第3回どばし健康カフェ「医療用語ってわかりにくくないですか?」 盛況のうちに終了しました!

昨日(12日)、午後から当院待合室(通称アゴラ;”広場”を意味します)で、第3回どばし健康カフェが開催されました。
今回のテーマは「医療用語ってわかりにくくないですか」でした。

当日が近づくにつれて申し込まれる方が増え、最終的に24名と、これまでで最多の参加者となりました。
急遽机を調達して、4グループに分かれてのワールドカフェ形式を行いました。
今回私もファシリテーターしたので、写真を撮り忘れました。事前の準備状況だけの写真ですみません^^;)

薬剤師さん、検査技師さん、保健師さん、栄養士さんなど医療従事者の方から、町内会長さん、セラピストの方、会社員の方、経営コンサルタントの方、当院の患者さんなど老若男女多彩な顔ぶれとなりました。

わかりにくい言葉の実例をまず、私が2−3挙げてミニレクチャーをした後、
前半は、とにかくこれまでご自身で医療機関などで使われている言葉がわかりにくかった経験談や、テレビ新聞などのメディアで出てくるわからない言葉をあげていただくことにしました。

わかりにくい言葉としていろいろ出ましたが、以下のように分類されると思われました。

最初からわからない
・IVH,CV,TPN→略語
・観血的
・ジェネリック
・クレアチニン
・インフォームドコンセント
・セコンドオピニオン
・拮抗
・レセプト

体の場所が分からない
・左心房
・かん動脈
・上腕、前腕

ややわかるが、もっと詳しく知りたい
・絶飲食
・ポリープ

違いがわからない
・悪玉コレステロール、善玉コレステロール、LDLコレステロール、HDLコレステロール
・腫瘍と腫瘤
・ヘモグロビンとヘモグロビンエーワンシー
・熱発と発熱→業界用語

また、どういうときにわからなかったか、どういう状況にわからなかったかと言う話題も出て、
・言葉だ羅列されるとわからない→話の流れでわかることもあるけど。。
・くすりの注意事項がわからない
・くすりの名前を言われてもわからない
・医師の言ったくすりの名前と薬局からもらった実際の名前が違う
・検査の数字がわからない
・数字の単位がいろいろ違う
・医師はわかりやすいつもりだが、わかりやすすぎてかえって不明
例)「はやりのかぜだね」→こういわれても何の病気かわからない

さらに、あるグループでは、医師からどう痛みますかと言われても、実際の感覚は正確に言い表せるものではないとの話題があがりました.
・たとえば医師から「チクチクしますか?」「ズキズキしますか?」「キリキリすますか?」といわれ手も、そう言い表していいのかわからない。
医師の言っている感覚と違いかもしれない。

というわけです。

反対に、患者さんの言われる言葉がわからない、と言う声が医療者側から上がりました。
・方言。「コワイ」は東北では「疲れた」を表す・
・「目がシブイ」と言われたのが、具体的にどんな感覚かわからない
・「めまいする」といわれるが、医療者が考えている「めまい」と患者さんが意味する「めまい」が違うことがある。

ということで、「医学用語がわかりにくい」とひとくくりでテーマを設けましたが、想定外にいろいろな側面があることがわかってきました。

後半は、こうしたわかりにくい医学用語をわかりやすくするには、今後どのようなことをすればよいのかをテーマに話し合いました。

まず医療者側がしなければならないこと
・顔を見て話してくれることが大切。わかってるかどうか、表情からも察してほしい
・パソコンを見ていて、ひとを見ていないのはだめ
・図、絵、映像(動画)を使ってほしい
・説明したことを紙に書いて渡してほしい
・相手をわかろうとする姿勢が大切
・どのくらい患者さんがわかっているかを、時々聞いてみる
・上手にコミュケーションすることが大切
・質問ボックスを作る
・看護師さんや受付の人にも聞く
などという対策があげられました。


一方患者さん側
・ネットなどでわからないことを調べる
・ある程度自分の症状を整理して伝える
・言わなくてもわかってくれるだろうと思い込みをしない

という努力をしようと言う声があがる一方
・わからないときに聞き返せる関係の主治医を持つことが大切
・何でも聞いてくれる先生がほしい
という要望も多く聞かれました。

私自身、今回のカフェを通じて気づいたのは、結局言葉がわからないと言うのは、それを発しているひとが、「相手がどのくらい自分の言葉をわかっているのかがわからない」とうことなんだ、ということです。
その想像力がなくて、ひたすら自分の頭の中で閉じこもって話を進めると、コミュニケーションが成り立たなくなってしまう。
それは患者さんが、医療者に症状を話すときも同じように思います。患者さんは、このことが言いたいのに、医療者が勝手に解釈してしまう場合も多々あると思われます。
言葉の言い換えと言った小手先の対策の奥にある、「相手の理解力の理解」がキーポイントだと思いました。

しかしやはり大勢で話し合うと、思いもしないアイデアが飛び出して、今回もやめられまへんな〜って感じでした。

次回は9月後半に行う予定です。決まり次第発表いたします。
a0119856_19374734.jpg

a0119856_1938052.jpg

by dobashinaika | 2014-07-13 19:38 | 土橋内科医院 | Comments(0)


土橋内科医院の院長ブログです。心房細動やプライマリ・ケアに関連する医学論文の紹介もしくは知識整理を主な目的とします。時々日頃思うこともつぶやきます。


by dobashinaika

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
インフォメーション
医者が患者になった時
患者さん向けパンフレット
心房細動診療:根本原理
心房細動:重要論文リンク集
心房細動:リアルワールドデータ
心房細動:診断
抗凝固療法:全般
抗凝固療法:リアルワールド
抗凝固療法:凝固系基礎知識
抗凝固療法:ガイドライン
抗凝固療法:各スコア一覧
抗凝固療法:抜歯、内視鏡、手術
抗凝固療法:適応、スコア評価
抗凝固療法:比較、使い分け
抗凝固療法:中和方法
抗凝固療法:抗血小板薬併用
脳卒中後
抗凝固療法:患者さん用パンフ
抗凝固療法:ワーファリン
抗凝固療法:ダビガトラン
抗凝固療法:リバーロキサバン
抗凝固療法:アピキサバン
抗凝固療法:エドキサバン
心房細動:アブレーション
心房細動:左心耳デバイス
心房細動:ダウンストリーム治療
心房細動:アップストリーム治療
心室性不整脈
Brugada症候群
心臓突然死
不整脈全般
リスク/意思決定
医療の問題
EBM
開業医生活
心理社会学的アプローチ
土橋内科医院
土橋通り界隈
開業医の勉強
感染症
音楽、美術など
虚血性心疾患
内分泌・甲状腺
循環器疾患その他
土橋EBM教室
寺子屋勉強会
ペースメーカー友の会
新型インフルエンザ
3.11
未分類

タグ

(40)
(28)
(26)
(24)
(24)
(23)
(21)
(20)
(20)
(19)
(17)
(17)
(16)
(13)
(12)
(12)
(12)
(12)
(11)
(10)

ブログパーツ

ライフログ

著作

もう怖くない 心房細動の抗凝固療法


プライマリ・ケア医のための心房細動入門

編集

治療 2015年 04 月号 [雑誌]

最近読んだ本

ケアの本質―生きることの意味


ケアリング―倫理と道徳の教育 女性の観点から


中動態の世界 意志と責任の考古学 (シリーズ ケアをひらく)


健康格差社会への処方箋


神話・狂気・哄笑――ドイツ観念論における主体性 (Ν´υξ叢書)

最新の記事

抗凝固薬は心房細動患者の認知..
at 2017-11-06 23:28
新しいビタミンK阻害薬テカル..
at 2017-10-24 23:11
アジアの大規模リアルワールド..
at 2017-10-23 22:01
高齢者の抗血栓薬による血尿関..
at 2017-10-16 18:47
NOACとの併用で特に注意す..
at 2017-10-13 21:20
COMPASS試験に対するB..
at 2017-10-08 01:31
ABCパスウェイ(心房細動管..
at 2017-10-04 23:48
冠動脈疾患安定期にはアスピリ..
at 2017-10-04 01:11
第11回どばし健康カフェ「 ..
at 2017-10-02 21:57
冠動脈疾患における抗血小板薬..
at 2017-10-01 23:52

検索

記事ランキング

最新のコメント

運慶展を観た方にWEB小..
by omachi at 19:45
> terryさん ご..
by dobashinaika at 08:38
簡潔なまとめ、有り難うご..
by 櫻井啓一郎 at 23:16
いつも大変勉強になります..
by n kagiyama at 14:39
土橋先生論文を分かりやす..
by ekaigo at 17:41
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 21:03
先生のブログ(共病記)を..
by 大西康雄 at 13:07
コメントありがとうござい..
by 小田倉弘典 at 18:40
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:35
コメントありがとうござい..
by dobashinaika at 18:34

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 03月
2007年 03月
2006年 03月
2005年 08月
2005年 02月
2005年 01月

ブログジャンル

健康・医療
病気・闘病

画像一覧

ファン