カテゴリ:寺子屋勉強会( 4 )

災害後の心のケア・うつについての勉強会を開きました(第21回寺子屋勉強会)

さる5月14日(土)、第21回の寺子屋勉強会が開催されました。この会は私と森るり子先生(森るり子内科クリニック)が幹事となり、仙台市周辺の開業医の先生を対象としてプライマリケアを広く勉強するために不定期に開催している会です。
今回は「かかりつけ医がうつを診る工夫ー災害の心のケアも含めて」と題して、メンタルクリニック秋田駅前の稲村茂先生にご講演をいただきました。
稲村先生は、秋田いのちの電話を主催されるなど、うつ・自殺対策の専門家であり、今回の震災では石巻地区など被災地の避難所に入られて被災者の方のメンタルケアも実施されるなど、精力的に活動されている先生です。
ご講演の中から、印象に残った言葉をpick upいたします。


* 秋田県の自殺率は全国一位。ここ数年やや減少
* 東北地方では秋田、青森が高い。宮城は全国平均
* 70代が最も多く、男性は女性の2倍。男は50代が多く、女性は高齢ほど多い(孤独死多い)
* 自殺の原因は健康問題が41%。経済・生活問題は29%で最近半分に減ってきた(平成18年)

* うつ症状を呈する患者の初診料の64.7%は内科
* とりわけ中高年男性の受診をいかに高めるかがポイント
* ハイリスク者の発見と対応には地域のキーパーソン養成(メンタルヘルスサポーター)が大切
* 秋田県医師会ではうつ病・自殺予防研修会を通じてプライマリケア医の研修を行い協力医として公示している
* 精神科専門医約24名が登録医としてこれら協力医への援助をしている
* 研修会は秋田県内で年間15回開催され、ロールプレイや座談会形式

* 「傾聴」の大切さ,しかし「答えること」はできない。
* 生きる目的はないかもしれない。でも今日1日で何かいいことがあったかを聴いてみる
* 1800名が被災地から秋田に避難しているが6割に精神的トラウマが見られる
* 傾聴すると話しが止まらない「躁的防衛」がみられる
* 医者が来ただけで楽になったと言われる

* メンタルケアの手法として「受容」「傾聴」の次に、より一歩踏み込んで、体験されたことの具体的な話を聞き出す「体験の明細化」も大切
* うつ・自殺防止には、地域の医師そのものが社会資本である

震災後、仙台市内でも、医療関係の勉強会はほとんど延期または中止となり、今回ほぼ震災後初といっていい会合でしたが、ここ2カ月での開業医それぞれの体験談を交えながらの質疑応答も活発で、医者もみんな今、語りたがっているんだな、と実感しました。

答えることはできない、でも傾聴する。地域の医師はそのための社会資本である。深く心に刻みたいです。
by dobashinaika | 2011-05-18 08:29 | 寺子屋勉強会 | Comments(0)

第20回寺子屋勉強会

3月19日は第20回の寺子屋勉強会でした。この会も20回を迎え節目の会ということで、メーリングリスト以外の医療従事者にも声をかけ、テーマも今までのような医学の講演会ではなく、患者―医師コミュニケーションについて日本ヘルスサイエンスセンターの石川雄一先生による、参加型勉強会を企画いたしました。石川先生は自治医科大学の第一期生で、ハーバード大学で行動医科学を学ばれ、年間500回に及ぶ講演活動を通じて医療コミュニケーション、健康な生き方を医療者、一般市民に説かれています。

会場は、通常の講演会とは異なり4人で囲む机が演壇から放射状に約10卓ほど置かれており、石川先生の掛け声とともにそれまで座っていた椅子から別の椅子へ移動することで会が開始されました。「日本人の1/3ががんで死ぬけれど、自分はガンで死ぬと思うか。隣の人と話し合ってください」、まずこの課題から始まったのですが、その答えには、自分のターミナルをポジティブに考えるか、ネガティブに考えるかが背景としてあるわけで、そうした背景をまず知る、自分を知る、というところからコミュニケーションを始めよというのが、先生の最初のメッセージでした。

まず相手の価値観に興味をもつ。「その人の糖尿病」をみるのでなく「たまたま糖尿病を持ったその人」をみる。Problem oriented system(問題解決志向)からGoal oriented (目標志向),Wellness oriented(長所志向、よいところ志向)へ。医者土俵から患者土俵へ。その人の意識、姿勢、人間を把握することと知識、情報、病気について伝えることのバランス。そういった医療コミュニケーションのキーワードがちりばめられながら会は進行しましたが、ところどころロールプレーを織り交ぜられ、薬剤師の先生やご高齢の先生など、それぞれの参加者が無理なく納得のいく形で受け入れているのが印象的でした。

私も代表で患者役としてロールプレイしましたが、患者役を演じると普段どういう気持ちで患者さんが医者の言う言葉を聞いているのかがよくわかります。

次の日の外来で、いつもよりテンションの高い自分に気づく、、、そんな機会でした。
by dobashinaika | 2010-03-24 08:19 | 寺子屋勉強会

第18回寺子屋勉強会

本日は開業医仲間で行っている「寺子屋勉強会」でした。

この勉強会は私が幹事をしている会でも最も長く続いているもので、今回で第18回を数えます。
講師は、仙台厚生病院心臓血管センター循環器内科部長の滝澤要先生です。「冠動脈CTと薬剤溶出ステント後の抗血小板薬」について勉強しました。
最近は心臓の検査にもCTが用いられるようになり、カテーテル検査の代用として行われることも多くなりましたが、その適切な受け方について分かりやすく話していただきました。

残った時間で、新型インフルエンザの診療について困ったこと、悩んでいることを、皆で出し合いました。どの先生も情報が少ないこと、急に変更になることに戸惑っており、有意義な情報交換でした。
by dobashinaika | 2009-11-11 23:44 | 寺子屋勉強会

第17回寺子屋勉強会

本日、午後7時15分から、第17回寺子屋勉強会が開催されました。この会は私が管理人を受け持っておりますメーリングリストCCCS(Cyber Case Conference in Sendai)のオフ会(顔合わせ会)で、不定期でその時々で話題となっているテーマを、仙台周辺の先生に講師になっていただき、寺子屋のように、皆で膝つき合わせながら勉強しようという会です。

今回は、仙台厚生病院の長南明道先生に「早期胃がんの内視鏡診断」というテーマでお話を伺いました。長南先生は上部内視鏡の診断、治療では全国的に名の知られた超一流の先生であり、このような先生のお話を少人数で質問しながら拝聴出きるのはまさにこの会の醍醐味と思います。

先生のご講演は、内視鏡検査をいかに安全かつ確実に行うか、早期胃がんの質診断をどう行うか、内視鏡的内膜剥離術(ESD)をどのように行っているか、の3点につき、先生の長年の豊富な経験と症例を織り交ぜながらすすめられました。それにしてもESDというのは職人芸的なところがありますね。昔私が夢中になってやっていたカテーテルアブレーションを思い出します。なにしろ内科医ががんを根治するわけですので。不整脈が、カテーテルを使ってもそれまで診断しかできなかった時代から、焼いて治せる時代になったのと同様、内視鏡もがんの治療の領域に踏み込んだ時代になっだのですね。不整脈医がアブレーションに熱狂したように、内視鏡医はみな熱狂したのでしょうね。でも長南先生のお話はそうした熱狂をわれわれに伝えつつも、正確な深達度診断と慎重な手技の大切さを、強調されておられました。

会の後半は、新型インフルエンザで各医院ではどうなっているのか、どう対処しているのか、情報交換を行いました。みな悩んでいることを共感しました。またこうした情報交換の場を持ちたいですね
by dobashinaika | 2009-09-04 00:29 | 寺子屋勉強会


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(27)
(26)
(24)
(24)
(23)
(20)
(20)
(19)
(19)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

高齢者の抗血栓薬による血尿関..
at 2017-10-16 18:47
NOACとの併用で特に注意す..
at 2017-10-13 21:20
COMPASS試験に対するB..
at 2017-10-08 01:31
ABCパスウェイ(心房細動管..
at 2017-10-04 23:48
冠動脈疾患安定期にはアスピリ..
at 2017-10-04 01:11
第11回どばし健康カフェ「 ..
at 2017-10-02 21:57
冠動脈疾患における抗血小板薬..
at 2017-10-01 23:52
医師,患者に対する質の高い多..
at 2017-09-21 00:23
抗凝固薬+抗血小板薬併用療法..
at 2017-09-04 22:49
発作性心房細動では無症候性は..
at 2017-08-30 00:00

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン