カテゴリ:感染症( 2 )

”壊死性筋膜炎”に関するBMJのレビュー

BMJの"壊死性筋膜炎"に関するレビューから"Learning Points"だけまとめました。

Necrotising fasciitis
BMJ 2012; 345 doi: http://dx.doi.org/10.1136/bmj.e4274 (Published 20 July 2012)


・壊死性筋膜炎は致死的で急速進行性の軟部組織感染症であり,健康な若い人に起きる
・インスリン注射使用中の糖尿病,血液悪性疾患は特にリスクが高い
・診断には強い疑いを持つことが必要。「何かおかしい」あるいは治療にはんおうしない場合は特に壊死性筋膜炎を考える
・早期の外科的な検索(生検)は合併症が少なく確定診断と治療促進への唯一の道である
・診断が確定すれば外科的手術での生存率は60〜80%。より速い生検とデブリードマンが切除範囲の拡大や術後の後遺症を減らす。
by dobashinaika | 2015-12-03 23:25 | 感染症 | Comments(0)

外来における尿路感染症の診断と管理(アブストラクト、診断):JAMA誌のレビューより

Diagnosis and Management of Urinary Tract Infections in the Outpatient SettingA ReviewA Review
Larissa Grigoryan et al
JAMA. 2014;312(16):1677-1684


JAMAに外来での尿路感染症の診断と管理に関するレビューが掲載されています。
いわゆる膀胱炎を含む尿路感染症に遭遇する機会は、すべての外来診療を行う医師にとって、きわめて多いものと思われます。
非常に重要な知見が含まれていると思い、まとめてみました。

<アブストラクト>
【重要性】
・尿路感染症 (UTI)は、外来で抗菌薬を使う理由の最たるものの一つであるが、耐性菌の出現が増加し、診断と治療に影響を及ぼしている。

【目的】
・若年女性、糖尿病の女性、男性の急性膀胱炎の適切治療および、外来での急性膀胱炎の適切な診断法について述べる

【エビデンスレビュー】
・PubMedとCochraneデータベース

【所見】
・27RCT (6463患者)、6システマティックレビュー、11観察研究(252934患者)

・女性の急性非複雑性(単純性)膀胱炎は、診療所受診なし、尿培養なしで可能

ST合剤(160/800mg1日2回3日間)、ニトロフラントインnitrofurantoin monohydrate/macrocrystals (100mg1日2回、5−7日間)、ホスホマイシン•トロメタモール (1回3g)はすべて、単純性膀胱炎の第一選択

・フルオロキノロンの臨床アウトカムは効果ありだが、より広範な感染時に使用する

・βラクタム(アモキシシリンークラブラン酸、セフポドキシムプロキセチル)は第一選択としては不適当

・速やかな抗菌薬使用は遅い治療やイブプロフェンのみの治療よりも推奨される

・男性の急性膀胱炎での7〜14日間の治療を支持する観察研究は限定的

・観察研究1つと、われわれの意見を元にすれば、糖尿病合併女性の急性膀胱炎は、糖尿病なしの女性と同様に治療されるべき

【結論】女性の急性期単純膀胱炎の抗菌薬治療としては、ST合剤、ニトロフラントイン、ホスホマイシン・トロメタモールが適応である。尿病理に基づく耐性率の増加が治療をより複雑にする。薬剤耐性への危険因子と治療忍容性を個々に評価することが、適切な経験的治療の選択に必要である。

<診断>
・尿培養は急性期の診断治療にはあまり活用されない

・少なくとも2つの症状(排尿障害、切迫失禁または頻尿)があり、膣分泌が欠如していれば急性膀胱炎の診断確率は90%以上

・検尿による白血球検出は、事前確率が高い場合尤度比はそれほど大きくない。

・あるRCTは検尿と尿培養による管理が、経験的治療にくらべ、症状スコアや紹介までの時間改善に寄与しないことが報告されている


・外来での急性膀胱炎における尿培養なしの管理は容認される

・6ヶ月以内の再発、合併感染、多剤抵抗性の場合は尿培養をすべき

・高頻度で高再発率の場合、効率的な診断と治療アプローチが好まれる

・尿培養なしの他のアプローチとして、電話による管理や患者先行の治療が考えられる

### 開業医仲間の抄読会のために読んでいます。日本の内科開業医その他の外来セッティングでは、膀胱炎症状の方を診たら、まず検尿し、尿中白血球を確認し、キノロン系か第3世代セフェムが投与されるケースが多いような気がします。

当院では、単純性膀胱炎ですと、検尿して沈渣で白血球を確認し、ST合剤を第1選択にすることが多いです。

尿培養、検尿は不要、電話アプローチ、キノロンははじめから用いないーこれらは寝耳に水の医師もおられるかもしれません(特に我々より上の世代の医師?)。

こうしたJAMAの総説を開業医の間で輪読し、日本の実情も踏まえて専門医を交えてディスカッションするような勉強会を企画したいものです。

治療についても、時間があったら和訳します。

小雨に煙る早朝の大崎八幡神社。
a0119856_21383841.jpg

by dobashinaika | 2014-11-01 21:41 | 感染症 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(26)
(24)
(24)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

日本人の今後10年間の心房細..
at 2017-05-25 15:14
米国でも日本でもDOAC発売..
at 2017-05-19 00:01
心房細動スクリーニングに関す..
at 2017-05-11 22:57
日本のリアルワールドでは,D..
at 2017-04-19 22:34
脳梗塞既往のある心房細動例で..
at 2017-04-11 18:56
DOACはワルファリンやアス..
at 2017-04-03 23:11
カテーテルアブレーション時,..
at 2017-03-28 23:43
2017年版失神患者の評価と..
at 2017-03-21 19:07
虚血性脳卒中後の心房細動例の..
at 2017-03-16 19:20
昨日のNOAC論文に追加情報。
at 2017-03-15 18:52

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン