「第6回どばし健康カフェ:認知症についてなんでも語りあいましょう」開催いたしました。

10月31日は,当院待合室において「第6回どばし健康カフェ:認知症についてなんでも語りあいましょう」を開催いたしました。

今回も約20人の方にお集まりいただきました。
20代の方から80代の方までで,うち半分は初参加の方でした。医療従事者,医療関係の方が半数程度で,半分が当院の患者さんまたはネットやチラシを見て申し込まれた方です。

まず認知症に関するドラマ形式のビデオと,簡単なミニレクチャーのあと,前半セッションとして
「認知症の人の世界をイメージしてみて下さい」という設問を投げかけてみました。「今まで思い出せていたことが、思い出せなくなってきたら?
時間や場所、人の見当がつかないとしたら?」
そうなる事を想像したことがあるか,そうなった時のことをあなたはどう考えるか,周りの人はどう考えるか。」
について3グループに分かれて自由に語り合っていただきました。

当日出てきた各参加者の言葉を列挙してみます。

「自分が認知症になることをどう考えるか」
・怖い
・知らず知らずなってしまう,自分で気が付かないことが怖い
・違う世界に行ってしまう不安
・昔のことが思い出せなくなるのが不安
・友達,家族の名前が思い出せなくなる(恐怖心がある)
・子供の頃の記憶しかなくなってしまう
・仕事をやめなくてはならない
・経済的な面の不安
・想像できない
・わからない,想像できない
・他人ごとでなくもっと自分のこと,身近なこととして考える必要がある
・考えないようにしている
・自分には関係ない,それよりひとと対話してたくさんお話するのが良い
・冬にパジャのまま歩き回っていたひとを見たことがある。「別の世界にいる」と感じた
・寂しい,孤立感
・なるべく妄想などを起こさないように気をつけている
・今まで心のなかにあった感情が(そのまま)出てしまうのではないか
・なってしまったら自分は困らない
・そばで誰かがいてほしいと思う
・今まで出来たことができなくなる
・外出したり暴れたりしてしまうのではないか
・家族に迷惑がかかる
・地域の人の目が気になる
・好きなことをやるのが良い
・病院には行きたくない
・周囲に知られたくない
・周囲の目が不安→その周囲のことすらわからないのでは
・一人暮らしだと全部自分でしなければならない(のにできなくなる)
・施設があるのは安心
・感情は残っていると思うので,言葉遣いが大切,相手を信用する関係を
・秘密を話し出してしまうのはないか(と不安)
・他人が怖くなり引きこもってしまう

あるグループでは自分が認知症になることを考えたことのある人が6人中4人でした。

こうしたことを踏まえ,後半では「家の人,親しい友人が認知症になったら,あなたはどんなふうに接すると思いますか?どんなふうに接したら良いと思いますか?家族や職場,地域でどのように取り組んだら良いと思いますか?」といった内容で話し合いました。

・どう対処していいのかもわからない
・子どもたちがもっと認知症につてい知る機会を作る
・地域で支える必要がある
・適切な施設がないので,地域で支えることを考える
・会社の理解が必要:配置転換,仕事が続けられる環境
・周りに迷惑がかからないような環境,社会
・認知症の人に優しく接することはできるか→ずーっとはできない。介護サービスを利用しよう!
・親が認知症になったら受け入れられるか?→介護する家族をフォローしてくれる場所がほしい
・認知症になる前と同じように接したい(接してほしい)
・幼児のように接してほしくない
・高齢者と子供,地域などの交流の場の充実:資源回収,芋煮会,運動会
・被災地にあるお茶飲み会のような,気軽に相談できる場を作る
・かかりつけ医や地域での勉強会があるといい
・施設の充実
・国は予算を削らないでほしい
・家族はショックを受け,信じたくないと思う
・元気な時を知っているだけに諦めきれない
・治るのではないかと思ってしまう
・本人に治ることを要求してしまう
・本人に対し怒ってしまうのではないか
・(家族がかかってしまったという)現実を認めたくない

今回,認知症という,「今そこにある」非常に身近でかつ切実な問題だけに,各グループでも話は尽きることなく,これまでにもまして熱かったように思います。また新聞社や雑誌の取材もありました。

多くの市民の方が「不安」「恐怖」「恥ずかしい」」「どうにもならない」というネガティブな感情を抱いている一方で,その対策として,家族を始め地域,町内会,子ども会などの周囲からのサポートの大切さを強調する方が多く見受けられました。

また,勉強の機会や,気軽に相談できる環境を望む声も多く聞かれました。

今回浮き彫りになった色々視点を整理して,今後共より深く掘り下げたテーマで当カフェでも扱っていこうと思いました。
そして,当院としても認知症に対する不安,恐怖感,絶望感を少しでも緩和できるような,場や地域のスペースづくりを進めていきたいと思います。

参加された皆様,アンケートも含めてご協力ありがとうございました。
次回は来年1月16日を予定しております。詳細が決まり次第お知らせ申しあげます。
a0119856_2118936.jpg

a0119856_21191890.jpg

by dobashinaika | 2015-11-01 21:22 | 土橋内科医院 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(28)
(26)
(24)
(24)
(23)
(21)
(20)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

抗凝固薬は心房細動患者の認知..
at 2017-11-06 23:28
新しいビタミンK阻害薬テカル..
at 2017-10-24 23:11
アジアの大規模リアルワールド..
at 2017-10-23 22:01
高齢者の抗血栓薬による血尿関..
at 2017-10-16 18:47
NOACとの併用で特に注意す..
at 2017-10-13 21:20
COMPASS試験に対するB..
at 2017-10-08 01:31
ABCパスウェイ(心房細動管..
at 2017-10-04 23:48
冠動脈疾患安定期にはアスピリ..
at 2017-10-04 01:11
第11回どばし健康カフェ「 ..
at 2017-10-02 21:57
冠動脈疾患における抗血小板薬..
at 2017-10-01 23:52

検索

記事ランキング

最新のコメント

運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン