カテゴリ:ペースメーカー友の会( 11 )

日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部第10回記念総会

昨日(5月22日),日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部第10回記念総会が開かれました。
東京女子医科大学名誉教授の須磨幸三先生のご臨席のもと,総会,須磨先生のご講演,勉強会が行われました。
この会の設立からお手伝いさせておりますが,10周年を迎えることができ,大変感慨深いものがあります。

ペースメーカーの進歩も日進月歩であり,患者さんの疑問や不安も数多いことと思います。診察室の外での,患者さん,医療者,器械の専門家を交えた交流,患者さん同士の情報の交換。

こうした場の大切さを改めて痛感させられました。
今後もこの会がますます発展されることを望みます。
a0119856_08001653.jpg


by dobashinaika | 2016-05-23 07:57 | ペースメーカー友の会 | Comments(0)

第9回日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部総会および勉強会

本日は第9回日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部総会および勉強会に出席して参りました。昨年の茶話会は、体調のため欠席でしたが、今年はぜひとも参加したいと思っていたので、念願叶いました。

本日は「ペースメーカー感染症について」との演題での勉強会があり、その後にQ&Aがありました。
勉強会に関連して、手術後の痛みに関する質問、また話題となっているMRI対応のペースメーカーについての質問など、いつもどおり活発な質疑応答があり、相変わらずの盛会でした。

a0119856_2361486.jpg

by dobashinaika | 2015-05-10 23:08 | ペースメーカー友の会 | Comments(0)

第7回日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部勉強会

本日は第7回日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部勉強会に出席して参りました。同会は震災の年に休んだだけで、設立以来約8年間、参加者も着実に増え充実した活動を行なっています。

本日は「心房細動について」との演題でレクチャーさせて頂きました。ペースメーカー患者さんは、心房細動を合併しておられる方が多いせいか、皆さん熱心にメモをとられ、その後の質問も多く、関心の高さを伺わせました。

ペースメーカー患者さんは、徐脈のことに目が向きですが、特に洞不全症候群の方は、手術後に心房細動を合併していくるケースも多いですので、それについての学習も必要に思いました。

a0119856_22442081.jpg

by dobashinaika | 2013-05-26 22:45 | ペースメーカー友の会 | Comments(0)

患者フレンドリーなペースメーカー手帳が欲しい;心臓ペースメーカー友の会第6回茶話会より

今日は、第6回となります、日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部茶話会に参加させていただきました。
今回は新入会員の方も多く、総数41名と多くの方にご参加いただきました。

いつも思いますのでは、やはり患者さんはなかなか聞きたいことがあっても、医師に遠慮して聞けないことが多々あるということです。
特に専門施設の先生はお忙しそうで、気を使ってしまうという声がどこのテーブルでも聞こえました。

もう1点、これも常に話題になることですが、ペースメーカー手帳の記載が患者さんには全くわからないということです。
ペースメーカー手帳は、患者さんの疾患名、ペースメーカーの種類、モード、ロット番号、心拍数や出力などの設定、刺激やセンシング閾値、リードインピーダンスなど多数の専門的情報が書き込まれています。
これらは、植え込み手術当初の初期設定値と、年1〜2回のペースメーカー外来でのチェックによるデータから成っています。そのほとんどが英語で書かれており、また大変専門的なデータです。

こうしたデータは患者さんが理解する必要のないものもありますが、設定心拍数やモード、ご自分の疾患名程度は理解しておく必要があると思われます。
こうした基本データだけでも、日本語で、患者さんがわかりやすい形で記載されるべきだと思います。
でなければ、手帳を患者さんが持っている理由は希薄です。(他の医療機関受診時、事故の際などのためもありますが)

少なくとも、患者さんに手渡している以上、何が書いてあるのかを知りたいと思うのは当然です。
以前も同様のことを申し上げていますが、今回やはりそのような声が多く、患者フレンドリーな手帳があれば良いとの思いを強くいたしました。
a0119856_22431492.jpg

by dobashinaika | 2012-10-21 22:43 | ペースメーカー友の会 | Comments(0)

日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部総会が2年ぶりに開催されました

今日は、第6回日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部総会に出席しました。

2月に茶話会は開催されましたが、総会は昨年震災で中止となったため約2年ぶりとなります。

本部の日高副会長から、岩手県では震災でお亡くなりになった方のうちお一人の身元が体に装着されていたペースメーカーわかったとの報告がありました。

質疑応答では、今日はプラザキサを服用する際の注意点についての質問が多く、それだけ広く処方されていることを痛感しました。

石巻や南相馬の方とも、再会できましたが、皆さん壮絶な被災て体験をされておられるのに、明るく話されるのがとても印象的でした。

東北大学循環器内科の中野誠先生にも新たに顧問に就任していただけるとのことで、大変心強い限りです。

写真は中野先生の講演です。
a0119856_22561613.jpg

by dobashinaika | 2012-05-27 22:58 | ペースメーカー友の会 | Comments(0)

震災後初めての日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部茶話会に参加しました。

本日、日本ペースメーカー友の会宮城県支部茶話会に相談役として参加いたしました。
http://pm-miyagi.jimdo.com/

ペースメーカー友の会宮城県支部は、毎年2月に茶話会、5月に総会、10月に勉強会を開いて精力的に活動して参りました。

しかし今年度は5月の総会、10月の勉強会とも、震災の影響で中止せざるを得ませんでした。

それだけに本日の茶話会は、みなさんの再開への思いの強さからか、茶話会としては過去最高の38名の参加者がありました。
幸い震災で、お亡くなりになった会員の方はなかったとのことですが、沿岸部で被災されたり、親類の方が被災された方がおられました。

今日は、そうした震災に関連して、不整脈の発作が増えたであるとか、震災後なぜかペースメーカーの具合を意識するようになったという声がたくさん聞かれました。
新たに参加された方も多く、皆さんの「語り」を傾聴しているだけであっという間に2時間が過ぎてしまったという感じでした。

来年度は総会、勉強会と、通常通り復興することを祈ってやみません。
a0119856_2091966.jpg

by dobashinaika | 2012-02-26 20:10 | ペースメーカー友の会 | Comments(2)

ペースメーカー患者さんの会に参加しました(心臓ペースメーカー友の会)

本日、平成22年度の日本心臓ペースメーカー友の会「宮城県支部茶話会」が開催されました。4−5人がテーブルを囲み、その輪に医師、技師の方々が入って、自らの「語り」を聞き合う。
患者さん同士がお互いの「物語」を聞き合うことで、安心感とペースメーカーそのものへの理解が深まると思います。
今回も3時間、あっという間にすぎ、熱心な「語り」を聞くことができました.
by dobashinaika | 2011-02-13 23:58 | ペースメーカー友の会 | Comments(5)

平成22年度日本ペースメーカー友の会宮城県支部総会

本日は平成22年度の日本ペースメーカー友の会宮城県支部総会があり、来賓として出席いたしました。この会も設立から2年半を迎え、新規入会の方も増えており、順調に運営されているように思われます。ただ会員の方、役員の方にはご高齢の方も多く、どうしても会の出席を継続できない方もおられるとのことで、今後は役員数を増やしていくことで全員の賛同が得られました。

午後からは恒例の質疑応答があり、ペースメーカーと低周波治療器、電気毛布、CT、乳がん検診、タッチパネル式携帯電話との関係に関する質問や、術後の痛み、高齢でも手術はできるのか、などかなり多様な質問が出されましたが、回を重ねるごとに質問も進化しており、答える側も勉強しなければとの思いを強くいたしました。
a0119856_2362221.jpg

by dobashinaika | 2010-05-23 23:06 | ペースメーカー友の会

第3回日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部茶話会

本日、第3回のペースメーカー友の会宮城県支部茶話会がありました。ペースメーカーやICDを装着されている患者さまが5~6人で一つの机を囲み、そこに私、東北大学循環器内科の福田浩二先生、日本メドトロニック社仙台支店の金塚さんはじめ2名、の計4名のアドバイザーが加わり、日ごろのペースメーカーに関する疑問や悩む、不安といったものを出し合いました。

私にとってこの会は、ペースメーカー、ICD患者さんの本音や本当に知りたいことがストレートにわかるという点で、大変貴重です。普段患者さんは、医者と一対一で接すると、ついいい患者でいようという気持ちが働き、本音をぶつけてくれないことがあります。何人かの同じ問題を抱えている方と一緒だと、そういった規制が外れて、普段話せなかったこと、医者に言おうとしてもためらってしまったことが、たくさん出てきて、患者さんの心理をつかむうえでも大変勉強になりました。

会の冒頭、事務局は11名だが、体調が悪い方や各人のお仕事のご都合などで、なかなか思うようにマネージメントができないとのお話がありました。顧問としましても、今後今まで以上に協力していきたいと思います、。a0119856_2394748.jpg
by dobashinaika | 2010-02-28 23:10 | ペースメーカー友の会

日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部勉強会

日にちが前後しますが、11日(日)は日本心臓ペースメーカー友の会宮城県支部の今年度の勉強会がありました。同支部が発足して早2年。この間、会員数も着実に増え、定期的に総会、勉強会や茶話会が開催されてまいりました。イーグルスが成長するのと軌を一にして、当支部も発展を遂げましたが、これもひとえに幹事の方々はじめ、会員の方々のご尽力のたまものと思います。

今回私は、「ペースメーカー手帳の見方」につきまして講師を務めさせていただきました。なにぶん専門的な内容を含む事柄であり、わかりにくかったかもしれませんが、今後とも何回かに分けて手帳の見方についての勉強もしていければと思っております。a0119856_21581685.jpg
by dobashinaika | 2009-10-18 22:01 | ペースメーカー友の会


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(25)
(24)
(24)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

日本のリアルワールドでは,D..
at 2017-04-19 22:34
脳梗塞既往のある心房細動例で..
at 2017-04-11 18:56
DOACはワルファリンやアス..
at 2017-04-03 23:11
カテーテルアブレーション時,..
at 2017-03-28 23:43
2017年版失神患者の評価と..
at 2017-03-21 19:07
虚血性脳卒中後の心房細動例の..
at 2017-03-16 19:20
昨日のNOAC論文に追加情報。
at 2017-03-15 18:52
英国のプライマリケアセッティ..
at 2017-03-14 23:18
全世界でNOAC発売後心房細..
at 2017-03-09 22:18
無症候性心房細動の24時間以..
at 2017-03-07 18:17

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン