日本の患者は、抗凝固薬による出血を米国の患者ほど怖がらず,医師が考えるよりも寛容

Comparing Patient and Physician Risk Tolerance for Bleeding Events Associated with Anticoagulants in Atrial Fibrillation— evidence from the United States and Japan
Ken Okumura, et al
VALUE IN HEALTH REGIONAL ISSUES 6C (2015) 65–72
http://www.ispor.org/preference-based-assessment_atrial-fibrillation_US_Japan.pdf

目的:抗凝固療法のリスクとベネフィットの感じ方の定量化、及びこのことが患者と医師とで国別にどう違うかについて検討

方法
・直接選択実験を施行
・抗凝固薬のベネフィットとリスクに対する選好の差異を検討

結果:
1)米国:患者186人、医師107人。日本:患者162人、医師164人

2)日本の患者は米国より出血リスクを嫌がらない

3)両国の医師共に障害の残る脳梗塞と残らない脳卒中を区別しない

4)米国の患者は、出血リスクが障害の残らない脳梗塞予防の結果である時でも、臨床上有意な出血に、医師ほど寛容ではない

5)日本の患者は、上記の場合医師よりも寛容である
a0119856_223258.png


結論:全体に米国においては、患者−医師間で抗凝固薬のベネフィットとリスクに対する価値観は統計上有意な違いはなかった。両国とも医師の間では、脳卒中別にリスクの捉え方に違いはなかった。しかし日本では患者と医師の間では違いが見られた。

### 実データですが、何種類かのバーチャル患者のプロフィールを見て、全死亡を1とした時、例えば後遺症のない脳梗塞はいくつくらいのインパクトなのかを点数付けします。後遺症のない脳梗塞2人と死亡1人が吊り合う印象であれば、後遺症のない脳梗塞は0.5となります。

まず例えば頭蓋外出血ですが、米国の患者が0.92に対し、日本の患者は0.24です。臨床的に有意な小出血も米国0.29に対し日本はなんと0.06でした。
また脳梗塞でも、後遺症の残る脳梗塞の場合、米国患者は1.68でなんと死亡よりもインパクトが高いですが、日本の患者は0.62でした。

更に医師ー患者のリスクの捉え方の差異については、後遺症のある脳梗塞を1%減らすのに見合う出血リスクで評価した場合、米国はだいたい同じだったのに対し、日本は小出血については医師が3%程度なのに対し患者は11%くらいと、非常に出血に対して寛容である基質が浮き彫りになっています。

実に興味深いですね。日本の患者は多少の出血に対してもあまり米国ほど嫌がらない(梗塞に対しても)、しかも医師が考えているよりも、ということです。ある意味医師が選んだ治療について、出血というリスクに抗することなく忠実に遂行するイメージが浮かび上がります。

私は、日本人はもっとリスクに対して警戒心が強く、米国のほうが多少のリスクを犯しても脳梗塞予防の実を取る気質があるのかと思っていました。「出血」という現象に対する捉え方の違いかもしれません。

当然、質問の聞き方などにも左右されます。日本人はそもそもこうしたバーチャルなリスクというものに対しての実感がわかないというか、バーチャルと自分を重ね合わせることをあまり深く考えないからという考察も可能かもしれません。

とにかく、リスク、出血、といったものに対する捉え方に日米でかなり違いがあるようで、もっと考察してみようと思います。

$$$今日のにゃんこ。このネコが堂々としてたてがみが立派でした。思わずひれ伏しそう。
a0119856_2219912.jpg

by dobashinaika | 2015-06-08 22:20 | 抗凝固療法:全般 | Comments(2)
Commented by 心配性 at 2015-06-09 06:36 x
脳梗塞を起こしているから議長という大役を降りると、1か月前に会見した大きい梗塞を示す神経脱落症状のない大物政治家が、1か月後、脳梗塞を起こして死亡しました。わが国の脳梗塞の治療がここまで無力だとはわたしは思わない。何も情報がありませんが、多分心房細動そして梗塞予防薬、NOACの投与で致命的な大出血を起こして死亡したと考えると今回の転帰がよく理解できます。梗塞治療中に死に直結する大梗塞を起こすとは考えにくい。麻痺が残ったり、植物人間になることはあるでしょうが。先生のニュートラルな抗凝固療法に関する解説をこれからも期待します。患者の正しい治療方針選択のためにも。
Commented by dobashinaika at 2015-06-29 18:35
コメントありがとうございます。これからもご愛読いただけるよう努力いたします。


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(28)
(26)
(24)
(24)
(23)
(21)
(20)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

抗凝固薬は心房細動患者の認知..
at 2017-11-06 23:28
新しいビタミンK阻害薬テカル..
at 2017-10-24 23:11
アジアの大規模リアルワールド..
at 2017-10-23 22:01
高齢者の抗血栓薬による血尿関..
at 2017-10-16 18:47
NOACとの併用で特に注意す..
at 2017-10-13 21:20
COMPASS試験に対するB..
at 2017-10-08 01:31
ABCパスウェイ(心房細動管..
at 2017-10-04 23:48
冠動脈疾患安定期にはアスピリ..
at 2017-10-04 01:11
第11回どばし健康カフェ「 ..
at 2017-10-02 21:57
冠動脈疾患における抗血小板薬..
at 2017-10-01 23:52

検索

記事ランキング

最新のコメント

運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン