カテゴリ:リスク/意思決定( 15 )

薬(心血管系薬剤)を飲みたくない理由:NEJM誌

NEJMに「信念を超えてー人々は心臓病の薬を飲むことをどう感じるか?」と題する論説が論説されています。要約しましたのでご参照ください。

Beyond Belief — How People Feel about Taking Medications for Heart Disease
Lisa Rosenbaum, M.D.
N Engl J Med 2015; 372:183-187


・友人が、肥満の72歳(兄弟2人が脳卒中)の父が全く薬物を飲まないことを心配している
・以前からノンアドヒアランスの研究をしている
・米国の半数の患者が処方された薬を飲まない
・非白人、うつ、女性が関連すると言われている
・でもよくわかっていない
・心筋梗塞既往者20人に継続的なインタビューを施行した

<リスクと嫌悪感>
・多くの研究の参加者が、心血管薬への嫌悪感を表明している
・「私を薬をのむひとには決してなりたくない」「薬は飲みたくない、それだけ」「私は古い人間。私はなにも飲みたくない」
・(研究への)多くの参加者はスタチンの持つ潜在的な副作用に基づいて服薬を却下する
・「訴訟の対象になるようなものなら、飲まない」

・副作用へのネガティブな感情はwell-described risk-perception frameworkで説明されやすい
・George Loewenstein:感情的な反応は人々を確率ではなく、(副作用の)可能性に対しより敏感にさせる」
・ネガティブな感情は少ないリスクの確率を大きく見積もり、ポジティブな感情はベネフィットを過大評価する
・Paul Slovic:ネガティブな感情は、リスクの情報により潜在的なベネフィットを低く見積もらせる
・Slovicはベネフィットについてのコミュニケーションが薬剤嫌悪感への一つの対策と言っている

<自然主義とアイデンティティー>
・試験参加者は頻繁に「自然」を好むことを表明する
・「化学物質」が自然の秩序を乱す
・「Drug」という言葉それ自体が「そもそも体にない物質である」
・「私は医療行為が嫌いーとくに化学物質」
・祖母の夜の「ビタミン」儀式
・「たとえ強くないとしても薬は飲まない。多くの人々は薬を強いものと考える傾向あり」

・健康と病気の間の緊張関係は逆説的なダイナミズムがある
・PCIが終わると薬剤は必要ないという信念を持ちやすい
・くすりを一回飲んで症状が良くなるとやめてしまえると考える→医者に行きたくないので薬を辞めたいといいう考え

・病の長く辛い体験は薬を飲むことを良しとする記憶を形成させる

・病人というレッテルを貼られたくない気持ちがある
・リハビリテーションプログラムはひとが心臓疾患と毛のうとの両者を兼ね備えているという環境形成をおこなっている

<ベネフィットの可視化>
・明らかに心筋梗塞の既往のある心電図の方に「検査はあなたの心臓のダメージを明らかにします」というと「コンピューターはとくに物事を悪くする。(人の心臓を)壊さないでくれ」といわれた
・医療行為のもたらすべねフットは気づきにい(軽微)という問題

・薬剤の目的を尋ねると曖昧に答える人が多いが、抗血小板薬ははっきり答える人が多い。
・多くのインタビューで、「血液希釈薬(さらさら薬)」を詰まったパイプのアナロジーで捉えている
・「この薬は血液の流れを保ってくれる」
・出血や青あざにより血液の流れを保っているというアピールがなされる

・抗血小板薬のアドヒアランスは良好:MI FREEE試験ではスタチン、β遮断薬、ASEi、ARBの服薬率は36〜49%だったのに対しクロピドグレルは70%
・抗血小板薬のパイプをスカスカに開かせるようなイメージを他の薬に持たせるにはどうしたらよいか

・酸素の需要を減らす、リモデリングを抑制するなどといったイメージは持ちにくい
・心臓の力が落ちるのを防ぐといったイメージを退院前に持ってもらう
・経験者のビデオもひとつの方法

<依存性への忌避感>
・スタチンを過食の時にだけ飲む人がいる
・薬に頼ることがひとつの中毒のように思えてしまう
・服薬が弱さや失敗の表現とらえる

・薬をのむことは生まれつきの「不全」を明らかにすることであり、生活習慣の変化で健康をコントロール出来る考える傾向あり
・多くのひとは最も大事なことはダイエットと運動であり、薬剤というひとは少数
・彼らは生活習慣が改善できれば薬剤から離脱できると考える

・これらの考えの根拠として、服薬はコントロールできないものとして経験されるということがある
・中毒、依存症に対する嫌悪というのがその極端なバージョンである

・この義務感が服薬を躊躇させるかもしれないが、解決の鍵にもなる
・自己効力感を強調することは良いが強調し過ぎると薬剤の代替物と思わせてしまう。
・あくまで義務でなく、自らの選択と感じるよう手助けすることが大切

<情緒的知性>
・コンプライアンスは受身的でアドヒアランスは相補的。そうした表面的な表現へのこだわりだけでは、真に患者のノンアドヒアランス対策を考えることにならない
・ノンアドヒアランスを患者の問題として扱いがちだが、薬をのむことに対する人々の感情を知ることが大切

### 20人の心筋梗塞既往者のインタビューを通じて、「薬をなぜ飲まないか」に関して考察されています。
大雑把にまとめるとノンアドヒアランスの根底にあるものとして
・リスク(可能性)は大きく、ベネフット(確率)は小さく見積もられやすい
・「薬=化学物質はとりたくない。自然のものは良い」という感情
・手術やカテーテルでもう治ってしまったという錯覚
・薬を飲んで一時症状(や検査結果)が良くなったのでやめられる
・医者に行きたくないのでやめる
・「病人」というレッテルをはられたくない
・飲むと依存症になってしまう
・薬はコントロール出来ないものである→薬でなくてダイエットや運動のみで治したいという願望

等が挙げられています。

また対策として抗血小板薬が、パイプを詰まらせないよう保つイメージを持っていることから、ベネフットに対してビジュアルに訴える、自己効力感に訴えることなどが記されています。

ただし抗凝固薬については、出血のネガティブなイメージが強いので、それほどアドヒアランスが良いとは思えません。
この辺りのことは拙著「プライマリ・ケア医のための心房細動入門」で詳しく書いたつもりですので、ご参照ください。
このことに関する以前のブログはこちら

$$$ 今日の散歩から
a0119856_1115875.jpg

by dobashinaika | 2015-01-11 01:15 | リスク/意思決定 | Comments(0)

健康情報のプレスリリースや報道における誇張:BMJ誌より

The association between exaggeration in health related science news and academic press releases: retrospective observational study
Petroc Sumner et al
BMJ 2014;349:g7015


目的:健康情報の報道(プレスリリース、ニュース)において、読者の健康関連行動に影響を与えかねないような主結論の歪曲、誇張、変節を同定する

デザイン:後ろ向き、量的解析

セッティング:雑誌記事、プレスリリース、関連ニュース

主要アウトカム測定:読者への行動変容アドバイス、相関研究から導いた因果、ピアレビューを超えた動物リサーチのヒトへの効果言及

結果:
1)プレスリリースでの誇張されたアドバイス:40%(33〜46%)

2)誇張された因果関係;33%(26〜40%)

3)動物研究のヒトへの誇張された言及:36%(28〜46%)

4)上記の誇張がプレスリリースでなされた場合のニュースにおける誇張、因果、ヒトへの言及の割合
プレスリリースで誇張あり:58,81,86%
誇張なし:17,18,10%
オッズ比:6.5,20,56%

5)プレスリリースの誇張がニュースの購読を増やしたというエビデンスは乏しい
a0119856_22351165.jpg

結論:報道での誇張はプレスリリースの誇張と強く相関。学問的プレスリリースの正確さは健康関連ニュースの誤解を軽減する重要な機会を提供する

### イギリスの20の大学が属するグループがマスコミ向けに出版するプレスリリースの誇張について検討した非常に興味深い研究。プレスリリースの時点から35〜40%も誇張があるとのことですね。

まずこうした誇張は一般臨床医は見分けられません。それを見分けるのがメディアの役目かもしれませんが、的確なリテラシーをマスメディアに求めるのも限界が有るように思われます。

イギリスでこの数字ですので、日本ではどうなるのか。

それにしてもこれ動画付き論文です!!初めてみました。

以前から「科学情報の3つ」として「真実」「偶然」「バイアス」が言われていて、わたし、最近これに「捏造」を加えるというオヤジギャグが気に入っていましたが、これにさらに「誇張」を加えなければならなさそうです(バイアスに入るのかもしれませんが)。まさに胡蝶の夢ならぬ誇張の夢。(オヤジギャグ^^失礼します)

$$$きょうのにゃんこ。どこにいるかわかりますか?
a0119856_22353896.jpg

by dobashinaika | 2014-12-11 22:38 | リスク/意思決定 | Comments(0)

EBMとSDM(shared decision making)の関係:JAMA誌

The Connection Between Evidence-Based Medicine and Shared Decision Making
Tammy C. Hoffmann, PhD1,2; Victor M. Montori, MD, MSc3; Chris Del Mar, MD, FRACGP1
JAMA. 2014;312(13):1295-1296.


JAMAから。Evidence-based medicine (EBM) and shared decision making (SDM) の関係についての総説
要点のみ

・EBMとSDMともヘルスケアの率の本質だが、両者の相互依関係については十分理解されていない
・EBMはこれまで患者の価値、好みを無視しがち:それらの統合が困難なため 

<両者が不可欠>
・SDMなきEBMは暴政(専制政治?):エビデンスは本に訳されずに投げ出され、アウトカムか改善しない・EBMの原則に目が向けられない時SDMは限定的となる
疾患の自然経過、可能な選択、利益と害について知らされなければ、患者の好みや意向は信頼できるリスクベネフィット評価に基づくものでないことになる

<なぜ分断されていたのか>
・これまでEBMのリーダーや研究者、指導者とSDMのそれとは別のクラスターだった
・EBMの起源は疫学なので、方法論やエビデンスのリソース、吟味、統合などに焦点が当てられていた
・そして患者との話し合いやエンゲージには気が蒙られなかった
・EBMの関心の多くはスキャンダル(未発表データとか、spin、利益相反)やテクノロジーに目が向きがち

<統合の実現>
・まずEBMトレーニングにSDMを取り入れること
・もう一つは臨床ガイドラインに両者を取り入れること
・多くのガイドラインは患者の好みを取り入れていない
・または患者と会話するよう促しているが、その方法まで言及していない
・リスクベネフィットが拮抗している時やエビデンスが不明瞭な場合にこそSDMが強く薦められる
・特にリスクベネフィットが拮抗している時。たとえばワルファファリン患者での服薬アドヒアランス、モニタリング、食品

<結論>
・最近になりEBM,SDM両者のリンクの不足と重要性が指摘されてきた
・ガイドライン、教育、リサーチなどで強調される機会がたくさん
・Evidence-based medicine needs SDM, and SDM needs EBM. Patients need both.
a0119856_23305330.png


###抗凝固療法も例示されていましたね。抗凝固療法などはSDMの適応の必要な最たる分野かもしれません。

どうシェアしたら良いのか。EBM(狭義のでしょう)の中に取り入れられにくかったのは、それが本質的に”スキル””テクニック”ではくくれない、客観的な技法ではないからだと思われます。

SDMなきEBMは暴政(専制政治?)なら、EBMなきSDMは宗教でしょうか(あるいは詐欺?)
by dobashinaika | 2014-10-04 23:32 | リスク/意思決定 | Comments(2)

ケアネット連載更新しました:シロスタゾールと認知症の関係についての患者さん説明用パンフレットを

ケアネット、「Dr. 小田倉の心房細動な日々~ダイジェスト版~ 」が更新されています。

今回は「NHK特集で放送されたシロスタゾールと認知症の関係についての患者さん説明用パンフレットを作りました。」です。

7月20日のNHKスペシャルで取り上げられた、シロスタゾールと認知症との関連についての日本からのロ分について読み、それを患者さんに説明するためのパンフを作成し、以前のブログに掲載しましたが、かなりのアクセスが有りました。

”心房細動”とは関係は全くないのですが、ケアネットでも取り上げることになりました。

ご笑覧ください。
http://www.carenet.com/series/afjournal/cg001089_0010.html
(無料登録が必要です)
a0119856_17485313.png

by dobashinaika | 2014-08-06 17:51 | リスク/意思決定 | Comments(0)

「決められない患者たち」を読む

この週末は仙台国際センターで開催された第4回日本プライマリ・ケア連合学会学術集会に参加しました。参加した方々には、最近の寒気が嘘のような、1年で一番気候の良い杜の都を味わっていただけだのではないかと思います。

学会の一番良い所は、世の中にはすげー人がいっぱいいる、おもしろい仕事もいっぱいある、このままじゃいけない、俺もやらなきゃ、と一瞬だけでも思わせてくれるところですかね。このモチベーションをどう日々引っぱってルーチンワークして行くかが、この歳になってみると大変難しいわけですが。

ただ、仙台で長年開業している先生や、最近開業した若手の先生にも出席の勧誘してたんですが、参加が少なかったように思いました。こういう層にもっと目を向けてもらえるといいですね。

そんなおり、学会の図書売り場で、なかなかに興味深い本を目にしました。
ハーバード大とベスイスラエル病院の2人の医師による「決められない患者たち」です。


私の最も興味あるところである医療行為についての患者と医師の意思決定についての深い洞察を読み取ることができます。

その第3章で心房細動の抗凝固療法のことがしっかり書いてあります。

・ 患者には「信じる者=Blievers」と「疑う者=Douters」の2種がある
・ 信じるものは抗凝固薬に前向きで、疑うものは出血に対するリスクを問題視する
・ 治療選択にはベルヌーイの式、すなわち
(結果の確実性)x(結果の有用性)=期待効用
のもっとも大きいものが、最も合理的な選択と言える
・ この式を心房細動に適用するのはとりわけ難しい。なぜなら「ある結果の起こる確実性」の正確な数値を個々人について得ることは不可能だから
・ 抗凝固薬のリスクと利益のデータは、通常こうした患者(高齢者、糖尿病、腎臓業、平衡異常をあえて除外した研究から得られたものだから

この最後の見解は以下の論文を参照しています。
Individualized Medical Decision Making:Necessary, Achievable, but Not Yet Attainable
Liana Fraenkel, MD, MPH; Terri R. Fried, MD
Arch Intern Med. 2010;170(6):566-569


心房細動のリスク評価はある程度、CHADS2スコア、CHA2DS2-VAScスコアが妥当であると思っていました。それは概ねそうなのでしょうが、出血に関してのリスクスコアは、正直こころもとないと思っています。まあCHADS2スコアにした所で、入院患者のデータで、5点、6点‥となるとnが少ない中での評価法なわけです。
そこをズバリついてくる記載です。
まだちょっとしか読んでおりませんので、読了したら、また紹介します。

a0119856_23235053.jpg

by dobashinaika | 2013-05-19 23:24 | リスク/意思決定 | Comments(5)

NEJMの“Patient-Centered Medicine”に関する2つの重要な論文

最近のNew England Journal of Medicineに“Patient-Centered Medicine”あるいはEBMと"“preference-based” medicine に関する非常に興味深い2つのPerspectiveが掲載されています。

Defining “Patient-Centered Medicine”
N Engl J Med 2012; 366:782-783March 1, 2012


Evidence, Preferences, Recommendations — Finding the Right Balance in Patient Care
N Engl J Med 2012; 366:1653-1655May 3, 2012


心房細動の抗凝固療法も、他のあらゆる医療上の意思決定も、結局この問題にたどり着くのであり、たとえば上記2番目の論文のこの図を達成することが、抗凝固療法の意思決定における最終目標とも言えるわけです。
a0119856_0245287.jpg


時間がないため、和訳は近日中にアップします。ご容赦を。
by dobashinaika | 2012-05-12 00:28 | リスク/意思決定 | Comments(0)

薬に対する大衆の理解の不確実性について:Archives of Internal Medicinより

Archives of Internal Medicine 9月12日号より

Communicating Uncertainties About Prescription Drugs to the Public: A National Randomized Trial
Arch Intern Med. 2011;171(16):1463-1468.


FDAの薬剤認可について、その意味をアメリカの一般大衆がどの程度理解しているかの検討

方法:
・アメリカのリサーチモニター30,000世帯のサンプル使用による、インターネットbaseで無作為化試験
・2944世帯が、以下の2種類の薬について2通りの認可があることの説明を受けた
 1.1組のコレステロール低下薬群(1つはコレステロール低下(代用アウトカム)により認可されたと説明、もう1つは心筋梗塞減少(患者アウトカム)により認可されたと説明)
 2.1組の消化薬群(1つは最近認可されたと説明、もう1つは8年前認可と説明)
・説明のされ方により3群に割りつけられた
 1.対照群;何も説明されない
 2.非指令群:代用アウトカムは必ずしも患者アウトカムを反映しないこと、新薬の安全性確立には時間がかかることを説明された
 3.指令群:上記説明に加え、心筋梗塞が減る脂質低下薬、より古い消化薬を求めるようにアドバイスされた群

結果:
1)39%は、FDAは極端に効く薬のみを認可していると信じており、25%は重大の副作用のない薬のみを認可していると誤って信じていた

2)コレステロール薬:指令を受けた群の71%、指令を受けない群の71%、コントロール群の59%が、心筋梗塞が減少する薬を選んだ(絶対危険減少 12% [95%CI, 7%-18%] for each explanation vs control)

3)消化薬:指令を受けた群の53%、指令を受けない群の53%、コントロール群の34%が、より古い薬を選んだ(絶対危険減少 19% [95%CI, 13%-24%] for each explanation vs control)

結論:多くの大衆はFDAが極端に効く薬や重大な副作用の無い薬だけを認可していると,誤って理解している。代用アウトカムに基づいて認可された薬の効果や新薬の安全性の不確かさを短時間で説明することで、薬の選択が改善した。薬を選択するような指示のない説明は、指示のある説明と同様の効果を示した。

###大変興味深い論文です。具体的な説明の仕方、たとえば、図表を使ったのか、何の薬について説明したか、長期の安全性をどのような例で説明したかなどが知りたいとことです。実際の臨床場面では、医師への忠誠度が選択に対しては重要な因子になると思われます。代用アウトカムの理解者71%と言うのは、かなり高い理解度ではないかとも思いますが、たしかにコレステローが下がるのと、心筋梗塞が減るのとは違うことは結構患者さんはわかってくれるように思います。大事なことは、こうした薬の選択のときのみならず、つねにコレステロールの薬を飲むことの意味をが数字を下げることではないことを念頭においていただけれるかということだと思います。

ついでながら、最近認可されたにもかかわらず、古い薬より効果が高く安全性にも優れている薬は,この研究ではどう説明したら良いのでしょうか(新規抗凝固薬のこと)。
by dobashinaika | 2011-09-17 23:51 | リスク/意思決定 | Comments(0)

低ヘルスリテラシーと健康アウトカムに関するシステマティックレビュー:Annals of Internal Medicineより

Annals of Internal Medicine7月19日号より

Low Health Literacy and Health Outcomes: An Updated Systematic Review

低ヘルスリテラシーと健康アウトカムの関係についてのシステマティックレビューです

・ヘルスリテラシーが低いほど、入院増加、救急ケア増加、マンモグラフィー検診受診低下、インフルエンザワクチン接種不良、医薬品適正使用不良、薬品表示や健康アドバイス理解不良を認めた
・高齢者では,低リテラシーは包括的健康状況悪化および死亡率増加と関連
・ある種のアウトカムでは、低リテラシーで人種間のばらつきを説明することができた
・計算力と健康アウトカムの関係は証明できず。

###ヘルスリテラシーと健康アウトカムの相関は確立したものといわれています(こちらの中山和弘先生のサイトが参考になります)。さて、ではリテラシー向上にはどうしたら良いのか?そもそも健康に関心のない層にどうやってリテラシー向上のプロモーションを行うのか?

リテラシー向上の場には家庭(マスコミ)、学校、職場、医療機関、地域、等が考えられます。
その中で今後、特にわれわれ医療機関は地域と一体となってこのプロジェクトを考えて行く必要があると思います。プライマリケア医の患者さんに疾病のメカニズムや薬の効果、副作用を説明する日々の営みは、まさにヘルスプロモーション活動そのものだと思いますが、その特徴はテーラーメイドプロモーションであることです。その人その人の理解度に合わせた説明、メンタルやモチベーションを考えた言葉使い。毎日の診察室でもやり取りは個別化したリテラシー向上活動であるとも言えます。

追記)ただしそれには医療者のコミュニケーション能力が大きく左右すると思われますが、その点の医療者間格差や教育には改善の余地が大いにあると思われます。

今後われわれ地域の医療福祉関係に従事するものとしてできることには、さらにより身近で多職種協同的に健康を語れる場の創成や、ネットを使った取り組みなどがふくまれるかもしれません。自分としては、より興味を引くような健康教室の開催、医療関係の片以外の方が気軽に健康問題について語り合える場作りなどに取り組みたいと思います。
by dobashinaika | 2011-08-02 23:00 | リスク/意思決定 | Comments(0)

医療リスクについての「理解」と「納得」

突然ですが、医療とは何か、臨床とは何か、この大上段な問いに対して暫定的かつ業界的にも世界潮流的にも妥当な答えは「医療はコミュニケーションである」ということだと思われます。
では、コミュニケーションとは何か、これもかなり大上段なテーマですが、暫定的に、「様々なものを共有または共感すること」としておきます。また行為の文脈からは「合意形成」であるということもできます。
この「様々なもの」は、一言で言えば「情報」と言っても良いですが、その中には、知識、価値、感情といったカテゴリーが含まれるはずです。

ダン・ガードナーの「リスクにあなたは騙される」(早川書房)はリスク認知を理解する上での名著ですが、そこで人間の思考システムには「頭」と「腹」の2つがあることが強調されています。言うまでもなくそれは「理性」と「感情」に相当するのですが、原発事故以来、こうしたリスク認知を巡る二項対立がよりクローズアップされてきているように思われます。
たとえば「安全」と「安心」、「客観確率」と「主観確率」、「アルゴリズム」と「ヒューリステクス」。どれも言葉は違いますが「頭」と「腹」の2システムを想定した概念です。

はじめに述べた「様々なもの」は、医療コミュニケーションにおいては「医学的知識」と「それに対する感情や価値観」という二項対立の形で現れてくるように思われます。例えばワーファリンを飲む場合の副作用は約1%ですが、それより飲むことの利益の方が大きいことを説明した場合、患者さんの反応はおおむね次の4パターンあることを私はずっと感じていました。

まず、1%というリスクの意味とベネフィットとの差を理解して、服用することに納得される人。この人たちを「理解納得型」と呼ぶことにします。

次に、リスクとベネフィットの意味は理解するけれども、それでも副作用で脳出血になったらこわいので飲みたくないという人。この人たちを「理解不納得型」と呼ぶことにします。

第3に、リスクやベネフィットの意味はわからないけれども、先生の言うことだから信用しますという人。この人たちを「不理解納得型」と呼ぶことします。

最後に、やはりリスク、ベネフィットの意味はわからないが、副作用が不安なので服用しないという人。この人たちを「不理解不納得型」と呼ぶことにします。

このうち第3の「不理解納得型」は主に高齢者に多いのですが、これまでブログでも何度か言及した社会心理学で言う精緻化可能性モデルの周辺ルートに相当します。リテラシーや動機が不十分な場合、情報の送り手すなわち医師への信頼性や魅力の高さを根拠に納得する思考法です。

私が常日頃考えるのは、上記2番めと4番め、すなわちどちらも「不納得型」ですが、この人たちに納得していただく、つまり「腹」でわかっていただくにはどうしたら良いかということです。いわゆるリスクリテラシーを高めれば、果たして「腹」レベルまで納得してもらえるのでしょうか。この問いに対しては、「腹」の手強さを考えると、いささか絶望的な気配が漂います。

「腹」とは、感情を主に指しますが、またその人個人の信念あるいは価値観を含む概念でもあります。言うまでもなく個人の感情や価値観は非常に強固です。特に医療のリスクに関する「腹」は、絶望的に手強い。なぜならまず副作用は自分自身のからだそのもののことだからです。計画停電のリスク、増税のリスク、他人がワーファリンを飲んで脳出血になる1%のリスク,こうしたリスクと、自分が脳出血になってしまう現象とは「その人」にとって根本的に違います。

さらにリスクは、基本的に「未来のこと」の確率ですのでリスク1%といっても、出血が起きてしまえばその人にとっては100%の「過去のこと」になってしまします。経済学者小島寛之が村上春樹の「パン屋再襲撃」の一節「世の中には正しい結果をもたらす正しくない選択もあるし、正しくない結果をもたらす正しい選択もあるということ」の中に見いだした不条理性です。「ことが起きる前の正しさ」と「ことが起きたあとで振り返ったときの正しさ」という決定的な断絶です。

こうした「腹」の前ではわれわれ医療者はなす術がないかもしれません。しかしながら、まずこういうことはできると思うのです。たとえば2番めの「理解不納得型」の人は、実は「理解不十分あるいは誤解不納得」なのかもしれない可能性があります。コストやスキルアップで「誤解」を解くことで「納得」に導けるかもしれません。

それでも「納得」が得られない場合はどうするか。私は「それはそれで良い」と思います。はじめに述べたように、コミュニケーションは「感情への共感」「価値観の共有」がその本分であり。早急に結論を出したり問題解決をいそいだりすることが本質ではありません(時間的緊急性のある問題は別に考えます)。了解し合うことやプロセス自体に意義があると考えるからです。ハーバーマスはこのような了解志向型の営みを「コミュニケーション行為」と呼び、「成果志向型」よりも本質的であると指摘しました。情報の共有の努力を尽くした上で、「不納得」について共感するーとりあえずこのスタンスを大事にしたいと思います。

なお、就活でも何でもコミュニケーション能力が最重要などとよく言われるようになりましたが、コミュニケーション行為は「能力」の尺度で捉えられるものか、いつも疑問に思います。「情報」の共有であれば、それなり能力やスキルは必要です。これに対し価値観や信念、感情と言った思考活動について「共有、共感」するのも「能力」なのでしょうか?「経験」や「想像力」の介在する余地は?また後日考えたいテーマです。
by dobashinaika | 2011-06-26 11:20 | リスク/意思決定 | Comments(0)

リスク/意思決定に関する最近のツイート(私ので僭越ですが。。)

ちょっとした原稿依頼があったので、ここ1か月くらい、ツイッターでぶつぶつ言った患者—医療者関係やリスクコミュニケーション関係の戯れ言をまとめてみました。
ツイッターをやっていると、こういうときパッチワーク作業ができて重宝です。
こうして見るとほんとに大したこと言ってないですね(笑)。何でこんなこと言ったんだろうっていうのもままあります。ご批判いただければ幸いです。

####################################################################
「語りえぬことには沈黙しなければならない」この人類史上最も有名な一文も、われわれ医者にとってはツラい一言ことだなあ。語りえぬことばかりでも語れねばならない毎日だから。

どこまでが語りえることなのか、それを明らかにすることから始まることがありますよね。難しい命題ですが。

BMJに「インフォームドチョイス」を知識と態度から定義づけた論文が載っていたが、その知識の元になる情報の質と伝達方法にすでにバイアスが入る可能性がある。

恐怖心を定量化する試みって、何かあるのだろうか?定量化できたとして知識によってどのくらい影響されるか知りたいところ

月1回l健康教室をやっていますが、はじめは患者さんの「リテラシー」向上を目的にしていましたが、途中から自分の「患者さんに対するリテラシー」向上も必要であることに気づかされました。患者さんは疾患を、そしてわれわれ医療者をどう考えているのかをまず読み取らねば。

時々さる外科系医療機関から「手術には支障がない」「手術は見あわせた方が良い」のどちらかに丸をつけるような返信用紹介状が同封された患者照会があって、正直困る。リスクの寡多だけ答えるようにしてるけど。

あまり良くなっていないのに、「少しはいいんですが、まだ。。。」という患者さんの心理は、自分が病気になった時よくわかる。治りたいという願望と医者への気遣いと。

EBMを日常診療に生かす方法について、開業医の先生向けに話していたら、いつの間にかリスクコミュニケーションの話しになっていた。

地震があっても自分の頭の上だけには屋根が落ちてこないと考えるのが「楽観バイアス」今回そんなバイアスが自分にもかかっていたことを改めて自覚。バイアスを自覚することこそまず大切なんですね。

例えばコレステロールの高い患者さんにいくら心筋梗塞のリスクを説明しても、心のどこかで「自分そうはならない」と思いこんでいる。その思考が心に占める割合がものすごく大きい人と小さい人がいて、その差はどこから来るのかが、前々から知りたいことなのです。

RT xxxxxx: こういう記事でリスク心理学の知見が語られるようになったのはいいことだ。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=41412&from=tb

リスク認知について「未知性」「恐ろしさ」の2因子が言われているが、知識でいくら未知性を補っても、後者が根強い場合、安心を得ることは難しい。そこの転換点は個人差が大きいと思う。

放射線被ばくに関して、医学的、疫学的にあまりにもありえない言説を目にすると、無力感に襲われる。患者さんがあやしい健康食品をよく効くと言うのを聞いたのと同じ感覚。何とか医学的な説得を試みても難しいことが多い。

患者満足度 × 医療者満足度を最大にすることが医療の目標かも。足し算でなく、かけ算なのがミソ

@xxxxxxx ありがとうございます。足し算だと一方かがかなり小さくでも、他方が十分大きければ見かけ上大きく見えますので。それだとかけ算では小さくなりますから、そこがミソのつもりです。言葉の遊びですけど。

用語が表している範囲って専門家と受け手とではかなり違う。「動脈硬化」と一口に言っても医者は幅広い意味で使うが、患者さんは狭い危機的イメージでとらえる。その幅や質の違いをおさえないとなあ。原発問題で出てきたキーワードの取り扱いも一緒のような気が。

原発にまつわるリスクコミュニケーションの混乱は、医療現場での日々のコミュニケーションミスマッチにそのままあてはまるので、身につまされる。「可能性はゼロではない」言い方なんてその典型。医者は当たり前だと思って軽く言うけど、患者さんはそれを100%と捉える。

同意です。リスク定量自体が明らかでない(または明らかにしない?)場合、もっと混乱しますね、RT @xxxxxx はじめまして。仰る通りだと思います。でも最近は訴訟が多い関係で少しでもリスクがあれば医師はしっかり強調しますが、原発の場合はそこがあやふやすぎると思います

夜間、床につくと、自分の心臓の鼓動を地震と思ってしまい眠れない不整脈の患者さん来院。まだまだ余震の影響は続く。

『正しく怖がる」という場合の「正しく」は「理性的に」とか「科学的に」という意味で使われるるように思うけど、だとしたらそれ原理的に不可能ではないだろうか。

厳密には、「不可能と知りつつも、正しく怖がるように努力する」というのが「正しい」態度なのでは。

患者さんが自分の考えで服薬をやめることって、医者が考えているよりもはるかに多いと思う。患者さんのその考えをまず尊重したい。そこからコミュニケーションの開始。

「モニター」と「モンスター」の語源は同じだそうです。こわいもの、わけのわからないもの→だから監視する。なるほどね。

手術や服薬を拒否する患者さんは多いが、非常に低い確率でも、きわめて重大な結果をきたす事柄への態度決定は、科学では答えが出ない。問うことはできるけど。原発についても同じ。

リスク客観主義とリスク構成主義とがある。どちらの立場に偏りすぎてもだめ。でもそのバランスとるのは超難題ですね。
by dobashinaika | 2011-06-12 23:38 | リスク/意思決定 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(27)
(25)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

新規発症例の心房細動に,肥満..
at 2017-08-21 22:15
長時間労働者(週55時間以上..
at 2017-08-17 18:42
「もう怖くない!心房細動の抗..
at 2017-08-09 09:56
NOAC vs ワルファリン..
at 2017-08-04 22:16
ダビガトランの中和薬、イダル..
at 2017-08-02 21:49
心房細動は血栓塞栓症の原因で..
at 2017-08-01 23:29
定期健康診断での低リスク者へ..
at 2017-07-31 16:58
85歳以上の超高齢者でも,抗..
at 2017-07-24 23:27
発作性心房細動は1年で8.6..
at 2017-07-20 21:28
「愛の不等式」から考える「抗..
at 2017-07-12 23:56

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン