カテゴリ:心室性不整脈( 4 )

QT短縮症候群のシステマテックレビュー~QTc330msec未満、家族歴、遺伝子型に要注意

Journal of American College of Cardiology2月15日号からです。
The Short QT Syndrome: Proposed Diagnostic Criteria
J Am Coll Cadriol, 2011; 57: 802-812

背景:QT短縮症候群は、心房細動や突然死に関係しており、初の報告時から10年経つが、診断基準は明確になっていない。

方法:MEDLINEでQT短縮症候群に関するすべての報告を抽出。報告されたデータから心電図上の特徴やQT間隔の範囲を検討し、一般住民のデータと比較した。

結果:
1)計61例が報告されていた。
2)突然死、心停止、失神、心房細動は57.4%に見られた。
3)男性が75.4%を占め、症候性患者の平均QTcは306.7msec(248~381)であった。
4)一般住民に比べ、臨床所見、家族歴、遺伝的所見を考慮した感度の高いスコアリングシステム(注)が開発された。

結論:QT短縮症候群61例の包括的レビューに基づき、疑わしい心電図の診断を助ける、公式の診断基準が提出された。このクライテリアはリスクの高い家系のスクリーニングと状態把握に有用である。

(注)QTc、家族歴、突然死、心房細動の既往、特徴的遺伝子型などをポイント化し4点以上をhighly-probably、3点以上をintermediate-probability、2点以下をlow-probabilityとした。各点数は以下の通り
QTc, ms
  <370 1点
  <350 2点
  <330 3点
  Jpoint-Tpeak interval <120 ms 1点
Clinical history *
  History of sudden cardiac arrest 2点
  Documented polymorphic VT or VF 2点
  Unexplained syncope 1点
Atrial fibrillation 1点
Family history *
  First- or second-degree relative with high-probability SQTS 2点
  First- or second-degree relative with autopsy-negative sudden cardiac death                                1点
  Sudden infant death syndrome 1点
Genotype *
  Genotype positive 2点
  Mutation of undetermined significance in a culprit gene 1点

###QT短縮症候群は、K電流の増強等により、心室筋の活動電位持続時間が短縮し、QT間隔の短縮を来す疾患で、これまで5つの遺伝子型が報告されています。不応期が短縮することにより致死性不整脈がおきやすいため、突然死が問題となっており、心房筋においては心房細動の原因となると言われています。
 QTを延長させるI,III群抗不整脈薬が有効です。
 今回はシステマテックレヴューにより、包括的に診断基準を規定しようという取り組みです。まず心電図でQTc0.37未満なら要注意、0.35未満では厳重注意、それと他の因子を考えに入れての診断ということを、頭に入れるようにしたいと思います。
by dobashinaika | 2011-02-10 18:11 | 心室性不整脈 | Comments(0)

若年者の心電図早期再分極ではJ波の高さや誘導の数が突然死と関係

Heart Rhythm2月3日オンライン版から
Risk of Sudden Death among Young Individuals with J-waves and Early Repolarization: Putting the Evidence into Perspective

心電図上のJ波とST上昇は「早期再分極パターン」と呼ばれ、従来からは「健常者」のマーカーと考えられていた.しかし近年の研究で、このパターンと不整脈死のリスク増加との関係が指摘されるようになった.日常心電図で偶然見かけるJ波の不整脈リスクをどう評価したらよいかが関心事となった.このJ波の恐怖を引き起こす早期再分極に関するレビューを行った.

・ 5つのケースコントロース研究(特発性心室細動331例とコントロール8649例)を検討
・ 特に多誘導で電位が大きく記録されたJ波を持つものが心室細動例で多く見れた
・ 3つの大規模研究のうち2つで、無症候性でJ波高が2mmを超える例では、長期追跡で不整脈死が3倍増加した。

J波を有する例は不整脈死に関連のある再分極のばらつきを持つと考えられるが、それはさらなる催不整脈因子やトリガーが加わったときのみである.無症候性症例には慎重な対応が求められる.

###突然死例を丹念に見ていたら特徴的な心電図を持つ例が見つかった....この最も有名な前例はBrugada波形ですが、近年それまで全く問題ないとされていた早期再分極にもスポットが当たっています。この手の所見は健診心電図におけるリスク層別化へとどうしても関心が移ってきます.
多くの誘導でJ波が認められる場合、J波が大きい場合注意が必要といいことでしょうか。
それにしても「特発性心室細動」とはなんと不条理な病名なのでしょう.
by dobashinaika | 2011-02-03 22:30 | 心室性不整脈 | Comments(0)

植え込み型除細動器の家庭での無線モニタリングにより、イベント発生から治療までの時間が短縮

Journal of American College of Cardiology1月19日オンライン版から
The CONNECT (Clinical Evaluation of Remote Notification to Reduce Time to Clinical Decision) Trial

P:ICD植え込み患者1,997名:136施設参加の他施設共同研究

E:メドトロニック社製遠隔モニタリングシステムケアリンクにより心房細動/心房頻拍、心室細動、ショックの回数、心室ペーシングの回数、リードインピーダンスを自動的に医師に伝送するようにした群

C:手術後3ヶ月ごとに、外来で上記をチェックした群

O :不整脈イベント発生から治療までの時間の短縮、心血管イベントの減少

T:無作為期割り付け

結果:
1)イベント発生から治療(臨床決断)までの時間は有意に減少:4.6日vs.22日(p < 0.001)
2)心血管イベントによる入院日数は有意に減少:3.3日vs.4.0日(p = 0.002
)

結論:医師への自動警報付きのワイヤレスモニタリングは、これまでの外来でのフォローに比べ不整脈イベントから臨床決断までの時間および、入院の日数を短縮させた。

###このシステムは既に日本のいくつか施設で導入されており、昨年から保険点数も460点加算できます.しかし日本のものは自分のペースメーカーの上にモニター機器をあてがってデータを読み込ませ、それを医療期間に電話伝送するシステムです.アメリカでは、今回の論文のように例えば患者さんが寝ている間にも部屋の中のモニター機器が無線でデータを収集しそれを自動的にネット改善で伝送させるシステムが構築されています.
by dobashinaika | 2011-01-30 17:42 | 心室性不整脈 | Comments(0)

AEDが有効な心停止は、家庭内より公的な場の方が多い

New England Journal of Medicine1月27日号から
Ventricular Tachyarrhythmias after Cardiac Arrest in Public versus at Home
N Engl J Med 2011; 364:313-321January 27, 2011

P:院外心停止12,930例(アメリカ)

E:パブリックスペースでの心停止2042例

C:家庭内心停止9564例

O:心室頻拍または脈拍のない心室頻拍の割合、退院時生存率

T:前向きコホート研究

結果:
1)心室頻拍または脈拍のない心室頻拍の割合:
家庭内群=EMS隊員目撃時25%、by-stander目撃時35%、by−stander AED施行時36%
パブリック群=38%、60%、79%
2)上記の家庭内群に対するパブリック群のオッズ比はbystander目撃心停止 2.28 (95% 信頼区間 [CI], 1.96 to 2.66; P<0.001)、bystander AED施行時 4.48 (95% CI, 2.23 to 8.97; P<0.001)
3)退院時生存率:パ群34%、家庭内12%(補正オッズ比, 2.49; 95% CI, 1.03 to 5.99; P=0.04)

結論:いわゆる電気ショック可能な不整脈はパブリックスペースでの心停止に多かった。公的な場でのAEDの重要性がさらに強まった。家庭内ではより迅速で質の高い心肺蘇生の重要性がより強まった。

###心室細動や脈拍のない心室頻拍は、まだ心臓に電気的活動が残存していることを示し、ショック可能な心室性不整脈とされます。家庭での心停止は心臓病のある、より高齢の人で認められるため、隊員到着時既に完全な心停止になっていることが多いと推定されます。家庭内AEDが普及するまでは、公的な場にはAEDを、家庭で迅速的確なCPRというきわめてアピール性の高い論文です。
by dobashinaika | 2011-01-28 23:26 | 心室性不整脈 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(27)
(26)
(24)
(24)
(23)
(20)
(20)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

高齢者の抗血栓薬による血尿関..
at 2017-10-16 18:47
NOACとの併用で特に注意す..
at 2017-10-13 21:20
COMPASS試験に対するB..
at 2017-10-08 01:31
ABCパスウェイ(心房細動管..
at 2017-10-04 23:48
冠動脈疾患安定期にはアスピリ..
at 2017-10-04 01:11
第11回どばし健康カフェ「 ..
at 2017-10-02 21:57
冠動脈疾患における抗血小板薬..
at 2017-10-01 23:52
医師,患者に対する質の高い多..
at 2017-09-21 00:23
抗凝固薬+抗血小板薬併用療法..
at 2017-09-04 22:49
発作性心房細動では無症候性は..
at 2017-08-30 00:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン