとのことで、このような勉強会を開催しているとのことです。

このように、病気の初めに大きな病院で治療し、その後の落ち着いた時期を開業医で担当することを病診(病院―診療所)連携と呼び、昨今その重要性が盛んに強調されるようになりました。われわれ開業医は早めに病気を見つけ、専門的な医療が必要な場合は大きな病院に紹介する。これも一つの病診連携です。

病診連携で大切なことは、ひとえに開業医の力量です。病気を早めに発見する力、適切な時期に紹介できる力、ある程度専門的な治療を任せてもらえる力。一つの臓器ばかりでなく、全身のいろいろな病気でこのような力が問われることになります。
最先端の治療技術は、瞬く間に進みますので、大きな病院からその後のフォローアップをまかせていただくには、日々の勉強が必要になります。大変です(笑)。

今後、ますますこのような病診連携が進むようになり、開業医がますます増加していくと、大きな病院から選ばれる開業医とそうでない開業医とに色分けされる時代がやってくると思われます。
土曜日はそうした危機感をひしひしと感じると同時に、逆にやりがいも見いだせるのではとも思いながら帰途につきました。
by dobashinaika | 2009-03-31 23:47 | 開業医生活

医院からのお知らせ

●仙台市基礎検診およびがん検診の申し込みは4月1日から4月28日までです。ご希望の方は市政だよりのはがきに必要事項ご記入のうえ、ポストに投函してください。
なお、40歳から74歳までの仙台市国民健康保険の方は、基礎検診の申し込みは必要ありません。7月末頃、受診券が送られてくる予定です。

●土橋だより2009年4月号を今週から受診された方に配布中です。

●患者さんに説明した内容を記入した「せつめいシート」作成いたしました。説明の際使用していく予定です。
by dobashinaika | 2009-03-30 22:55 | インフォメーション

患者さん用説明シート

a0119856_22395975.jpg外来では、ときに患者さんに病気の内容や食事、生活上の注意を紙に書きながら説明します。これまではそこらへんにあるレポート用紙やメモ用紙に乱雑に(?)書いていましたが、それだとかえってからぞんざいに扱われてしまうのではないかと、かねがね心を痛めておりました。
この土日、久しぶりに時間があったので、土橋内科特製の患者さん説明用シート、その名も「せつめいシート」(そのまんまですね)を作成し、今日から使っています。
これまで、検査結果や薬の内容は「私のカルテ」にA5判の紙を使って書いていましたが、病気や生活指導の内容はそれでは収まりきれません。このため「せつめいシート」はA4判の紙を使っています。
今後、皆さんの声を取り入れながらより良いものにしていきたいと考えています。
by dobashinaika | 2009-03-30 22:42 | 土橋内科医院

日本循環器学会に参加しました

3月20日から3日間、大阪の日本循環器学会に出席いたしました。この学会は二万人もの参加者が見込まれる心臓関係の学会としては日本最大のものです。私も心臓病診療の最先端を知るために、この学会だけは毎年参加しています。学会と言いましても、このくらいの規模になると、会場だけで23もありますし、大きな体育館のような会場に医療機械の展示があったり、ポスター発表のブースがあったりと、非常に大規模で多彩な内容なのです。今までは新しい薬や検査に関する講演を聴くことが多かったのですが、今年は「循環器疾患とストレス」「心疾患患者の在宅医療・看護」「性差医療」についての話や、看護師さんの発表を多く聞いてまいりました。

在宅、看護、コメディカル。。。。これらの分野では、患者さんの人生、生活からの視点を大切にする医療への取り組みが大変盛んです。たとえば、どうしても塩分制限ができずに入院退院を繰り返してしまう心不全患者さんに、どのように心理的な支援をして塩分を控えるという行動が続けられるようにするのか、といった研究が盛んになされています。

われわれ医者は、どうしても薬がどうの、検査の数字がどうのといったことに目が向いて、食事制限ができないと、その人の意志の弱さといったところに責任を求めがちです。これでは、何も変わりません。患者さんの内側から食事や運動に対する行動を変えていく、そのために我々医療者がどうすべきか。今回の学会ではこれらについて多くのことを学んで帰ってまいりました。

1日休診してしまいました代わりは、ぜひこのようなことを診療に生かすことで患者さんに御返ししたいと思っております。
a0119856_23375587.jpg
by dobashinaika | 2009-03-22 23:38 | 心理社会学的アプローチ

介護認定審査会

本日、今年度最後の仙台市介護認定審査会に出席いたしました。この会は介護保険を申請される方の要介護度を決定するもので、4年前から委員として月2回出席しています。審査会は医師、薬剤師、介護施設職員等計5人一班で構成され、青葉区だけで15班あります。介護保険を申請された方はわかると思いますが保険を申請しますと、調査員の方が、身体機能や認知機能等について調査をしに訪問いたします。その調査結果と主治医の意見書をもとに、その方がどの程度の介護サービスを受けることができるかを認定するのがこの審査会です。
今日で今年度最後で、来年度からはより新しい基準に沿った審査が行われる予定です。審査のうえで、主治医の意見書は大切な指標となるのですが、簡潔すぎたり、大切なことが書いていなかったりするものもあり、来年度からは調査員の調査がよりコンピューター化されるようなので、主治医の意見書をより詳しく書かないと認定に反映されにくくなるのではないかと危惧しています。
おととい(3月16日)はそのための研修会が市役所のホールで開かれ参加しました。仙台市は約3万人の介護認定者がおり、年々増加しているとのことです。

また昨日は、桜ケ丘クリニックの福島健泰先生が発起人である、せんだい治験委員会に委員として出席いたしました。
このところ診療後毎日このような会合がありますが、いずれも地域の開業医として担うべき仕事と考えています。

明後日から日本循環器学会出席のため、大阪に出張いたします。このため3月21日(土)は休診となりますので、なにとぞご了承いただきますようお願い申し上げます。
a0119856_05342.jpg
by dobashinaika | 2009-03-18 23:58 | 開業医生活

インスリン注射の決断をめぐる患者ー医者間の溝~糖尿病勉強会に出席して~

一昨日、昨日と開業医の先生が主催する糖尿病の勉強会に続けて参加いたしました。(11日:宮城糖尿病談話会、12日:循環器内科専門医のためのインスリンフォーラム)。特に本日は、盛岡で最近開業されたかねこ内科医院の金子能人先生をお招きし、インスリンを患者さんにどう処方するかについての講義を受けました。先生は糖尿病専門医であり、1日1回のインスリン注射について分かりやすく講演していただきました。

三大生活習慣病とされる高血圧、脂質異常症(コレステロールなどが高い)、糖尿病のうち、医者が習得すべき知識、技術の一番多いのは何と言っても糖尿病です。薬の種類もたくさんありますし、インスリンを初めて患者さんに勧めるときの導入法については、特に専門的な勉強が必要になります。

今日の勉強会でも話題になりましたが、インスリンの注射が必要です、と患者さんに切り出す場合、たいていの患者さんは躊躇されます。なぜでしょうか?

と、その前に医者が、この患者さんにはインスリンが必要だと判断する思考回路と、患者さんがインスリンを自分で打つことに対して決断する時の思考回路とを比較してみましょう。医者の思考回路は割と単純で整然としています。a0119856_019165.jpg患者さんがインスリンを打つことによる利益はだいたい統計学的に分かっています(これも細かく言うといろいろな意見はありますが)。また打つことで発生する副作用の頻度も高い精度で割り出されています。この利益とリスクを天秤にかけ、もちろん利益が上回ると判断したから、患者さんにインスリンを勧めるのです。

いっぽう患者さんがインスリンを打つかどうかの決断には、どんな要素がからむでしょうか?まず何といっても、インスリン注射という行為あるいは痛みに対する恐怖感があるでしょう。また医者の説明を聞いて低血糖という副作用への不安もわいてきます。これらの恐怖、不安には例えば身近な人がそれで苦しんだといった体験談が大きく影響することもあります。またコストの問題、注射することの煩わしさなどもあります。一方インスリンを打つことで、体調が良くなる、将来透析を受けなくて済むといった利益は医者から説明された情報としてあるはずです。私の印象では、インスリンを打つという行為そのものが、自分は重症者であると烙印を押されたように感じること、が最も大きな要素であり、これに対し将来透析を受けなくて済む、といったことはもともと人間にとってイメージしにくいものである、と、この辺に問題があるように思います。

医者にとってはインスリン導入の決断は科学的データによる利益とリスクの引き算だけで済みますが、患者さんの決断には上記のような多種多様の要素の掛け算、割り算が必要と思われます。医者がこれら患者さん側の掛け算割り算をどのくらいわかることができるか、によってだいぶ治療の方向が変わってくるのではないかと思います。

最近はどうすればこの溝を埋められのか、よく考えるのですが、今後少しずつこのブログに書いていこうと思っています。
by dobashinaika | 2009-03-13 00:20 | EBM

第3回八幡地区包括ケア会議

今日の夜は八幡コミュニティーセンターで今年度第3回の八幡地区包括ケア会議があり。出席しました。包括ケア会議とは48号線沿いの早美ビルにあります国見包括支援センターさんが主催され、八幡地域の高齢者の包括的な支援について話し合う会合で、年3回開かれています。本日は八幡交番の署長さん、八幡地区赤十字奉仕団の団長さん、社会福祉法人青葉福祉会の理事長さん、東北福祉大学地域減災センターの先生、青葉区保健福祉センター障害高齢課の方などが参加されました。

今回は八幡地区での防災啓発活動、つまり地震等の災害に備え高齢者が準備すべきことをどう周知徹底させるかについて話し合いいたしました。国見包括支援センターさんは大変活発に地域活動を行っておられ、今回は防災チェックリストを作成し、緊急時の連絡先、避難場所、かかりつけ医療機関や内服薬などが、災害時に分かるようになっているかなどを高齢の方に呼びかけていこうと取り組んでおられました。

しかしまず第一の問題として、そのようなチェックリストをどの方に配ったらよいかということが議論に上りました。この八幡地区だけでも90歳以上でお元気な方は90人以上もおられるとのことです。一戸建てにご家族と同居されている方は良いとしまして、一人ぐらしの方、ご高齢のご夫婦二人暮らしの方などが、マンション等の集合住宅にお住まいの場合は、そのような方がどこに住んでいるのかさえ、赤十字奉仕団や町内会などでも把握できていないとのことです。個人情報保護が壁になっているようです。

災害発生時は、普段飲んでいる薬が入手できなくなる場合が想定されます。また万が一避難所生活になった場合、血圧の薬など何を飲んでいるかわからないと臨時診療所などにおいて困る場合もあります。当院では患者さんに「私のカルテ」にて薬の内容などを書いて渡すようにしておりますが、災害時にこの手帳を手元に置いておくように私のカルテに表示すること、緊急連絡先を書く欄を設けることなど、すぐに実践していこうと、強く思いました。
a0119856_21564955.jpg
by dobashinaika | 2009-03-05 21:58 | 医療の問題 | Comments(0)

薬剤師とのミーティング

a0119856_21303272.jpg本日、昼、当院に近接するアイ薬局の薬剤師さんとのミーティングがありました。このミーティングは月1回、第4木曜日、昼食をとりながら行われるもので、土橋内科から出される薬の処方について、まず薬剤師さんから私に、なぜこの処方が出ているのか等や処方の間違い等の薬の情報について質問してもらい、私がそれについて答えます。次に、患者さんが、なにを薬剤師さんに質問したかなど、患者さんの情報を報告しもらいます。また、患者さんが薬をきちんと飲んでいるのかなどの情報も医師に伝えてもらうようにしています。アイ薬局さんではそれらの情報を一覧表にしてくださいますので、大変助かっています。

今日のミーティングでも、診察室で医師に言わずに、薬局で薬剤師さんに薬のことを聞く方が多数おられることが報告されました。たとえば風邪薬を睡眠薬と一緒に飲んでもよいか、とか朝飲み忘れた薬を昼に飲んでもよいかなどなど。こういうことは、医師に聞きづらいということもあるのでしょうが、短い診察時間の中でつい聞くことを忘れてしまう、もっと別のことを訴えていたら聞く時間がなかった、などのために薬剤師さんに尋ねるのではないかと思われます。

どうしても外来診療時間の短い日本の診療所においては、患者さんからの情報を集める、伝えるという大事な作業はやはり医師だけでは不十分であることをいつも痛感させられます。これを看護師、薬剤師、事務職などなどマンパワーをフル動員して今後とも取り組んでいきたいと思います。
by dobashinaika | 2009-03-05 21:30 | 医療の問題

高校の同窓会~ルーブル美術館展

先週末(2月28日)は東京で、私の母校(高校)の同窓会に出席いたしました。学年全体の同窓会は卒業後初めてであり、多くの恩師、級友に実に29年ぶりに再開し、つかの間の時間旅行をした気分になりました。

母校の同窓会は「知道会」といいます。「知道」とは中国の五経のひとつ「易経」の中の「知 萬物に周(あまね)くして、道 天下を済(すく)う」に由来します。易経は占いの書ですので、ここでの「知」はいわゆる「知識(形式知)」ではなくて、最近よく言われる「暗黙知、経験知」のことではなかろうかと勝手に解釈しています。

この「知」は、医師にとっては、医学の教科書にある知識や私のモットーとしている科学的根拠(エビデンス)とかではなく、患者さんを診療する中から自然に身に付いた「改めて考えることなく使用できるなにものか」だろうと推察されます。

ワーファリンという納豆が食べられなくなる薬がありますが、このくらいの血液サラサラ度だったら、このくらいの量を処方しよう、という知識は教科書にはのってはいません。これなど、まさに「経験知」だろうと思います。このような経験知、暗黙知の引き出しをできるだけ多く使える医師を「名医」というのだろうなあ、などと同窓会の案内を見ながら帰りの新幹線で、つらつら思いました。

と、その前に、同窓会は深夜まで続きましたので一泊し、翌日フェルメールパワーをもらいに国立西洋美術館「ルーブル美術館展」に行きました。「レースを編む女」を凝視していますと、ダリがリメイクしたかった気持ちがわかるような気がします。あの光の描き分け方も「暗黙知」でしょうねえ。
a0119856_23315791.jpg
by dobashinaika | 2009-03-02 23:37 | 音楽、美術など


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(27)
(25)
(24)
(22)
(21)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

85歳以上の超高齢者でも,抗..
at 2017-07-24 23:27
発作性心房細動は1年で8.6..
at 2017-07-20 21:28
「愛の不等式」から考える「抗..
at 2017-07-12 23:56
ここへ来ていろいろと手詰まり..
at 2017-07-03 00:40
プライマリ・ケア外来でも発作..
at 2017-06-26 22:22
心房細動患者では,ワルファリ..
at 2017-06-23 22:15
米国プライマリケア外来でも過..
at 2017-06-20 19:26
低リスク症例では,NOACは..
at 2017-06-18 23:08
低用量適応のない例での低用量..
at 2017-06-17 00:01
ワルファリンの管理状況が良け..
at 2017-06-06 21:11

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン