カテゴリ:土橋EBM教室( 7 )

第14回土橋EBM教室

12月4日(土)は、第14回土橋EBM教室を当院で行いました。テーマは10月16日の第13回に引き続き(ブログでは報告していませんでした)「動脈硬化を防ぐために」です。
1)敵を知る=コレステロールとは何かを知る、2)己を知る=自分の動脈硬化の程度を知り、心臓病のリスクがどのくらいかを知る、3)何をなすべきかを知る、の3つの「知る」をキーワードに、満員の参加者(といっても9名ですが)と話し合いをしました。
次回は2月頃開催予定(テーマ未定)です。
by dobashinaika | 2010-12-08 06:08 | 土橋EBM教室 | Comments(0)

メタボリックシンドロームと言われたら~第12回土橋EBM教室~

8月29日(土)、第12回土橋EBM教室が開催されました。今回のテーマは「メタボリックシンドロームと言われたら」です。
7月にいきいき健康教室でしたお話とかなりダブる内容でしたが、患者さん向けにより実践的な内容に致しました。
土曜の午後2時から、予約の方が三々五々集まってこられ、当院待合室の膝を突き合わせながらメタボにならにための食事や、運動についてあれこれ考える。。。。
毎回のことですが、わたしにとっては、日々の診療とはまた違った医者としての充実感を味わえる時間でした。
これからも定期的に続けていきたいと思います。
by dobashinaika | 2009-08-31 23:10 | 土橋EBM教室

第11回土橋EBM教室

7月25日(土曜日)、第11回の土橋EBM健康教室を当院待合室で行いました。今回は「糖尿病との付き合い方」をテーマに私と、当院の管理栄養士菊池香保里さんとでお話しいたしました。まず前半私が糖尿病という病気の仕組み親治療について簡単にお話しし、後半で菊池さんが食事のとりかた、カロリー計算の簡単な方法などについて講演しました。

参加者はいつもながら10人弱であり、会場が狭い分だけ、皆が質問しやすく双方向な楽しい教室となりました。菊池さんは栄養士の学校の講師もされている方で、お話もわかりやすく、まず楽しく、苦痛となることのない食事を心がけることを強調していました。

こうした形での教室も今後ふa0119856_8322714.jpgやしていきたいと考えています。
by dobashinaika | 2009-07-27 08:33 | 土橋EBM教室

いきいき健康講座

今日は、ミサワホームイング東北さん主催の「いきいき健康講座」の講師として、講演してまいりました。この講座はリフォームのミサワホームイングさんが、地域の社会環境活動の一環として昨年から年2~3回行っているもので、今回で3回目となります。前2回は中山、八乙女で、高血圧についてお話しいたしました。今回は「メタボリックシンドロームと言われたら」と題して、メタボリックシンドロームの解説と、対策についてお話しさせていただきました。会場の泉中央にあるホームイングショップ「SITURAE]」はこの6月にオープンしたばかりのショールームで、リフォームの新しい素材や、小物がセンスのいい配置に並べられ、大変気持ちのいい空間です。その入口ギャラリーに30人を超える方にお集まりいただきました。今日のテーマはメタボにならないでいかに食べるか?いかに運動するか?です。話すべきことが多すぎてとても1時間で収まりきれず、最後は大分駆け足になってしまいましたが、私としてはたいへんやりがいを感じた2時間でした。参加者の半数以上が、前2回にいらした方だったこと、またご夫婦での参加が多かったこと、こちらから見ても、ほぼ全員が詰まらぬ顔一つされず熱心に聞いてくださったことなど(ほんとにありがたかった!)、苦労してスライドなど準備した甲斐がありました。こうした講演をさせていただくと、自分の知識の整理にもなり、またこういう風に説明すると、患者さんはよく聞いてくれるのかということが分かり、明日からの自分の診療にも実はかなり役に立つのです。
これからも、診療所にとどまらず、こうした活動をする機会があれば積極的に参加していきたいと思っています。a0119856_22493962.jpg
by dobashinaika | 2009-07-19 22:51 | 土橋EBM教室

第10回土橋EBM教室

昨日(6月27日)、午後2時から当院待合室で、第10回の土橋EBM教室を開催いたしました。
30度を超える炎天下にもかかわらず、11名と定員をオーバーする方にご参加いただきました。

今回もテーマは「心筋梗塞、狭心症とどう付き合うか」です。皆さんステント治療を受けた方ばかりです。「ステントはどのくらい持つのか?」「カテーテルはずっと受け続ける必要があるのか?」切実な質問が次々に出されました。

この会の有意義なところは、時に患者さんがご自分の体験を話し始められ、皆がそれを熱心に聞くといった光景が見られることです。同じ治療を受けた方の体験談ほど参考になることはないと思われすからです。そういった話が自然にわき出るような雰囲気を今後とも作っていきたいと思います。

それこそが患者さん自身にとっての「エビデンス(治療根拠)」になりえるのだと思います。
by dobashinaika | 2009-06-28 23:09 | 土橋EBM教室

第9回土橋EBM教室

2月以来やや間を置きましたが、第9回の土橋EBM教室を5月30日、開催いたしました。

今回から新シリーズで「狭心症・心筋梗塞との付き合い方、どう予防するか、どう治療するか、どうステントと付き合うか」です。参加者は当院待合室いっぱいの10名。皆さんステント治療を受けた方です。

狭心症、心筋梗塞の成り立ち、ステントの仕組み、薬の飲み方等々につき約1時間話をいたしました。ステントと薬の話では、皆さん真剣な表情で聴いてくださっていました。

お酒の話、コレステロールと食事の話になりますと、みな顔が和み自分の経験など話される方もあり、和やかな雰囲気となります。

今後もこのシリーズを数回行っていきますので、予約お待ちしております。
by dobashinaika | 2009-05-31 23:28 | 土橋EBM教室

第8回土橋EBM教室

本日午後2時から、当院待合室で第8回土橋EBM教室を開催いたしました。強風にもかかわらず、予約いただきました8名の方に参加していただきました。今回も前回同様「心房細動に出会ったら」というテーマで、心房細動の原因、症状、治療法、特にワーファリンの飲み方について約1時間お話しいたしました。

皆さん、熱心にメモを取りながらお話を聞いてくださいました。「サプリメントを飲んでもよいのか」「他院からも薬をもらっており全部で11種類も飲んでいるが、ワーファリンとの飲み合わせは大丈夫か」などのご質問をいただきました。参加された皆様、ありがとうございました、

今後とも月1回のペースで行っていきたいと存じますので、皆様のご参加をお待ち申し上げます。a0119856_22561592.jpg
by dobashinaika | 2009-02-14 20:02 | 土橋EBM教室


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(27)
(25)
(24)
(22)
(22)
(20)
(20)
(19)
(18)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

「もう怖くない! 心房細動の..
at 2017-08-23 18:52
新規発症例の心房細動に,肥満..
at 2017-08-21 22:15
長時間労働者(週55時間以上..
at 2017-08-17 18:42
「もう怖くない!心房細動の抗..
at 2017-08-09 09:56
NOAC vs ワルファリン..
at 2017-08-04 22:16
ダビガトランの中和薬、イダル..
at 2017-08-02 21:49
心房細動は血栓塞栓症の原因で..
at 2017-08-01 23:29
定期健康診断での低リスク者へ..
at 2017-07-31 16:58
85歳以上の超高齢者でも,抗..
at 2017-07-24 23:27
発作性心房細動は1年で8.6..
at 2017-07-20 21:28

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン