人生は断片的なものの集まりー「断片的なものの社会学(岸政彦)」を読む

「人生は断片的な物が集まって出来ている」
「私の手のひらに乗っていたあの小石は,それぞれかけがえのない,世界にひとつしかないものだった。そしてその世界にひとつしかないものが,世界中の路上に無数に転がっている」
「私達の自己の世界は,物語を語るだけでなく,物語によって作られる」
「私達の人生は,何度も書いているように。何にもなれずにただ時間だけが過ぎていくような,そういう人生である,私達のほとんどは,裏切られた人生を生きている。私達の自己というものは。その大半が「こんなはずじゃなかった」自己である」
。。。

こうクリニカルパールを羅列するとありきたりに見えますが,様々なエピソードをはさみながら,「分析できないもの」「物語にできないもの」がそのままの断片としてさり気なく語られています。

よく「ありのままで」「自分らしく」「本当の自分」などと言いますが,思えば人間というのは,ぜったい「ありのまま」ではいられない,むしろ「いま,ここ」を常に越えようとする存在,あるいは越えようとするプログラムがインストールされた存在といえるのではないか,そう思うのです。いわゆる「超越的存在」ですね。

うちにも猫がいて,かれらはとにかく食に対しての欲望は際限がなく,主人がいない時にも台所を漁るくらいの「意図」は持っているわけですが,でも食べ物が得られない時に,では,もっと食べ物がゲットできるようにと外に出る算段を計画したり,いつもより多く食べ物をもらおうと主人にもっと媚びをふるようなそれこそ猫なで声をかけたり,そんな事はしないわけです(する猫もいる?)。

人間だけが,食べ物がなければ計画的に稲を作付けしてコメを得ることができる,人間だけが今すぐ実現できない「目的」を掲げてそれに向かって自分を高めていくことができる,そう戸田山先生も「哲学入門」で述べられています。

で,目的というのはまだ見ぬ世界なので,われわれは日々目的と現実のギャップに悩むわけです。そして結局ギャップが埋まらないまま終わってしまうんじゃないか,そんな「不安」を常に抱えて生きるわけです。不安がなく暮らしている人もいるかと思えますが,実はそうでもない。ある目的が達成されたと思えたら,また別の目的が芽生えます。人間とは良く言えばそうした可能性を常に秘めた存在であり,裏返せば永遠に目的を達成できない「不安」を抱え持った存在であるとも言えます。人間の意識というのは「不安」そのものであると言っても極論ではないと思います。

だいぶ本の内容からそれてしまいましたが,,本書はそんな大上段から人間を論じているわけではなく,どこかの学生が書いた「昼飯なう」のようなつぶやきに惹かれること,そうした物語にも分析の対象にもならないような断片に惹かれる,そうした心の機微を淡々とさり気なく書いているのです。

「自分の中には何が入っているのだろう,と思ってのぞきこんでみても,自分の中には何も,大したものは入っていない。ただそこには,今までの人生でかき集めてきた断片的なガラクタが,それぞれつながりも必然性も,あるいは意味さえもなく,静かに転がっているだけだ」
人生に「不安」を感じたら,こんな著者の言葉が「ほぐし」になるかもしれません。いやそうした癒やしほぐしなどを求めるというようなやわい感触とは別次元の,何も声高に主張していないのに,ひたひたと身体に染み入ってくるような一種の佇まいを感じさせる,そんな一冊です。
a0119856_238459.jpg


$$$ 連日寒い日が続きます。でも健気にアスファルトに咲く花もある。
a0119856_2394755.jpg

by dobashinaika | 2015-08-30 23:12 | 医者が患者になった時 | Comments(2)
Commented by 大西康雄 at 2015-09-01 13:07 x
先生のブログ(共病記)を全部読ませていただきました。
僕は昭和34年生まれの55歳です。今年の7月5日に激しく経験したことのないめまいに襲われ、たまたま近くにいた医者に「突発性のめまいでしょう、2時間ほどで元に戻ると思いますよ」と言われ、2時間ほど寝ていたら本当に戻りました。少しでも頭を上げようとしたら天井がぐるぐる回る感じだったのに、2時間で元に戻り、医者の言うとおり突発性だと思い込んでいました。それでも経験したことのないめまいだったので翌日の月曜日にMRIのある耳鼻咽喉科に行ったところ、症状を聞いてすぐに脳外科に回され、さらに脳神経外科専門の病院を紹介されて即入院で、病名が「両側椎骨動脈解離」でした。翌日カテーテルで造影剤を入れて検査し、とにかく安静に、と言われました。頭痛と舌の根元が腫れてろれつが回らない、嚥下が非常に悪いという症状がありました。先生のようにめまいが続いたことはなかったのですが、その2~3日は相当危なかったかと思います。その後7月22日にもう一度造影剤の検査をし、進行していないということで退院し、月1回のMRI検査で経過を見ようということになって現在に至っています。アルコール、運転、ゴルフ等を禁止されています。それは当然のこととして受け入れていますが、どのくらいで元に戻るのか、それより元に戻れるのか、という不安があります。
先生は1年経過して、動脈解離としてはどのくらい元に戻られたのでしょうか?どの程度まで普通の生活に戻られたのでしょうか?できれば続編でお知らせしてほしいと思います。
Commented by dobashinaika at 2015-09-01 21:03
コメントありがとうございます。さぞ苦しい思いをされたことと思います。そして今も大変ご不安のことと拝察申し上げます。私の場合は右の解離ですが,解離した方の血管は細いままであまり血液の流れは良くないようで,左が肩代わりしているようです。血流は他の細い血管も肩代わり(側副血管)するので,そのうち戻ってくるものと思います。ただ,私の場合小脳の真ん中が梗塞を起こしたため,約半年は運転もできずアルコールも禁止でした。現在も首だけ動かしたり,少し目を上に上げますとでぐらっときます。ただ日常生活はほとんど問題なくなりました。やはりおおよそ半年が目安だったように思います。受傷2ヶ月後から毎朝の散歩をかかさず今に至っています。慢性期のことを殆ど書いておらず申し訳ございませんでした。近々その後の共病記として書かせていただきます。くれぐれもお大事になさってください。


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(24)
(24)
(23)
(22)
(21)
(20)
(19)
(19)
(18)
(17)
(16)
(15)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

感情で釣られる人々 なぜ理性は負け続けるのか (集英社新書)


幸福はなぜ哲学の問題になるのか (homo viator)


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

2017年版失神患者の評価と..
at 2017-03-21 19:07
虚血性脳卒中後の心房細動例の..
at 2017-03-16 19:20
昨日のNOAC論文に追加情報。
at 2017-03-15 18:52
英国のプライマリケアセッティ..
at 2017-03-14 23:18
全世界でNOAC発売後心房細..
at 2017-03-09 22:18
無症候性心房細動の24時間以..
at 2017-03-07 18:17
第9回どばし健康カフェ「がん..
at 2017-03-07 00:06
テレビ,新聞,週刊誌,ブログ..
at 2017-03-02 00:27
急性期処置及び周術期における..
at 2017-02-24 19:01
NOACのリアルワールドデー..
at 2017-02-19 18:19

検索

記事ランキング

最新のコメント

簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34
はじめまして 心房細動..
by 患者目線 at 08:36
脳梗塞を起こしているから..
by 心配性 at 06:36

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン