「テレビ、新聞、雑誌の健康情報をどう読み取るか?」について患者さん向けパンフレットを作りました。

日々の診療で、「昨日の新聞で○○という薬が脳梗塞を予防すると書いてありました」「テレビの番組で○○が認知症にいいと言っていました」といったいわゆる健康情報について、本当かどうか聞かれることは大変多いです。そこでこうしたお問い合わせの際に、とにかくこの点にだけは注意して読み取ってほしいというポイントを、私なりに書いてみました。

大変大雑把ですので、もしわかりにくい点や、追加したほうが良いと思うものがございましたらご一報ください。初版ですので、批判的吟味を頂いてより良いものにしていきたいと思います。

より詳しいバージョンは後にまたアップしたいと思います。

############################################
       テレビ、新聞、雑誌の健康情報をどう読み取るか?

テレビ番組やCM、新聞や雑誌の広告など、現在たくさんの健康に関する情報は。今、世の中にあふれています。こうした情報の中から、ほんとうに正しい情報を見極めるのは、大変難しいと感じられるのではないでしょうか?
やや大まかではありますが、わたしは、患者さんがいろいろな情報を読む場合は、まず以下の2つのポイントを満たしているかをチェックするようにおすすめしています(坪野吉孝先生の「検証!がんと健康食品^健康情報の見分け方ー(河出書房新社)」をベースに改変しています)。

ポイント①ヒトが対象か
ポイント②飲んだ人と飲まない人を比べた研究か?


以下、具体的な健康情報について考えてみます。

ポイント①:ヒトが対象か
 新聞やテレビのニュースで時に取り上げられる大学などからの研究成果は、動物実験の結果に基づいたものが少なくありません。たしかに動物実験で効果が証明された薬や治療法は、ヒトに応用できる可能性が出てきたと言えます。しかしながら、これまで動物で認められ効果が、ヒトでは証明されなかった治療法は、実は非常に多く、むしろ実用化される治療法のほうが少ないことが指摘されています、
 また動物実験の段階から、ヒトでの効果が証明されるまでには少なくとも数年はかかると言われています。
 もし目にした記事がネズミなどの動物を対象にしたものであったら、その治療法についてはヒトでの効果が証明されるまで待つという姿勢で良いと思われます。

ポイント②:その薬や食品を摂取した人と摂取していない人を比べた研究か?
 ではヒトを対象にした治療法の場合はどうでしょうか?その場合、その薬や食品を摂取した人と、摂取しなかった人または別な薬(食品)を摂取した人との間で効果を比較しているかどうかがポイントになります。
 「(薬を)飲んだ人は、飲まなかった人に比べて〜」といった文章や、比較したグラフ等があるかどうかに注目しましょう。
 ではなぜ比べなければならないのでしょうか?
 薬には「偽薬効果(プラシーボ効果)」といって、ニセの薬を飲んでも何らかの改善が見られることがよくあります。その原因としては、「薬を飲んでいる」と思いこむことによる安心感(暗示効果)や、そもそも薬を飲まなくても自然に治る病気だったことなどが考えられます。
 このため、必ず「その薬を飲まなかった人(または他の薬を飲んだ人)」に比べて、「その薬を飲んだ人」がどのくらい効いたのかを比べる必要があります。
 雑誌などの広告はだいたい次の5つの情報を掲載しています。1)体験談 2)医学博士の推薦談 3)成分紹介 4)その治療をした人のデータ(比較なし)5)その治療をした人としない人の比較データ。
 とくにその薬や食品を摂って効いた人の体験談がよく掲載されています。体験談しか掲載されていない場合は、先に述べたプラシーボ効果の可能性があり、良し悪しを判断できません。
 またたとえば「血糖を下げる」とされる食品などでは、その食品を飲んだ人の血糖の下がり具合だけが書いてある場合がありますが、同じような理由からそれだけでは信頼できません。必ずそれを飲まなかった人(または他の薬を飲んだ人)と比べているかが重要となります。
 このように比べたかどうかがはっきり書いていない場合は、とりあえず判断を保留にするという姿勢で良いと思います。
 
 まとめの図を示します。
a0119856_1236867.png

まとめ:テレビニュース、新聞の健康情報、雑誌の広告を見たら、まずこの2つポイント
「ヒトが対象か?」
「比べているか?」

をチェックしてください。2つのポイントとも満たしている情報はおそらくかなり少ないということがわかるかと思います。

もし2つとも満たしている場合はどう判断したら良いでしょうか?
 実は、その先は専門家でないと、なかなか判断が難しいかもしれません。その先は、ポイント②の比較試験を更に詳しく考える必要があります。
 具体的には
・ 医学論文に発表されているか?
・ 複数の研究に支持されているか?
・ その研究は前もって計画されたものか?
・ 結果は何か?
・ 統計学的に検討されているか?

もし詳しくお知りなりたい方は以下等を参考にしてください。

坪野 吉孝「検証!がんと健康食品」河出書房新社
中山 健夫健康「医療の情報を読み解く 第2版 健康情報学への招待 (京大人気講義シリーズ)」丸善出版
by dobashinaika | 2015-01-18 12:47 | 患者さん向けパンフレット | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(28)
(26)
(24)
(24)
(23)
(21)
(20)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(13)
(13)
(13)
(12)
(12)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

抗凝固薬による出血管理につい..
at 2017-12-15 00:04
NOACはワルファリンに比べ..
at 2017-12-13 18:28
抗凝固薬の出血管理に関するA..
at 2017-12-07 00:47
”ワルファリン、使えてこその..
at 2017-12-01 00:06
2017米国高血圧ガイドライ..
at 2017-11-24 01:04
2017米国高血圧ガイドライ..
at 2017-11-20 00:24
抗凝固薬は心房細動患者の認知..
at 2017-11-06 23:28
新しいビタミンK阻害薬テカル..
at 2017-10-24 23:11
アジアの大規模リアルワールド..
at 2017-10-23 22:01
高齢者の抗血栓薬による血尿関..
at 2017-10-16 18:47

検索

記事ランキング

最新のコメント

> 山川玲子さん 山川..
by dobashinaika at 23:14
運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン