<   2006年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

平成18年東北大学大学院医学系研究科病院管理学教室同窓会会報 より

a0119856_15321441.jpg-診療室のいすから見る医療サービス-


おかげさまで、この3月で開業3年目を迎えます。
当院は、平成元年に前院長小林清先生が開院され、平成15年に私が継承いたしております。当初から使い勝手のよい設計の医院でしたが、さすがにやや老朽化し、狭隘になってまいりました。


幸い医院の玄関脇に往診用の車を止めておくスペースがありましたので、昨年暮れに、その場所に診察室を増築することにいたしました。
おかげさまでかなり快適な診察室が出来上がりましたが、私には診察室についてささやかなる夢がございました。


以前、NHKの特集で米国のある病院のがん専門外来が映し出されたのですが、そこの診察室がまるで普通の家庭のリビングルームのような感じだったのです。
患者用のいすは普通のソファで、患者はソファにゆっくりともたれかかりながら、医師と談笑しておりました。
また壁にはパッチワークや絵画がふんだんに飾られ、全く冷たい印象がなく、われわれの「診察室」に抱いているイメージとはおおよそかけ離れたすてきな部屋でした。


できればあんな診察室を作りたい・・・
長い間あの部屋のイメージが心に引っかかっておりましたため、今回はなるべくそのイメージに近づけようと腐心いたしました。


ところが、患者用のいすを選定する段階で困ったことに気づきました。
なるべくあのテレビでやっていたようなソファに近いものをと思っていたのですが、内科の診察の場合、全身観察、特に背部の聴診をする必要があり、背もたれはないか低めがよく、回転したほうが診察はしやすいのです。


背もたれが低く、回転し、しかもソファのようにゆったりしたいす...
医療用始めいろいろな家具メーカーのカタログを集め、またあちこちの家具屋に足を運びましたがなかなかこれだというものに出会えません。
そうこうしているうちに工事完成の日が近づいてまいりました。


迷った挙句、暮れのある日、東京での研究会をそこそこにお台場の巨大家具センターに足を運びました。
半日つぶして目がくらむほど広い売り場を回り、ようやくこれがいいかなといういすが決まりました。


今当院の診察室には、おおよそ診察室のいすとは呼びがたいかなり大きめのソファがで~んと鎮座しております(写真)。
当初予想していなかったのですが、患者さんが入って来られて、そのいすを最初に目にされた際の行動は大変興味深いものがあります。


一番多いのは、本当に座っていいですかという感じで躊躇されるという「反応」です。
また、こんな立派ないすに患者が座るのは申し訳ないから先生がこっちに座ってください、と言われる方も何人かおられました。
どっかりと座られたあと、深々と腰掛け、いすを回されたりして座り心地をゆっくり楽しまれる方もおります。


患者サービスもこんなところまで考えなければならないんですねーと意味ありげな感想を言われる方もいれば、本当にすてきですねーと素直に感激してくださる方もおられます。
導入して1ヶ月たちましたが、これほどいろいろなパターンの「反応」が返ってくるとは思いませんでした。
統計を取っておけば立派な医療接遇の研究になったのではと、少々後悔したりもしております。


患者用のいすといえば、医者のそれに比べてかなり貧相であり、故遠藤周作氏がその点に疑義を呈していたのが思い出されます。
しかし内科診察の場合、いすは診察台としての役割も担うため、快適性と機能性を両立させることは困難を伴います。
また多忙を極める診療所では、なるべく短時間で手際よく診察する必要があるため、いすの快適性などを追求されることはまれかと思われます。


しかし、今回2つのいすを並べて座り比べてみましたが、ソファ型だと、ふんわり包み込んでくれる感じなのに対し、従来の丸いすは硬く冷たく、座るものを拒否するように感じられました。
快適性と機能性、この相反する概念を以下にブレンドさせていいサービスを提供するか、いすの選択という些細なことからも今後の医療あり方を再考するいい機会となりました。
もちろん、いすの硬さといったハード面より、肝心の診療内容を充実させることにより腐心すべきと肝に命じながら...
by dobashinaika | 2006-03-01 08:00 | 開業医生活


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(25)
(24)
(24)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

米国でも日本でもDOAC発売..
at 2017-05-19 00:01
心房細動スクリーニングに関す..
at 2017-05-11 22:57
日本のリアルワールドでは,D..
at 2017-04-19 22:34
脳梗塞既往のある心房細動例で..
at 2017-04-11 18:56
DOACはワルファリンやアス..
at 2017-04-03 23:11
カテーテルアブレーション時,..
at 2017-03-28 23:43
2017年版失神患者の評価と..
at 2017-03-21 19:07
虚血性脳卒中後の心房細動例の..
at 2017-03-16 19:20
昨日のNOAC論文に追加情報。
at 2017-03-15 18:52
英国のプライマリケアセッティ..
at 2017-03-14 23:18

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン